感情にあわせてハートが浮かぶブランデーグラス

アルメニアのブランデーブランド「ARARAT」が半年以上前に発表したブランデーグラスとアプリ。なぜ今さら?と思う人もいるかもしれませんが、ひと目見たときからジワジワ気になっていたんですよね。

詳細はあまり明かされていないので、使い方や仕組みを要約します。

アプリをダウンロードしてブランデーを入れたグラスをデバイスの上に置きます。それを前にして誰かと会話すると、AIがあなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するというものです。

情熱、喜び、悲しみなどに反応するそう。しかも、感情によってハートの形や動きも変わってくるから、デートのときに使ったら恥ずかしくて隠していた気持ちが相手にバレちゃうかも!?気になる人は動画もチェックしてイメージを掴んでみて!

© ARARAT/YouTube
Reference: Adforum
Top image: © iStock.com/-slav-, iStock.com/DOODLING, 2018 TABI LABO
他の記事を見る
千葉県大多喜町にて、日本初のボタニカル・ブランデーを作る試みが始まっている。2015年に閉園した千葉県立薬草園跡地を2017年春に引き継ぎ、 日本初のボタ...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
事前情報無しで聞いても刺激的。でも、その内側の魅力まで見えてくる!
イギリスでは小さなカクテル(マイクロカクテル)が流行っているのだとか。つまり、ショットグラスに注がれるカクテルってことです。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
浅草「神谷バー」発祥の電気ブランというお酒。そのニセモノのお話です。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
チェスが好き、興味があるという人に紹介したい「Square Off」。これ、AIによって駒が自動で動くという魔法のような代物です。専用のアプリを介せば、相...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
さぞかし情熱的な一皿をイメージしてしまいそうな料理名ですが、これはデンマークのおふくろの味「ブランデ・キャルリフ」を和訳したもの。つまり、情熱的な“燃える...