『クレイジージャーニー』出演者が語る、むき出しのスラム街・ファベーラ

慣れてくると「この線だな」ってのが見えてくる(丸山)

丸山

ところで、なぜいっぱいある国の中でブラジルだったんですか?

伊藤

話すと長くなるけど、スペインにいるとき周りにブラジル人がいて、なんか俺、スピリットがバチンと合ったんだよね。ヨーロッパの人たちにあんまり興味ないなと思ったんだよ。

バルセロナで写真を勉強したのね。街はきれいなんだけど、でもなんかここでいいのか?みたいなのがあったのよ。会社辞めるのすげえ大変だったしさ。俺、写真でこれから生計立ててかなくちゃ!って気合い入ってるときに、なんかスペイン人たちのディスコで女の子をナンパする話とか、どうでもいいやって。俺はもっと心意気としては高いというかさ。だからお前らに興味ねえわって思ったんだよね。

いきなりブラジルに行く勇気とか、正直俺もなかったから。普通に日本で野球やってサラリーマンやって、そういう感じだったからさ。だからヨーロッパでワンステップ。まあ、言葉くらいは覚えておこうって。当時24歳くらい、もう一回言葉から覚えてやろうって思ってた。

丸山

その結果たどり着いた先がブラジルだった。ブラジルって2世、3世で日系人はいっぱいいるけど、こっちから移り住んだ日本人って、実はそんなにいないんですよね。

実際僕が行ったときも、伊藤さんのことを知ってる人、結構会ったんですよ。直接面識なくても「ファベーラに住んでる日本人でしょ?」みたいな。だから意外とね、噂になるというか、それぐらい小さい町ですよね。

伊藤

まあそうだね、すごいちっちゃい。

丸山

でもあの中で、あそこで暮らし続けて、トータル何年ファベーラにいたんですか?

伊藤

まあ引っ越しとかしてるけどね。10年。一人で5年、あと嫁さんと5年ぐらい。

丸山

奥さん、よくオッケー出しましたね。

伊藤

いやまあ、うちの嫁は意外と強いんですよ。俺と関係なくブラジル住んでたりしたし。高校のときにタイに留学してたりとかしてるし。

丸山

そういう人だったら行くかもしれないけど、やっぱり普通に日本で生まれ育ってる人を、ブラジルに連れていくのって、まだハードル高い感じがするんですけど、実際、行ってみたら楽しいじゃないですか。

伊藤

うん、楽しい。

丸山

最高に楽しいと思うんですよ。だから俺はもっとブラジルの面白さを伝えたほうがいいと思ってる。もちろん僕の立ち位置から「全然危なくないですよ」とは言いづらいし、「やっぱり危険じゃないか!」っていう、契約違反みたいな感じにはなりたくないので、全部いつも言うようにしているんです。

©DAISUKE ITO

『クレイジージャーニー』出演時に撮影したファベーラのギャング
(伊藤大輔写真集『ROMÂNTICO』より)

丸山

住んでみた伊藤さんに聞きたかったんですけど、サンパウロはいいですよね、ほぼ大都会。リオも一部を除いてほぼ普通に楽しめますよね。そこがね、いまいち伝わってないかなっていうのもあるんですよ。実際、治安で問題になるような地域って、伊藤さんから見て、このへんだよなって、大体もう分かりますよね?

伊藤

治安がいいか悪いかって、究極、治安が悪いエリアでもちゃんとそこの場所を理解していたら、どこが危ないかって分かるようになるもの。ピンポイントにあそこへ行っちゃまずいとかって、ちゃんと分かっていれば大丈夫って話であって。

丸山

そうなんですよね。

伊藤

そうそう。だからメディアで紹介するような一元的な情報だけじゃなく、住民の人たちも、「きのう銃撃戦があったよ」みたいに楽しんでると言ったらちょっと表現が悪いけど。

丸山

アトラクション的な感じ?

伊藤

のときもあるんだよね。ほとぼりが冷めた次の日とかに「あそこの屋根の上にヤツらがいたんだ」とか、情勢を話してるんだよね。今あいつがやられてどうのとか、そういう話をしてて、まあ楽しんでいるところもちょっとあるよね。でも、それこそイカれた、リオでも郊外の危険なエリアとかはね。俺でももう入りたくないもん。

丸山

いやまあ、露骨にそうですからね、僕が『クレイジージャーニー』の取材で行ったような所はね。映画『シティ・オブ・ゴッド』の舞台になった場所。もう分かりやすく危ない所なんで。

伊藤

本当に戦車とか、そういうレベルだったりするんでね。番組の取材でも、いくらこっちがキャラクター作って頑張ったって、頑張りが利かないようになってんじゃん。

丸山

まあ実際問題、慣れてくると、「ああ、この線だな」っていうのは見えてくるんですよね。あ、警察の言ってるこの線がここだなっていうのは分かって、そうするとそこさえ越えなければ契約上、警察は全力で一応守ってくれるから。そこは越えない。彼らの流儀に合わせてやっていれば、僕は基本的に大丈夫だなと思っているんですよ。

伊藤

大丈夫。だって向こうもケガとかされたら困るわけだから。そこはちゃんと分かってるよね。

先日のあるニュースによれば、この貧困街で麻薬組織と警察の銃撃戦が発生したらしい。治安を改善するために必要なアクションは、何なのだろうか。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
スラム街の子ども達にとって、警察は「敵」であることが多い。誤解を恐れずに言うと、彼らが悪さをして警察に注意される、という関係性だということ。レコーディング...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
2020年、東京・渋谷。ものすごい速さで変わっていく街に生きる、すべての人へ。
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
ジャンルや世代を超えるセレクションを意識しているということで、ヘッドライナーの発表時から出演者の発表が注目されていました。強烈なアーティストがラインナップ!
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。
あこがれの街。