『クレイジージャーニー』出演者が語る、むき出しのスラム街・ファベーラ

極限地帯にいると、目の前の現象に感情が露わになる(丸山)

丸山

伊藤さん、もう当分はブラジル行く気ないですよね。

伊藤

行かないだろうね。

丸山

行くの、超大変じゃないですか。長いんですよね、とにかく移動が。

伊藤

中米行ってもう1本あるからね。そのまだ先だから。キューバとか、あのへんに行くのはまだ楽だよね。

丸山

本当にしんどいですね。伊藤さんはやっぱり中東経由?

伊藤

そう。だからなるべくトランジットで刻むよね。なるべく刻んで、泊まって、緩やかに行くようにしてる。まあ仕事だったらそうも言ってられないけど。

丸山

一昔前だと、アメリカかカナダ経由で入るのが比較的多かったけど、今は中東になりましたよね。中東はほら、空港泊とかできるから、わざと半日空けて寝てから行くとか。そういう人結構いると思います。そう考えると、まだ行きやすくはなったんだけど、やっぱりしんどいですよ。ブラジルは本当に。でも、行った分の面白さはありますよね。それが伊藤さんの写真集『ROMÂNTICO』にまとまっていましたね。

©DAISUKE ITO

ファベーラでおこなわれるブロックパーティー
(伊藤大輔写真集『ROMÂNTICO』より)

丸山

伊藤さん、聞きたかったんですけど、このタイトル「ロマンチコ」。

伊藤

「ホマンチコ」ね。

丸山

これ、どういう意味ですか?

伊藤

まあ“劇的”とか、英語で言ったら“ロマンチック”っていうことですよ。俺はたぶん、日本でサラリーマンをちょっとかじって、なんかそういう……やっぱりロマンを求めてブラジルに渡ったんだなって思った。振り返ったときに「そういうことだったんだな」っていう、本当にストレートなメッセージ。

丸山

ああ。やっぱり伊藤さんらしいところで付けたんですね。最初から迷いなくこのタイトルだったんですか?

伊藤

俺の友だちが「ホマンチコって、ちょっと響きが面白くね?」とか言って。響きがちょっとふざけてるし、面白いなと思って。そんな感じだよ。あとは知り合いの編集長とかが「お前の写真は劇的だなあ」とかって評してくれてたから。俺もやっぱり撮るんだったらドラマチックに撮ってやろうみたいなのがあって。

写真ってなんかゲームに似ているなって思ってて。一瞬の演出というか。光とか。ロマンチックなんだよね。精神的にもさ。自分はサラリーマンやってたから、なんかほら、大声だして怒ることとかってなかなかないじゃん。東京にいるとなおさら。

ところがこういうのを撮ってるとさ、怒りが充満してるわけ。メキシコシティの娼婦のところとかさ、空き瓶とか投げてくるんだよね。俺も本気で怒っちゃってる瞬間とかあって。それがちょっと心地よかったんだよね。タガが外れる瞬間っていうの?

丸山

分かりますよ。

伊藤

分かるでしょう?そういう感じ。ここじゃ言えないけど。だって道で声かけたら捕まっちゃいそうじゃない、日本だと。

丸山

本当にそういう感情の発露っていうか、感情をストレートに表に出せるっていうのは、海外を取材しているといいですよね。

伊藤

そう。本気で怒ったこととか、やっぱり意外とないんだと思うんだよね。日本にいると。

丸山

めちゃくちゃ怒ってますけどね、海外行って。よく冷静に取材しているとか言われるんですけど、感情むき出しのところは全部カットされてるだけ。

どっちかと言えば、僕の場合は怒るっていう感情ではなく、むしろ笑っちゃうんです。ときどきロケでもゲラゲラ笑ってたりする。周りもなんとなくそう見えているらしいんですけど、ディレクター陣が「カットしていないVTRをそのまま流したら、ゴンザレスさんの頭のおかしさというのは多分番組を通して視聴者に伝わるけど、それはテレビとして流せない」って言われました。

伊藤

なるほどね。もうマニアック過ぎちゃって。

丸山

そう。面白いことっていうか刺激なんでしょうね。「やべー」って笑っちゃうんです。だから、そういうので僕が怒るとかもあるし、でもどっちかというと起きた現象に対して感情がダイレクトに働くという部分で、やっぱり海外のほうが面白いというのはありますね。「こんなこと起きるかよ!」って、もう笑っちゃうのが多い。

関連する記事

先日のあるニュースによれば、この貧困街で麻薬組織と警察の銃撃戦が発生したらしい。治安を改善するために必要なアクションは、何なのだろうか。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
2020年、東京・渋谷。ものすごい速さで変わっていく街に生きる、すべての人へ。
ジャンルや世代を超えるセレクションを意識しているということで、ヘッドライナーの発表時から出演者の発表が注目されていました。強烈なアーティストがラインナップ!
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
かつての労働市場を支えた街、大阪・新今宮は、労働者の高齢化などによって衰退。それから数十年の時を経て、多国籍の人々が暮らすニューヨーク・ブルックリンのよう...
ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、音楽、映画、スポーツに特化した、WOWOWによるキャンプフェス「FUJI & SUN...