世界最長の人工パルクールコースが、プロでさえ「しんどい」理由

天まで伸びるそり立つ奇岩がどこまでも続く、中国・湖南省の張家界武陵源。その代表的な観光名所「天門山」に、入り口から続く999段(およそ300m)の階段があります。まさしく、心臓破りの坂ならぬ「階段」。

ここに世界最長の人工パルクールコースが登場、プロフリーランナーのCalen Chanが挑みます。

もう一度言うけれど、角度45度。一歩踏み外せば、そのまま勢いで転がり落ちてしまいそう、捻挫や骨折覚悟の決死の挑戦。それを、一人称視点で記録したスリリングな動画をどうぞ!

いや、何がスリリングかって……ここ、コースですよね?

さぁ、始めよう!

Ready Go!

軽快に障害物をジャンプしていきます。

危ない!避けて!

おいおい、どこでくつろいでんのよ!

タイミングが悪かったら、ぶつかってしまうところでした。

いやいやいやっ、
後ろ、うしろ!

気持ちは分かる。でも、少し場所を考えて。

間一髪で観光客を避けて、コースを塞いでる人を避けて、

まさか人間も障害物となるとは、さしものCalenでさえ、想像していなかったかもしれません。

セルフィーを撮っている人がいたり。

オジさん、そこどいて!

これ、一応は規制線が敷かれていて、観光客のルートとは分かれていたようですけどね。それにしても、やりたい放題。

最後は、倒れこむようにして
GOAL!

どうにかこうにか、GOAL!

道中、幾度となくヒヤッとさせる場面がありましたが、最長コースを走りきったCalenでした。

それにしても、見るほどに恐ろしい長さ。スタートラインが霞んで見えます。人工のものとしては、おそらくこれが世界最長、しかもこの角度。いやはや、おつかれさま。

だけど、聞いていちばんビックリしたのは、この動画を撮影するため、GoProを口にくわえながら降りてきたという事実。これまたスゴっ!

Licensed material used with permission by Calen Chan
出てくるのは、新宿や渋谷の見慣れた街角ーー。日本トップレベルのパルクールチーム「URBAN UNION」が、ディレクター兼カメラマンに福井崇志を迎えた映像...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
オランダにある建築事務所『MVRDV』がデザインした「天津濱海図書館」は、壁一面が本棚となっている。ロビーにある大きな球体は、外から見ると巨大な「眼」に見...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
地上600kmから超高解像度の人工衛星で世界各地を撮影すると、どのように見えるのか?ベストセラー『奇界遺産』やテレビ番組『クレイジージャーニー』などで注目...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。