グランピングで「GoPro」を使うと、思い出の残り方が変わる

GoPro社の最新モデル「HERO7 Black」は、人間の目みたいです。

何かを目で見るときのように全くブレを感じさせない動画を撮ることができて、目に入ってきた景色をそのまま写真にしたかのように明るさを自動調整してくれる撮影もできます。

人間の目のように色々な調節をさりげなくやってくれるから、誰でも楽しい瞬間を思い出に残すことができるんです。

そこで、撮影のハードルをぐっと下げてくれる「HERO7 Black」を体感してもらうために、キャンプに精通しているインスタグラマーYURIEさんとフォトグラファーとして活躍するうちだなおこさん、そのお友達2人に、グランピングに行ってもらいました。

車が揺れても、ブレない

グランピング施設に向かうまでの道のり。車内に「HERO7 Black」を取り付けて、撮影スタートです。

最大の特徴とも言える「HyperSmooth」という機能が、真っ先に活躍しました。言い換えれば、手ブレ補正。特別なガジェットを一切使わなくても滑らかな動画撮影ができます。

これ、車が走るときの揺れでさえ、物ともしません。手で持って撮影をしても、つまずいたりしない限り、まずブレません。

勝手に明るさを
調整してくれる

「HERO7 Black」は、人間の視野と同じくらい幅広い写真が撮れるGoProらしさも、しっかりと踏襲しています。

そして、最新モデルから「スーパーフォト」という機能が新しく追加されました。逆光のような明るすぎる状況でも、撮影した写真を自動的に肉眼で見たような景色に近づけてくれます。

車は真っ正面に富士山が見えるところで一旦停車し、後部座席から撮影にチャレンジ。結果、魚眼レンズで撮ったような雰囲気のある写真が撮れました。

歩いても、走っても
タイムラプスが撮れる

「TimeWarp」という機能も「HERO7 Black」の魅力のひとつです。

簡単に言うと、自分が動きながらもタイムラプスビデオが撮影できるというもの。一般的にはカメラを固定する必要がありますが、「HyperSmooth」機能が力を発揮するので、多少シャッターを切る位置が異なってもブレを抑えられます。

自分が歩くのではなく、車に取り付けても撮影はできます。オリジナルの撮り方を見つける楽しみもありますね。

また、暗い場所でのタイムラプス撮影ができる機能もあるので、日が落ちてからも友だちとの思い出をカタチに残すことができます。

エクストリームだけじゃない
日常が楽しくなる、GoPro

やはりGoProと言えば、エクストリームスポーツとの相性がいいイメージです。

でも、「HERO7 Black」の3つの特徴を使いながら撮影をすると、みんなで楽しんでいる時間など、日常生活の思い出の残り方も変わってきます。

撮影後に「HERO7 Black」を使った感想を4人に聞いてみると、「上手く撮影をしたいから、普段は視線を向けない場所にも意識を傾けていました」という声もありました。なんでもGoProを持っているだけで物の見方が変わったそうです。

また、「どこを撮影しても、HyperSmoothのおかげで質の高い動画が撮れるから、カメラを持っている時間が長くなった」という感想も。複雑な設定をすることなく、手軽に満足のいく撮影ができるところがウケているんです。

スマホでサクサクと編集

GoProシリーズに共通して言えることなのですが、スマホフレンドリーです。

「GoPro アプリ」をダウンロードして、カメラ本体と接続するだけで、撮影したデータを自動でスマホに転送してくれます。いちいちパソコンを経由する必要がないのです。

「QuikStories」という機能もあり、自分の使いたい素材を選ぶとアプリがそれらをつなぎ合わせて、ひとつの作品に仕上げてくれます。動画の一部をキャプチャして静止画を切り出せて、お気に入りをシェアすることまでサポート。

だから、たくさんの人がGoProで撮影した動画や画像をSNSにアップしているんですね。

話が少しそれてしまいましたが、今回の旅で撮影した素材を使って、「QuikStories」で編集した動画がコチラ!

うちだなおこ

東京在住のフォトグラファー。独学でカメラを始め趣味から撮影を仕事として受けるようになる。幼少期を海外で過ごしヨーロッパ内を転々と訪れた経験から旅をしながらの撮影が好き。愛機はHasselblad、Leica M5、Leicaレンズ装着のSony α7R。4月に娘を出産し現在育児奮闘中。

YURIE
趣味で始めたキャンプを自身のInstagramアカウントで写真を公開し、女子でもできるアウトドア"週末ソトアソビ"を提唱。商品、空間プロデュースや企業とのタイアップ、雑誌の連載など活動は多岐にわたる。愛車のVAN(愛称:サンシー号)で日本各地を旅することが好き。
2017年2月、KADOKAWAより初の著書「THE GLAMPING STYLE ~YURIEの週末ソトアソビ~」を出版。
他の記事を見る
4月2日より日本でも購入できるようになった「GoPro Fusion」。実際に使ってみた感想を紹介。後半では、撮影のコツも載せています。
2015年9月、アリゾナの砂漠で1台のGoProが発見されました。それは2年前にスタンフォード大学の学生たちが宇宙に打ち上げたもの。そこには、宇宙から見た...
Julius Senkusさんは、新婚旅行で妻のNeringaさんと一緒にシチリアを訪れていました。そこで、落とし物のGoProカメラを発見。中に保存され...
ロシアで話題のイケメンユーチューバー、Pasha bumchikさん。彼が投稿する動画は人気ですが、その内容は決して関心できるものではありません。例えば、...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
骨折していないのが奇跡!?ノルウェーの雪山、崖のてっぺんからスイスイと好調な滑り出し・・・そしてついにスキーヤーの目線から超降下ジャンプ!!!痛そうな着地...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
近頃よく耳にする「グランピング」というワード。知らない方のために説明すると、これは「glamorous」と「camping」から成る造語で、“贅沢なキャン...
セルフィー。日本語でいうと自撮り。自分ひとりの撮影だけじゃなく、友だちが集まった時も思わず撮りたくなっちゃいますよね。どうやらその気持ちは、猫も同じのよう...
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
どんな動画なのか、さっそく見てみましょう。スキーヤーの周りをこんなに接近しながら旋回して撮影するなんて、よほど高度な技術が詰まったドローンでも開発されたの...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
手ぶらで、快適に自然を楽しむ。グランピングは、グラマラス×キャンピングの造語で、贅沢なアウトドア体験ができる新しいキャンプスタイルです。関東近辺で手軽にさ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。