「月の動き」と造る、究極のオーガニックワイン

「ビオディナミワイン」を知っていますか?最近人気が高まっているオーガニックワインの中でも農薬や化学薬品を一切使わず、月や天体の動きに合わせてスケジュールが組まれるという「究極のオーガニックワイン」です。どのあたりが「究極」なのか。知れば知るほど味わってみたくなるビオディナミワインの秘密に迫ります。

「天体カレンダー」に合わせて
決められる畑仕事

4830606793900032

農薬や化学薬品を一切使わないのがオーガニックワイン。その中でもビオディナミワインを特別にしているのが宇宙の動きを気にしているところです。畑は生命体であり、その状態は人と同じように月の満ち欠けに左右される、というのがビオディナミの考え方。

4704870686785536

たとえば満月のときは、土の中に住む微生物の動きも活発になるので畑仕事にうってつけの日。新月や月食の日は微生物が眠ってしまうので畑仕事には向かない日、というように。

このような月や星の動きを記した天体カレンダーに合わせて、畑の土を耕す日や収穫の日が決められるのです。

撒くのは農薬ではなく
畑にとっての「ハーブティー」

5996226558296064

ビオディナミでは当然農薬は撒きません。かわりに撒くのは「プレパラシオン」という調合薬。これは自然の鉱石や、どくだみやカモミールの花、ドクダミの葉といった人の健康にもよいもので、いわば「畑にとってのハーブティー」。花や葉は煎じてディナミゼーションを施したものを、ワインの木にスプレーします。春になると畑を起こすために調合したお茶が、ブドウの木が弱っているときは病気や害虫に対する畑の抵抗力を高めるお茶が撒かれます。

他にも雄牛の角に牛糞を詰めたものを土の中に埋めることで、土の中の微生物や虫などの繁殖を助けて大地を活性化させたりもします。もちろんこれらのプレパラシオンを撒く日も天体カレンダーに沿って決められるのです。

それは、東洋医学に通じるワイン

4736676597334016

プレパラシオンを撒くのは、土の微生物やブドウが持っている力を引き出すため。人間にも自分で自分の体を治す「自己治癒力」があるように、畑やブドウの木もバランスの良い栄養と休息がとれていれば、自分で調子を整えることができます。

ブドウが病気にならないために薬を撒くのではなく、畑をよく観察して土のバランスを保ち、ブドウの木の免疫力を高めるようとするのが、ビオディナミ。つまり、東洋医学ととても似ています。

味わいにも「宇宙」が関係する

6585318367035392

畑が生命体なら、当然ブドウからできたワインも「いきもの」と考えるのがビオディナミ流。「ビオカレンダー」には、満月・新月に加えて、花の日、実の日、葉の日、根の日が記されています。

実の日はワインが一番バランスよく美味しく飲める日、花の日はアロマが香りやすい日、葉の日は味がしなやかにタンニンも落ち着く日、根の日はワインの構造がしっかりわかってミネラルが際立つ日など、天体の動きによって、ワインの味にも違いが生まれるんです。

ちなみに新月はワインの風味が閉じてしまうので、この日はテイスティングに向かないのだとか。究極に美味しい状態でワインを飲みたかったら、ビオカレンダーを参考にしてみては?

南仏を代表するビオディナミワイン
「ドメーヌ・カズ」

6562117624791040

ドメーヌ・カズはまだまだオーガニックワインでさえ怪しいものとされていた20年前にビオディナミに転換したビオディナミワインの先駆者。ビオディナミを選択したのは、農薬を使わないことが畑で働く人たちにとって優しいから。自然に優しいのなら、もちろん人にだって優しい。それは飲む私たちにもきっと。試行錯誤を重ねて改良が続けられたワインではいまや世界中の三つ星レストランにも認められ、オンリストされています。

5384224857128960

現在の畑の管理からボトル詰までの責任を一手に追っているのはオーリーさん。スペインやボルドーのワイナリーで経験を積んできた彼女は、ルーションのビオディナミワイナリーで働くことが長年の夢だったそう。

5390667106746368

女性がワイン造りのトップになったことで、カズのワインはより繊細な味わいになったと評判です。「月の満ち欠けに影響されるのは女性だから、月と土の関係も本能として理解できるわ」と笑うオーリーさん。そんな彼女と仲間達が造るオーガニックワインは、マッチョさが一切なくて上品で飲みやすい。飲み過ぎ注意。でも是非味わってみて。

5325694586322944
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
毎年11月になると話題となる「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。毎年、解禁日がどう決められているか知っていますか?また、ボジョレー・ヌーボーは他のワインとは...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
スーパーのプライベートブランドというのはよく聞きますが、カナダのスーパー「IGA Extra Famille Duchemin」の発想は、ユニークかつ大胆...
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...