『クレイジージャーニー』出演者が語る、むき出しのスラム街・ファベーラ

俺、将棋の“歩”になろうと思ったのよ(伊藤)

伊藤

『GONZALES IN NEW YORK』を読んで、はじめの方に書いてあったのかな。ニューヨークのことを書くって、結構勇気いるみたいなこと書いてありますよね。ニューヨークに住んでる人って、今いっぱいいるじゃん。だけど、いろんな所を見てきたから、俺だからこそ書けるニューヨークみたいなことを書いている。ああ、なるほどなと思った。それをちゃんと明らかにして書くって。なんかほら、ニューヨークってちょっと住んでるヤツだと「そこも知らねえのかよ」とか、そういうこと言いがちじゃん?

丸山

言いがちです、はい。

伊藤

だからすごいプレッシャーもあると思うんだよね。ブラジルなんて住んでる日本人がまずもって少ないからさ。だからそこは王道のニューヨークで、あえて「住んでいないからこそ書ける」ってのを公言して書くって、結構斬新だなと思った。

丸山

いや、ありがたいですね、そう言っていただけると。書くとき本当にドキドキしましたよ。でも、なるべく行ける所は行ったし、やれることはやったつもりです。今年に入ってまた2回行ってたんですけど、それぐらい、やっぱり好きな町ではある。そういう意味では、このときよりも情報とか見方とかがアップデートされてるところもあるけど、でもこのときはこのときのまとめ方で。

なるべくウソをつかないというか、抱え込まないようにオープンにすると、意外と伝わることがあるかなと思ってたんです。そのさらけ出す作業が、このニューヨーク本を書くときに最初にやったことなんです。

©MARUYAMA GONZALES

ニューヨークは街全体がキャンバスのよう
(丸山ゴンザレス『GONZALES IN NEWYORK』より)

丸山

自分がいかにカッコつけないかという。このニューヨークに対して、こういうふうに思っているんだとか、こういうふうに憧れを抱いていたけど、それが自分では気恥ずかしくて出せなかった時代があったとか。

素直に憧れのまま、ニューヨークでもどこでも留学してりゃよかったのに。僕はそのとき変に意地を張って、アジアの旅にハマっていったりとか。あ、アジアの旅はそれなりに楽しかった。だからハマっていったけど、でも留学するか、旅に出るかって迷ったときに、僕は旅のほうを選んじゃったとか。そういう、とにかく自分の中にあったいろんな選択肢を書くっていうのが、この本の中で一番最初に重視したことかな。

伊藤

ピュアにね。

丸山

はい。でも、伊藤さんも、そういうところ、あるんじゃないですか。結構こういうことを、みんながこれを言ったら引くのかな?とか。そういうことをもしかしたら思っているかもしれない。でも、関係なくズバッと言うじゃないですか。それって、結構勇気いりません?

伊藤

まあ俺、何も考えてないから。何も考えないフリとかしてるんじゃなくて、本当にそんなに考えてないかも。

丸山

でもそんなこと言うけど、伊藤さんは県内随一の進学校の出身なんですよ。宮城県では。

伊藤

いやそんな……もう何年前の話だよ(笑)。いやいや、それはいいんだけどさ。

丸山

伊藤さんって、大学のときからカメラやってたんですか?

伊藤

いや、日本で全然写真なんかやってなくて。さっきも言ったようにサラリーマンが嫌で、辞める理由でつい「カメラやる!」って言っちゃったんだよね(笑)。それか、何も言わないか、どっちかだと思ったの。最後にしらばっくれて辞めるか。

だけど、なんかいっぱい聞いてくるから、もう「俺、カメラやるから辞めます」って、はっきり言ったんだよね。そのときもなんとなく自分にはあったのね。ああ俺、やっぱり足使って働きたいなって。俺やっぱりブルーワーカーだわと思ったし、なんかデスクに座ってとか、あまり向いてないなと思って。

丸山

やっぱり行動するほうがいい?

伊藤

うん。暑苦しいこと言えば俺、将棋の“歩”になろうと思った。最前線で。今やってるようなこと。最前線でやっぱりほら、言葉も話せて、笑顔とこう、向こうの敵意、分かんないけど、交せたりするわけじゃない。そこの最前線感が、なんかちょっとかっこいいっていうか……ほら、自分がさらにむき出しになってくるじゃない。やっぱり大声を張り上げないと、最前線で。そこの相性が良かったのかな。

丸山

相性の良さはありますよね。

関連する記事

先日のあるニュースによれば、この貧困街で麻薬組織と警察の銃撃戦が発生したらしい。治安を改善するために必要なアクションは、何なのだろうか。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
ナイジェリアにある「水に浮かぶ学校」の紹介です。
吸ったゴミがそのままゴミ箱に入る「吸っちゃうダストボックス」が発売。
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
Yuribert Capetillo Hardyが捉えたコルカタには、やはりスラムが広がっていました。路上でひとり寝かされた赤ちゃん。手を合わせ祈るように...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
そうめん専門店「そうめん そそそ」の新店舗「そうめん そそそ 研究室」が、渋谷ヒカリエにオープン。コンセプトは「そうめん研究室で自分好みのそうめんを研究し...
2020年、東京・渋谷。ものすごい速さで変わっていく街に生きる、すべての人へ。
ジャンルや世代を超えるセレクションを意識しているということで、ヘッドライナーの発表時から出演者の発表が注目されていました。強烈なアーティストがラインナップ!
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
フィリピンの首都マニラには、世界で最も劣悪な環境ともいわれるスモーキーマウンテンがある。約3年前、ここで暮らしていた3000世帯、15000人が立ち退き令...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
「横浜中華街」で車を降りずに料理の受け渡しができる「ドライブスルー」サービスが開始。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
ブラジルといえばシュラスコ?確かに間違いじゃありません。畜産業が豊かな南部の地域を代表する料理です。でも、食材の宝庫である彼の国には、中部、北部とで全く異...
かつての労働市場を支えた街、大阪・新今宮は、労働者の高齢化などによって衰退。それから数十年の時を経て、多国籍の人々が暮らすニューヨーク・ブルックリンのよう...
ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、音楽、映画、スポーツに特化した、WOWOWによるキャンプフェス「FUJI & SUN...