「月の動き」と造る、究極のオーガニックワイン

「ビオディナミワイン」を知っていますか?最近人気が高まっているオーガニックワインの中でも農薬や化学薬品を一切使わず、月や天体の動きに合わせてスケジュールが組まれるという「究極のオーガニックワイン」です。どのあたりが「究極」なのか。知れば知るほど味わってみたくなるビオディナミワインの秘密に迫ります。

「天体カレンダー」に合わせて
決められる畑仕事

4830606793900032

農薬や化学薬品を一切使わないのがオーガニックワイン。その中でもビオディナミワインを特別にしているのが宇宙の動きを気にしているところです。畑は生命体であり、その状態は人と同じように月の満ち欠けに左右される、というのがビオディナミの考え方。

4704870686785536

たとえば満月のときは、土の中に住む微生物の動きも活発になるので畑仕事にうってつけの日。新月や月食の日は微生物が眠ってしまうので畑仕事には向かない日、というように。

このような月や星の動きを記した天体カレンダーに合わせて、畑の土を耕す日や収穫の日が決められるのです。

撒くのは農薬ではなく
畑にとっての「ハーブティー」

5996226558296064

ビオディナミでは当然農薬は撒きません。かわりに撒くのは「プレパラシオン」という調合薬。これは自然の鉱石や、どくだみやカモミールの花、ドクダミの葉といった人の健康にもよいもので、いわば「畑にとってのハーブティー」。花や葉は煎じてディナミゼーションを施したものを、ワインの木にスプレーします。春になると畑を起こすために調合したお茶が、ブドウの木が弱っているときは病気や害虫に対する畑の抵抗力を高めるお茶が撒かれます。

他にも雄牛の角に牛糞を詰めたものを土の中に埋めることで、土の中の微生物や虫などの繁殖を助けて大地を活性化させたりもします。もちろんこれらのプレパラシオンを撒く日も天体カレンダーに沿って決められるのです。

それは、東洋医学に通じるワイン

4736676597334016

プレパラシオンを撒くのは、土の微生物やブドウが持っている力を引き出すため。人間にも自分で自分の体を治す「自己治癒力」があるように、畑やブドウの木もバランスの良い栄養と休息がとれていれば、自分で調子を整えることができます。

ブドウが病気にならないために薬を撒くのではなく、畑をよく観察して土のバランスを保ち、ブドウの木の免疫力を高めるようとするのが、ビオディナミ。つまり、東洋医学ととても似ています。

味わいにも「宇宙」が関係する

6585318367035392

畑が生命体なら、当然ブドウからできたワインも「いきもの」と考えるのがビオディナミ流。「ビオカレンダー」には、満月・新月に加えて、花の日、実の日、葉の日、根の日が記されています。

実の日はワインが一番バランスよく美味しく飲める日、花の日はアロマが香りやすい日、葉の日は味がしなやかにタンニンも落ち着く日、根の日はワインの構造がしっかりわかってミネラルが際立つ日など、天体の動きによって、ワインの味にも違いが生まれるんです。

ちなみに新月はワインの風味が閉じてしまうので、この日はテイスティングに向かないのだとか。究極に美味しい状態でワインを飲みたかったら、ビオカレンダーを参考にしてみては?

南仏を代表するビオディナミワイン
「ドメーヌ・カズ」

6562117624791040

ドメーヌ・カズはまだまだオーガニックワインでさえ怪しいものとされていた20年前にビオディナミに転換したビオディナミワインの先駆者。ビオディナミを選択したのは、農薬を使わないことが畑で働く人たちにとって優しいから。自然に優しいのなら、もちろん人にだって優しい。それは飲む私たちにもきっと。試行錯誤を重ねて改良が続けられたワインではいまや世界中の三つ星レストランにも認められ、オンリストされています。

5384224857128960

現在の畑の管理からボトル詰までの責任を一手に追っているのはオーリーさん。スペインやボルドーのワイナリーで経験を積んできた彼女は、ルーションのビオディナミワイナリーで働くことが長年の夢だったそう。

5390667106746368

女性がワイン造りのトップになったことで、カズのワインはより繊細な味わいになったと評判です。「月の満ち欠けに影響されるのは女性だから、月と土の関係も本能として理解できるわ」と笑うオーリーさん。そんな彼女と仲間達が造るオーガニックワインは、マッチョさが一切なくて上品で飲みやすい。飲み過ぎ注意。でも是非味わってみて。

5325694586322944
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとは...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...