新しい映像表現「オンナノコズ」撮影の視点

モデル事務所、セントラルジャパンに所属する10代の女の子たちによるプロジェクト「オンナノコズ」のプロモーションを兼ねて行われたのは、マイクロドローンのHD撮影テストだった。

制作をした株式会社シネマレイの代表取締役である増田 勝彦さんが、個人のSNSに映像を投稿すると、瞬く間に拡散されコメントが殺到した。

広々とした屋外で空撮されたものとは、対極的なアプローチをしている。

使用された機体は、プロペラガードを備えた縦横110mm程度の小さなFPV(First Person View)ドローン。

機体を目視するのではなく、ヘッドマウントディスプレイをつけて、カメラを通した一人称視点の映像を見ながら操縦する。

視聴者は、ワンカットで撮影されたとは思えないスムーズさや、目の前を飛ぶドローンをものともしない凛とした女の子たちの表情に驚いた。

撮影した増田さんは、「難しいという感覚はなかった」と話していた。

※別の教室からドローンを操縦する増田さん。

 

──現場の雰囲気はどうでしたか?

 

増田:撮影はすんなりいきました。

使った機体は重さ70グラムほど。香港やベトナムの海外製フレーム、いろいろなパーツを組み合わせてカスタムしました。

2016年からFPVのドローンを操縦し始め、レースやイベントでも使い慣れていました。すき間を縫うようにして撮ることに関しては、難しいとは感じませんでした。

あえて言うなら、難しかったのは桜が見える屋外のシーン。機体が軽いため、風があるとどうしても揺れてしまいます。教室のなかに入ったあとに、窓際にいる女の子に窓を閉めてもらったりと、工夫した部分はあります。

女優さんには、昆虫や蝶々、そよ風が流れていくようなイメージで、マイクロドローンと接してもらいました。

 

──視聴者の反応は予想していたのでしょうか。

 

増田:いいえ、まったく。機材自体も新しくないんです。FPVやマイクロドローン自体はいろいろな場所で使われています。

ただ、被写体が魅力的だったということと、撮り方が新しかったかなと。ドローンは室内で飛ばすためのものではありませんから、狭い場所で撮影するなら、ふつうは手持ちカメラで済むという話になります。そこで、新しい表現を試したかった。

ありがたいことに、国内外からショートフィルムやミュージックビデオの撮影で使いたいという問い合わせを多くいただいています。

 

──FPVマイクロドローンの魅力について教えてください。

 

増田:小さな隙間でも自由自在に飛び回れるところでしょうか。大きいドローンは鳥になったような感覚を、マイクロドローンは昆虫になったような気分を味わえるんですよね。

一人称視点になると操縦しやすさも格段に良くなります。今回のような撮影は、目視ではできません。ドローンのコミュニティでは、いずれFPVと完全自律飛行の二極化が進むだろうという意見もあります。

Tiny Whoopなど、20グラムほどのマイクロドローンなら家のなかでも飛ばせます。練習になりますから、よく家族のまわりをグルグル飛ばしたり、椅子の下をくぐったりしています。

集中して訓練すれば、2~3ヶ月で誰でも飛ばせるようになると思います。

 

──今後はどんな活動を?

 

増田:今回の映像は、売り出し中だったオンナノコズと、テスト撮影をしたいという我々のニーズが合致して成立しました。そのため、産業用の許可ではなく、アマチュア無線4級でドローンを使っています。

5月には産業用の申請をした上で新たに撮影をする予定があります。今後は、映像表現をするツールのひとつとして、マイクロドローンを活かせるあらゆる領域で、挑戦をしてみたいと思っています。

これまではクレーンを使う必要があったシーンも、低予算で撮影できるようになっていますが、あくまでこれは良いものをつくるための手段でしかありません。

アイデアやディレクション経験が豊富な監督さんたちと協力しながら、どんな挑戦をしていけるのかを楽しみにしています。その場の状況や法律など、制限があるときに、じゃあどうすれば良いものがつくれるのかを、一緒に頭を捻りながら考えていきたいですね。

クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
今回は、かなり心が震える映像をご紹介。なんと、世界で初めて富士山の頂をドローンで捉えた4K動画があるというのです。空撮されたのは、これまでにほとんどの人が...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
アート・フォト・トラベルが開催した『ドローン・アワード・フォトコンテスト2018』の優勝作品が決定した。