「ドメーヌ・カズ」の故郷で、オーガニックライフを全身で感じる旅

そこはフランスの最南端、ルーシヨン地方。

晴れの日が年間300日を超えるという温暖な気候、美しい自然、フランスの他のどの地域にもない独自の文化に育まれた人々の暮らしには、いつもオーガニックと笑顔とワインがあります。

もしもあなたが忙しい毎日に疲れていたり、何かを変えたいと思っているのなら、一度ルーシヨン地方を訪れてみてください。そこにはきっと、あなたがもっと元気になれるヒントが詰まっているはずだから。

さあ、ルーシヨン地方が誇るオーガニックワイン、「ドメーヌ・カズ」の故郷を感じる旅へ出発です。

CONTENTS

さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Tennisの『Runner』です。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
月額定額制でおトクにランチが食べられる「always LUNCH」と、同じく月額定額制でドリンクが飲める「always DRINK」が、今週12月2日から...
腸内環境を整えるために必要なステップを飛ばし、ダイレクトに腸に働きかける「善玉菌の進化系」ともいうべきサプリメント「発酵マメ子」は、「腸活をしても結果を感...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
6月あたりからフランスで精肉店が襲撃される事件が徐々に増えています。
どんなに大声で訴えたいことがあるフランス人でも、のっぴきならない事情でデモに参加できない時もあります。そんなフランス人のためのサービスが「Wistand」。
7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...