100年暮らせて、100%リサイクルできる「ダンボールハウス」

「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、たったの1日で建てられるそうです。

とは言え、すべてダンボールで作られているというわけではなく、中は木目調の仕上がりに。これがまた素敵なんです。

ウッディーな空間を、
自由にアレンジ!

もちろん、キッチンやシャワールームだって取り付け可能。

一見、ダンボールでできた家とは思えませんが、一体どこに使われているかというとーー。

ラッピングしてるんです

オランダ語の「Wikkel」には、包んだものという意味があります。つくりはまさにその名の通りで、木製のフレームにダンボールを24層重ねて巻きつけることで、強度が高まるとのこと。

使われているのは、100%再利用できるリサイクル品のダンボール。耐荷重は6,000kgで、コンクリートの基礎が必要ないそうです。外壁は防水加工を施した木材を使ってカバーしています。

好きなだけ増築できる!

1.2mごとのブロックを繋げて拡張できる仕組み。重さは1ブロックあたり500kgで、長細くても良ければ10個でも100個でも連結してOK。

配送を受け付けているのは、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、ドイツ、フランス、イギリス、デンマークのみ。気になる価格は、3ブロックで25,000ユーロ(約310万円)。

環境への配慮と汎用性の高さが話題ですが、なによりダンボールでできているだなんて驚きますよね。そのほか詳細はコチラで確認できます。

Licensed material used with permission by Wikkelhouse
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、す...
一見、落ち着いたナチュラルスタイルのインテリアに見えて、実は斬新なアイデアが反映されているインド・ムンバイのレストラン「Cardboard」。実は、テーブ...
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサステイナブルに考えている、とい...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれで...
「Slash Objects」のプロダクトは、今年に入り既にデザイン賞も受賞している代物。でもこれ、使用済みの工業資材が使用されたいわゆるリサイクル品。真...