この春夏、「一番着回せるデニムパンツ」です。

そろそろ春夏の装いを考える時期。ショップにも続々新作が登場していますが、なかでも、決定的なデニムパンツが発売されました。

素材はデニムでありながら、吸汗、吸湿、速乾……と聞くと、機能重視のアイテムだと思っちゃいそうですが、ファッション性もバッチリ。というか、汎用性が高すぎる!

本当に何にでも合わせられる!

トレンドのワイドシルエット&カットオフ。しかも、1万アンダー。

ワードローブの主力として、このデニムパンツ、オススメです。

6339966380539904

誰が着ても、どんなトップスでも、
「ちゃんと、まとまっちゃう!」

4763369114435584

まずワイドシルエットなので、体型を問わないっていうのが大きなポイント。ヒップラインが気になるって人にこそおすすめです。

また、ストンと落ちるストレートは、脚長効果もアリ。ボトムとしての存在感がある分、バランスとして脚が長くみえるんですね。

なによりもトップスとの相性です。

はっきり言って、カジュアルである限り、なんでも合います! なにを着てもまとまります!

 

例えば、ブラウスと……

50995935156633605612637693935616

ブラウス&ヒールなら上品に。

単品でみると、“いかにもカジュアル”ですが、トップスとシューズだけで、かなり印象が変わるっていうのが、このデニムのすごいところ。

 

例えば、ビッグサイズのパウンテンパーカと……

673232023296409654360937343221766592956463054848

同じくトレンドのビッグシルエットのトップスと合わせれば、ストリートの雰囲気に。

シンプルなスニーカーで、ボーイズカジュアルが完成します。

ちなみに、上のバックスタイルの写真に注目! 脚が長くみえるっていうのがよくわかるでしょ?

 

例えば、スウェットと……

4576079951953920

もうざっくりスウェットをかぶるだけでもOK。

リラックスしたワンマイルウェアとして機能します。シンプルなコーディネートでも、カットオフした裾がいいアクセントになって、手抜き感はナシ。ちゃんと洒落心を満たしてくれます。

 

 

 

例えば、ロングカーディガンと……

5451502466367488

シルエットを活かすなら、こちらも注目のロングカーディガンなどをあわせて、縦のレイヤードを楽しむのもアリ。

フェミニンなスタイルに仕上げることだって!

4828074004709376

「快適デニム」の正体は、
昨年から大ヒット中の素材!

48725976489656324918469644517376

ファッションアイテムとして優秀なだけじゃありません! 冒頭で紹介した通り、このデニムは機能面でも、快適なところがポイントです。

じつは、このデニムの素材は、昨年春夏に『Right-on(ライトオン)』からリリースされて大ヒットとなった「和紙デニム」。

ネーミングの通り、和紙から作ったヨコ糸が織り込まれています。

その効果は、ズバリ「吸汗、吸湿、速乾」。

和紙糸は通常のコットンよりも、スキマが多い繊維のため、乾きやすくて、蒸れにくいんです。コレ、もう手にとった時点で、軽くて、涼しそうってわかるレベル。それぐらい普通のデニムと違います。

もちろん、デニムの強みであるタフさや経年変化は、そのまま。水洗いも問題ナシ。

つまり、見た目の部分はまったく普通のデニムなのに、着やすさが抜群にいいってコト!

サイズがあるうちに要チェックです。

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

別モデルにも注目!

6044369551360000

ちなみに、今シーズンの『Right-on』は、この和紙デニムを使ったパンツがバリエーション豊富。

ここで紹介したワイドパンツ以外にも、テーパードやストレート、クラッシュ加工のモデルまで。気になる人は、下のボタンから!

6577293925285888
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだ...
「こもれびうちわ」は、障子に映った木の陰をモチーフにして作られたもの。一見、シンプルな普通の白いうちわに見えますが、光にかざすと木の葉シルエットが浮かび上...
ひざやおしりが破れたデニム・ジーンスに「あて布」をして補強していた日々が、もう終わりになるかもしれない。破れた箇所にたらすだけで、繊維が自己修復され元どお...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...