【イヤホンまたはヘッドホンのご用意を】スキマ時間で疑似体験する「アイスランドの旅」大きすぎるスケールに人生観が変わる!?

みなさん、夏休みの予定は決まってますか?……え?忙しくてどこにも行けない、なんていう声も聞こえてきますね。そんな人にはぜひこの記事で、思いっきり旅の気分を味わってもらいたいのです。行き先は、涼しげに「アイスランド」なんていかがでしょうか。時間はちょっとした休憩中や移動時間、3分もあれば十分です。そのワケは……


旅の臨場感を完全再現「バイノーラル録音ムービー」

A61114b3c7377229dda14f11393a0d4842c4925e

旅において、訪れた先の臨場感を決定づける大きな要素が、「音」。この記事には要所要所に「バイノーラル録音動画」が埋め込んであります。「バイノーラル録音」とは、人間の頭部の音響効果を再現するダミー・ヘッドやシミュレータなどを利用して、音が鼓膜に届く状態で……

いや、そんな細かいことは置いておいて、とにかくこの「スゴい旅」を「スゴい音」で体感してみてください。その際、イヤホンまたはヘッドホンの装着をお忘れなく!

まるで壮大な絵画のよう─「セリャラントスフォスの滝」

アイスランドはスカンディナヴィア半島の沖合にある小さな島国。そこには世界のどことも似ていない独自の文化や歴史、食べ物、そして規格外の大自然があります。

日本からのフライトは約17〜21時間。そこは想像をはるかに絶するスゴさでした。たとえばこの滝──

首都レイキャビクから車でおよそ3時間の場所に位置する「セリャラントスフォスの滝」。聞きなれない、舌を噛んでしまいそうな名を持つ滝の最大落差は約65m。滝壺の裏側がくりぬいたような地形になっていて、弾ける水しぶきのフィルターがかかった、滝の裏側から見る夕陽が最高!

大地が巨大なクジラのよう─「ストロックル間欠泉」

32cabc8b8d7c22af779694efc0bc52bf556d6365

アイスランドといえば、見ておきたいのが「間欠泉」。レイキャビクの東北東80kmには、「ストロックル間欠泉」があります。沸騰した温泉水が4〜5分に1回、最大20mほど吹き上がる様子は、まさに必見の大迫力!

世界でここだけ!火山の「中」を体験─「スリーフヌカギガル火山」

地球広しと言えども、「火山の中」に入って体感できる場所はここだけ。レイキャビクの近郊にある休火山、「スリーフヌカギガル火山」の探検ツアーは絶対に参加しておきたいところです。火山へのアプローチは徒歩。見渡す限りの火山石の中を火口目指して歩くと、否が応でも探検気分が高まります。

本格的な装備を身につけ、ゴンドラで120mほど下ってマグマ溜まりへ降りると……そこには想像を絶する巨大な空間が広がっています。

「絶景」って、地面の中にもあるんですね。

世界最大級の温泉─「ブルーラグーン」

435a4638d3b1c2f1e75e789c756706aea7f42a23

旅の疲れを癒すなら、やっぱり温泉。レイキャビクから車で約40分の場所にある「ブルーラグーン」は、世界最大級の露天風呂。ミネラルを豊富に含んだ乳白色のお湯で満たされた温泉はほとんど湖のようなスケールです。この温泉の白い泥を顔に塗ってパックにすると、美容効果もあるそうです。

温泉の中にはお酒が飲めるバーまであります。10月には温泉に浸かったまま楽しむ音楽フェスも開催されるのだとか。はっきり言って最高ですね!


旅人・井浦新さんプロデュースの「スゴい旅」

この旅をプロデュースしたのは、個性派俳優・井浦新さん。実は「旅の達人」という別の顔を持っている人物です。旅の醍醐味を知り尽くした井浦さんが、JALカード』の「スゴい旅をしようキャンペーン」の一環として「旅」をプロデュース。彼が満を持して選んだデスティネーションがアイスランドでした。

今回のキャンペーンで実際に旅に行けた幸運な女子ふたり旅の全貌はこちら!

次は、あなたが「スゴい旅」をする番─「3分休暇取得キャンペーン」

いかがでしたか?ただいまJALカードでは、この記事でご覧いただいた「スゴい旅をしようキャンペーン 3分休暇ムービー」をTwitter上でシェアしてくれた方の中から抽選で5名様に旅行券が当たる「3分休暇取得キャンペーン」を実施中です。

今回はスキマ時間に旅を体感できる記事をお届けしましたが、次に本当の「スゴい旅」をするのは、あなたかも?

※キャンペーンは終了しました。

「スゴい旅」7つ道具プレゼントも

807a4e0e44db9e405dc515976c5418f3b7b4c576

さらに、JALカードにWEBから入会をすると、井浦新さんが選んだ、旅に持っていきたいギアが当たる「スゴい旅 7つ道具プレゼントキャンペーン」も同時に実施中。さすがの選定眼が働いているものばかりなので、そちらもぜひチェックしてみてください!

※キャンペーンは終了しました。

アイスランド語は、発音や活用が複雑なことから「世界で一番難しい言語」と言われることも。もっとアイスランドの言葉に慣れ親しんでほしいと考えた観光局が作ったの...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
8年以上もタイムラプスを撮影しているMartin Heckさん。「100 Hours in Iceland」と題された彼のビデオには、たくさんのアイスラン...
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
氷と炎の国と形容される「アイスランド」は、火山活動や地熱活動が活発な国。ゆえにホットスパ(つまりは温泉)が国のいたるところにあるんです。ブルーラグーンやレ...
旅には、人生が凝縮されています。
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
フォトグラファーのジュリアン・レイテル氏が撮影したのは、凍結した火山の内部にあった秘密の絶景だ。これまでも写真家・冒険家として様々な火山の内部や雪山など、...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...