ドイツ発、タケコプターを超える「風呂コプター」

ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのユーチューバー兄弟の動画をご紹介。

彼らが思いついたのは「空飛ぶバスタブ」。ちなみに、どうしてこんなものが作りたかったかは…ナゾ。

とりあえず、見てみよう。

空飛ぶバスタブ
〜サンドウィッチを手に入れるまで〜

空飛ぶバスタブのアイデアスケッチはこんな感じ。

お風呂に浸かりながら飛んでる気がするけど、気のせいかな……。

あ、冷蔵庫に何もなかったのね。

確かにバスタブが飛んでくれれば、買い物もラクだもんね!

こんな風にヘルメットをしっかり被って、さあ出発だ!

後ろに車があるんだけど……それは使わないんだ。

バスタブだから、入ったときの快適性は問題なし。

お湯を入れるのは諦めたのかな。

本当に飛んだ!!

お手製感満載の空飛ぶバスタブは高度が低く、湿地すれすれに飛んでいるので水しぶきも間近で見れるみたい。

でも、バスタブからの眺めはけっこう良さそう。

目的地が見えてきた!

無事到着。

やっぱり目立ってる。

無事、サンドウィッチを購入。

「あのおばさん、僕のバスタブについて何にも言ってくれなかったなあ」と、ちょっと不満げ。

自由な発想をそのままカタチにしちゃう行動力。うーん、素直に尊敬。

Licensed material used with permission by The Real Life Guys
「せんべい」を、おいしく、かっこよく 〜SENBEI BROTHERS〜 ▶︎SENBEI BROTHERSは、東京江戸川区で 「せんべい」 をつくってい...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
たとえば、2週間の海外旅行に出かけるとすると、荷物の量はそれなりに多い。中でも衣服が占める割合は大。トップスやパンツはある程度着回せるとはいえ、実際に肌に...
たぶん、史上最高のバスタイム。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。