メイドインジャパンの靴紐専門ブランド「VINCENT SHOELACE」を知っていますか?

「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、ことスニーカーにおいてもきっと当てはまるはず。

そこで提案したいのが、スニーカーの「紐」にまで気を配ってみることです。靴紐専門ブランド「VINCENT SHOELACE(ヴィンセントシューレース)」なら、納得の一本に出会えるかもしれません。

「あったらいいな」を
納得いくまで作り上げる

「人間でいえばヘアースタイルのような存在であるシューレースを、クオリティーを重視し素材から仕上げまで一貫して日本で作成しています。私たちが『あればいいな』と思う紐のサンプルを納得いくまで作成し、気に入っていたものだけをリリースしていきます」

これが、京都出身の男女二人組が始めた「ヴィンセントシューレース」の考え方。基本的には、自分たちが「あったらいいな」と思うモノを作るスタンスのようです。

現在は5種類11色を販売中。ここではその一部を紹介しましょう。

【H.COOPER】

彼らがどうしても作りたかったのがこのモデル。ヘザーグレーのスウェットフードの紐を結んでいた時に「これがシューレースであれば…」と思ったのが発端。モデル名はニューバランスを履いて走った最初のマラソンランナーとされている、Kenneth H.Cooper氏の名前から引用したのだとか。

【SANDY】

80年代にPRO KEDSから出ていたMade in U.S.Aのシューレースをサンプリングし、当時のオリジナルに使用されていたアクリル素材をコットンに置き換えMade in Japanで再構築したモデル。ハイテクランニングスニーカーと相性がイイですが、意外にワークシューズにもマッチします。

【PEE-WEE】

こちらも「SANDY」同様、80年代のMADE IN U.S.A.のシューレースをMADE IN JAPANで再構築。キャンディのようなカラフルな配色がシンプルな靴にアクセントを与えてくれます。名前の由来は、二人が大好きな90年代の米・スーパーコメディアン、ピーウィー・ハーマン。

【Alvy Max】

俳優、脚本家、映画監督など多彩な顔を持つウディ・アレンが70年代に履いていたランニングスニーカーにぴったりのシューレース、という空想から作成をスタートしたモデル。名前は、ウディ・アレン主演の『アニー・ホール』の主人公アルビーから引用したそう。形状は細身で伸縮性があります。

【Travis】

ヘリンボーン織のシューレースで、オールドスクールのシンプルなスニーカーに合わせると、なんとも言えない深みが。使えば使うほど味がでてくるのも特徴です。

名前の由来はロバート・デ・ニーロ主演の『タクシードライバー』に出てくる主人公。彼が履いているであろうスニーカーのシューレースがコンセプトになっています。

きっかけは、二人の趣味だった
「アンティークショップ巡り」

ちなみに、ブランド設立の経緯はこのようなものだったのだそう。

「二人でアンティークショップ巡りをしていると、とても素敵な靴紐に巡り会いました。調べてみると、50年代にアメリカで作られたものでしたが、短すぎて使用できなかったのです。それでも諦めきれず、自分たちで作ってみては?とリサーチを開始しました」

価格はすべて1,500円(税別)で、全国の取扱い店はコチラ。付属の紐もイイですが、「ヴィンセントシューレース」なら、また違ったあなたの個性を演出できるはずですよ。

Licensed material used with permission by VINCENT SHOELACE
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
一見すると、靴ひも結びが面倒だ!という人のためだけに作られたもののようにも見えますが、いろいろな用途があって楽しいのがこの「Zubits」。仕組みはとても...
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
〈TERRA〉というブランドの「Hola」というモデル。真鍮のパーツとポリエステルの蝋引き糸による編み紐、柔らかいラクダ革のアジャスターと素材使いがとても...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
言うまでもなく、靴は身の回りに溢れているもの。でも、そんな靴の存在が強く印象に残っている「夢」は、あることを暗示しているのだそう。ここでは、シチュエーショ...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...