火薬を使って描く「悪の化身」には炎がよく似合う

メラメラと燃え上がる炎の中から姿を現した顔に、ハッと息を呑む。映画『スター・ウォーズ』のアナキンが悪に染まり、ダース・ベイダーとなって生まれ変わった、あのシーンが鮮烈に蘇ってきたから。

迫り来る迫力を、その目で確かめてみましょう!

針ではなく、「炎で刻む」。

タトゥー・アーティストとして活躍するDino Tomicさんは、新しいものにチャレンジしたいという気持ちから、絵の具を使うのではなく、銃弾に使用する「ガンパウダー」で描くようになりました。

彼の生み出したアートは、一瞬で終わるものではなく、完成前と後も魅力的なんです。

黒い火薬を並べた後に、小さなハサミの先を使って、人物のアウトラインを整えていきます。

ふ〜っと息を吹きかけたら、一瞬にして崩れてしまいそうなほど、それは繊細な作業。

火薬の上を炎が通ると、焼け跡が付着し、一つの作品が完成。

『スター・ウォーズ』以外にも様々なモノを描いているんですよ。

目をカッと開いて、燃え尽きるまで見ていたくなります。紙の上で絵の具を乾かして色を定着させるのではなく、「燃やして焦がす」という発想。針を使って肌に刺青を刻むように、炎でしっかりと焼き付ける表現は、タトゥーアーティストならでは。

インパクトある火薬のアートを、最初から最後まで楽しみたいという人は、下の動画をチェックしてみましょう!

Licensed material used with permission by Dino Tomic
Vhilsのグラフィティは、壁にペンキやスプレーで色を塗って描かれているのではない。火薬で「爆破」して描いているんだ。すべてのグラフィティが、爆破によって...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
胸がギュッと締め付けられるほど切なかったり、燃えるように熱い気持ちになったり。自分でもびっくりするくらい、思いにあふれてしまうのが本気の恋愛だと思う。様々...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
ユーザー数400万人を誇るサイエンス系YouTubeチャンネル「Veritasium」が紹介する便利ハックに面白いものを見つけました。それは、原始的な「火...
メガネがよく似合うイラストレーターのMattias Adolfssonさんは、自分をキャラクターにした世界で好きなことに没頭。絵の中で、まるで探検家のよう...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
グロい。グロ過ぎる。でも、精密に作り込まれてる分、かなりリアルに感じる。それにしても、悪趣味だと言わざるを得ない。で、ツッコミたくなる。「おい、どんな時に...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
もじゃもじゃのカーリーヘアの悩み多きな女子がキャラクター。一見派手なヘアスタイルにには様々な問題が…。そんな彼女の心のつぶやきを描いたイラストが、Inst...
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
ロンドン出身のBenjamin Shineは、チュールを使ってポートレートを制作することで知られるアーティストだ。彼の作品は多くの人を魅了し、2017年に...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
初めて見たときの感想は、生き生きしていて「あぁ綺麗だなぁ」。でも、そんな単純なものじゃなかった。よく見るとどの絵にも、端のかすれたところに見慣れたカタチの...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...