「最速620km/h」のリニアモーターカー誕生!?【中国】

2015年に最速603km/hでギネス世界記録に認定された日本のリニアモーターカー。

それを上回る最速620km/hのリニア実験車両を、中国・成都にある「西南交通大学」が発表した。

中国はすでにこの分野で先陣を切っており、リニアモーターカー「上海トランスラピッド」は、ドイツの技術を運用し、2004年に開業。商業運行時の最高速度で431km/hを記録し、世界最速を誇っている。

今回のプロトタイプでは、ボディに軽量の炭素繊維を採用。超高速を出すために欠かせない低抵抗のボディを設計した。また、日本のリニアでも使われる超電導技術が組み込まれ、将来的には真空トンネル内での輸送なら1000km/hも夢ではないところまできているらしい。

中国の新たなリニアの実用化には6年ほどかかるそうなのだが、日本のリニアは2027年開業を目指しており、どちらが先にデビューするか気になるところだ。

© South China Morning Post/YouTube
Top image: © voyata/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
たとえ、誰からも理解されなくても、認められなくたって、コツコツとひたむきにひとつゴトに取り組んできた人々。人生の多くの時間を費やしてきた「愛すべきバカヤロ...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
アメリカで展開されていて、日本未発売の「Hanes」のマスク。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...