ビジネスで海外へ行くのなら、「Sony Bank WALLET」を知っておいた方がいい

ビジネスマンでも、「デビットカード」を使いこなしている人は結構少ないのではないでしょうか?「Sony Bank WALLET」は、特に海外出張が多いビジネスマンに勧めたいカード。

TABI LABOを運営している私たちも、海外のトレンド視察や取材で海外出張がとても多い。でも、ほとんどデビットカードは使っていませんでした。そして今回、サービス内容を詳しく知って「え、なんで今まで使ってなかったの…?」と固まったのが私です。

そもそもデビットカードとは、預金口座と紐付いた決済用カード。決済すると、代金が即時に口座から引き落とされる仕組み。「Sony Bank WALLET」は、あらかじめ預金を外貨に両替しておくことが出来て、現地のATMで引き出すことも可能なんです。しかも、クレジットカードより手数料が安かった……!

さっそくチェック

限度額オーバーでカードがストップ!
そんな心配はもういらない

海外出張の立て替え経費って、結構ハードですよね。とくにスタッフが大勢いると、現地での食事代や、宿泊費だけで相当な額になってしまいます。北米であれば、1ドル約100円と計算もしやすいけれど、暗算しにくいレートの国だと大体の使用額も把握できていないままカードを切り続けることも。

まさに、その状態に陥ってしまったのが私。出張最終日に限度額に達してしまい、メインで使っていたカードを止められてしまいました。帰国後、スマホの電子マネーのチャージも出来ず、ECサイトの支払いも出来ず……大変な思いをすることに。

使用額が大きいと予想できる時こそ、「Sony Bank WALLET」であらかじめ会社から入金してもらっていればよかった……と後悔しました。利用代金は円または外貨口座から即時引き落としされるので、アプリですぐにいくら使ったのか確認することができるし、無自覚で使い過ぎてしまう事態を防げます。

キャッシュレスでスマートに決済
緊急時にも両替所に並ばないでOK

日本国内では、東京都内でもキャッシュレス非対応のお店があるので、海外に出る時も「外貨両替していかないと」と思ってしまいますよね。私も、オーストラリアで“両替した現金を使い切ることに苦労する事態”が起こるまで、そう思っていました(笑)。

国別にキャッシュレス決済比率を比較したデータによれば、日本が19.9%だったのに対して、韓国はなんと96.4%。北米・欧州も、言わずもがな日本よりキャッシュレスが浸透していました。交通機関を完全キャッシュレス化している国も、珍しくありません。

これからの海外へ出る時は、「キャッシュレス決済を主軸」として考えるのがベター。「Sony Bank WALLET」は日本円や米ドル、 ユーロなど11通貨に対応したVisaデビット付きキャッシュカードなので、貯めた外貨を外貨のまま世界で使えるというのが心強いんです。世界200以上の国と地域のVisa加盟店でショッピングもOK◎

Google Payに設定すれば自分のAndroid™端末で、Visaのタッチ決済が使えるのも便利。

現金が急に必要になったら…
現地のATMですぐに引き出せる!

「お店での支払いは困らないから」と、海外出張でもたかをくくっていた結果、仕事のサポートをしてくれた現地スタッフにチップを払えなくなった事件がありました。日本人はチップに慣れていないので、飲食店でも忘れてしまいがちですよね。

都心部から離れるとキャッシュレス非対応の可能性も出てくるので、現金が0円というのは流石に不安。そのジレンマをうまく解決してくれるのが、「Sony Bank WALLET」でした。

このカードがあれば、国内ATMと同じように、海外ATMで自分の預金口座から現地通貨を引き出すことができるんです。しかも、手数料は1.79%(税込)で低い水準。(※)

わざわざ良いレートの両替所を検索したり、行列に並ぶ必要はなし。キャッシュレスでスマートかつ、いざという時にも頼りになります。

(※)対象10通貨以外は+216円

手数料は1ドルあたり15銭
浮いたお金で「プチ贅沢」も◎

カード会社によって異なるけれど、多くのクレジットカードは海外で使うたびに2.2%の手数料がかかります。つまり、1ドルを100円と換算すると、1,000ドルで2,200円の出費。その点「Sony Bank WALLET」は、アメリカでは為替手数料が1ドルあたり15銭。1,000ドル使っても、たったの150円なんです。この差って大きいですよね。ランクが上がると、さらに手数料が下がるのも嬉しい!

もし手数料をこれだけ抑えられたなら、出張最終日にみんなでの打ち上げにワインを追加したり、お肉をランクアップさせることだって出来ます。カードで賢くコスト削減して、みんなでプチ贅沢に変えるのが得策!

為替をチェックして、円高のときに
外貨両替できるのが嬉しい!

現地の両替所だと、店ごとにレートがバラバラだったり、その日の為替によって損得が左右されてしまう。

「Sony Bank WALLET」は、好きなタイミングで外貨両替しておけるのが便利なんです。海外出張の場合、使う金額が大きいからこそレートの差が響きますよね。それに、仕事を頑張った自分へのご褒美として、日本より安く買えるブランド品も気になる。少しでもお得に買い物を楽しむ方法としても、日本を発つ前に円高のタイミングで両替しておくのがベスト!

クレジットカードのいいとこ取りをしつつ、現金のようにも使えるのが「Sony Bank WALLET」。年会費も無料なので、特に海外へ頻繁に行く人や出張の多い人には心強い味方になってくれます。
PC・スマホで申し込みOK、申込後2ヶ月間で5回利用すると、1,000円がもらえる特典もあり!

詳しくはコチラ
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外出張の際におこなう業務を「エイチ・アイ・エス」の海外拠点スタッフが代行・サポートするサービス「レンタルHIS」が今月から法人企業向けにスタートしている。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
「iHerb(アイハーブ)」で買える、海外で作られるレベルの高いインスタント食品を3つ紹介します。
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...