「月の動き」と造る、究極のオーガニックワイン

「ビオディナミワイン」を知っていますか?最近人気が高まっているオーガニックワインの中でも農薬や化学薬品を一切使わず、月や天体の動きに合わせてスケジュールが組まれるという「究極のオーガニックワイン」です。どのあたりが「究極」なのか。知れば知るほど味わってみたくなるビオディナミワインの秘密に迫ります。

「天体カレンダー」に合わせて
決められる畑仕事

農薬や化学薬品を一切使わないのがオーガニックワイン。その中でもビオディナミワインを特別にしているのが宇宙の動きを気にしているところです。畑は生命体であり、その状態は人と同じように月の満ち欠けに左右される、というのがビオディナミの考え方。

たとえば満月のときは、土の中に住む微生物の動きも活発になるので畑仕事にうってつけの日。新月や月食の日は微生物が眠ってしまうので畑仕事には向かない日、というように。

このような月や星の動きを記した天体カレンダーに合わせて、畑の土を耕す日や収穫の日が決められるのです。

撒くのは農薬ではなく
畑にとっての「ハーブティー」

ビオディナミでは当然農薬は撒きません。かわりに撒くのは「プレパラシオン」という調合薬。これは自然の鉱石や、どくだみやカモミールの花、ドクダミの葉といった人の健康にもよいもので、いわば「畑にとってのハーブティー」。花や葉は煎じてディナミゼーションを施したものを、ワインの木にスプレーします。春になると畑を起こすために調合したお茶が、ブドウの木が弱っているときは病気や害虫に対する畑の抵抗力を高めるお茶が撒かれます。

他にも雄牛の角に牛糞を詰めたものを土の中に埋めることで、土の中の微生物や虫などの繁殖を助けて大地を活性化させたりもします。もちろんこれらのプレパラシオンを撒く日も天体カレンダーに沿って決められるのです。

それは、東洋医学に通じるワイン

プレパラシオンを撒くのは、土の微生物やブドウが持っている力を引き出すため。人間にも自分で自分の体を治す「自己治癒力」があるように、畑やブドウの木もバランスの良い栄養と休息がとれていれば、自分で調子を整えることができます。

ブドウが病気にならないために薬を撒くのではなく、畑をよく観察して土のバランスを保ち、ブドウの木の免疫力を高めるようとするのが、ビオディナミ。つまり、東洋医学ととても似ています。

味わいにも「宇宙」が関係する

畑が生命体なら、当然ブドウからできたワインも「いきもの」と考えるのがビオディナミ流。「ビオカレンダー」には、満月・新月に加えて、花の日、実の日、葉の日、根の日が記されています。

実の日はワインが一番バランスよく美味しく飲める日、花の日はアロマが香りやすい日、葉の日は味がしなやかにタンニンも落ち着く日、根の日はワインの構造がしっかりわかってミネラルが際立つ日など、天体の動きによって、ワインの味にも違いが生まれるんです。

ちなみに新月はワインの風味が閉じてしまうので、この日はテイスティングに向かないのだとか。究極に美味しい状態でワインを飲みたかったら、ビオカレンダーを参考にしてみては?

南仏を代表するビオディナミワイン
「ドメーヌ・カズ」

ドメーヌ・カズはまだまだオーガニックワインでさえ怪しいものとされていた20年前にビオディナミに転換したビオディナミワインの先駆者。ビオディナミを選択したのは、農薬を使わないことが畑で働く人たちにとって優しいから。自然に優しいのなら、もちろん人にだって優しい。それは飲む私たちにもきっと。試行錯誤を重ねて改良が続けられたワインではいまや世界中の三つ星レストランにも認められ、オンリストされています。

現在の畑の管理からボトル詰までの責任を一手に追っているのはオーリーさん。スペインやボルドーのワイナリーで経験を積んできた彼女は、ルーションのビオディナミワイナリーで働くことが長年の夢だったそう。

女性がワイン造りのトップになったことで、カズのワインはより繊細な味わいになったと評判です。「月の満ち欠けに影響されるのは女性だから、月と土の関係も本能として理解できるわ」と笑うオーリーさん。そんな彼女と仲間達が造るオーガニックワインは、マッチョさが一切なくて上品で飲みやすい。飲み過ぎ注意。でも是非味わってみて。

さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
南アフリカの赤ワイン「ムーンライト オーガニック シラーズ 2017」は売り文句や見かけで判断せず、飲めばデイリーには十分すぎる美味さとわかるロープライス...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。