旅を映画みたいに残したいなら、あえてのスマホ。

旅で残す写真や映像は絶対にいいものにしたいから、重くてもいいカメラを持っていくという人も多いでしょう。でも、スマホで気軽に撮った画が、映画みたいになるとしたら…。ユニークな機能がたくさん搭載され、思い通りの写真や映像が撮れるドコモスマートフォン V30+ (L-01K)で、最高に満足できる旅の思い出をつくりましょう。

旅がまるごと「映画」になる。

旅の思い出は写真だけじゃなくて、動画で残すと、街の喧騒や熱気もそのまま伝わってきます。
でも、スマホで上手に動画を撮るのって難しいですよね。何に気をつけて、どう撮ったらセンスいい映像になるかわからないから、ただなんとなく撮ってしまいがち…。

そんなときドコモスマートフォン V30+ (L-01K)なら、旅の思い出が映画みたいに残すことができます。Cine videoモードは、クラシック映画みたいな雰囲気や大作映画みたいな迫力ある感じまで、15個のモードから自分のイメージに合わせて動画を撮影しよう。

完璧な「同ポジ」
ハイクオリティなフード写真を。

朝食で食べたフルーツと、お昼にカフェで食べたロコモコ。2つの写真を並べて見ると、構図やサイズが違いすぎて何だかチグハグな印象に…、なんてことがよくあります。
違うお店のお皿のサイズも違う料理を、同じ構図で撮りたいなら、ガイドショット機能が便利。同じ構図で撮りたいとき、スマホの画面上にガイドが表示され、そこに合わせて写真を撮ることができます。また、前に撮った写真を透過させて撮影することもできるから、完璧な「同ポジ」の写真も夢じゃありません。同ポジのフード写真で、Instagramのクオリティを劇的にアップさせよう。

圧倒的な絶景を
圧倒的な表現力で撮る。

スマホで景色を撮ると、自分の目で見てる景色に比べて残念な感じになりませんか?それ、カメラの腕のせいではなくて、カメラの画角のせいかもしれません。
ドコモスマートフォン V30+ (L-01K)には、望遠がキレイなスタンダードアングルと、120度の超広角で撮れるワイドアングルのデュアルカメラが搭載されており、シーンに合わせてワンタッチで使い分けることが可能です。絶景を撮るときにはワイドアングルがおすすめ。自分が見ている視界いっぱいに広がる風景を、見たまま写真で表現できます。

「夜」を、幻想的な思い出に。

ドコモスマートフォン V30+ (L-01K)のカメラはシャッタースピードがマニュアルで調節もできるんです。じつはそれができるスマホはかなりレア。どんな場面で活躍するのかというと、例えばこんな感じ。

ハワイの夜、本場のファイヤーダンスを写真におさめたいけど、普通に撮っても綺麗には写りません。そんなときはシャッタースピードを遅めに設定することで、火の動きが軌跡になり、とても幻想的な一枚に仕上がります。

他にも、シャッタースピードを遅くした場合には白糸のような滝が写せたり、走る車のヘッドライトやテールランプを川のように表現できたり。逆にシャッタースピードを早くすれば、海辺の水しぶきもはっきりと表現できたり、動く人物や動物の躍動感あふれる写真を撮ることができます。

また、速めのシャッタースピードで撮影した動画は、編集でなめらかなスローモーションに。髪が風でなびく様子や車窓から眺める景色など、ビデオグラファーが撮るトリップムービーのように、雰囲気ある映像が残せますよ。

その他にも、旅で活躍するさまざまな機能は、こちらの動画でチェックできます!

「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
9月25日〜10月31日、上海にておこなわれているコンピューターゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」の世界大会に合わせて、「Nike」がブランド初...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
「Moto Zen」のスペックは「電話」と「電話」だけ。必要最低限のコミュニケーションを取りたい人向けのスマホだ。
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
ファーウェイの折りたたみスマホが話題になっていますが、個人的にはコッチの方を早く製品化してほしい!イギリスを拠点に置くデザイナーが考案しているブレスレット...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「塊根植物の正しい育て方」を聞いた。
10月8日、「Nike」が「死者の日(Dia de Muertos)」をテーマにしたコレクションを発表。日本での発売は10月27日より。一部のNike販売...
厚さ約1cmのスマホ「Movi Phone」には、プロジェクターが搭載されていて、最長で6時間も投影できるそうです。加えて、12〜100インチのスクリーン...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
オーストラリアの富豪Matthew Lepre氏が募集している“ある仕事”が注目を集めている。その仕事とは「彼の旅行に帯同して、スマホで写真を撮ること」。...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...