道路を安全に塗り分ける「ドイツの塗料」

環境にやさしく、健康づくりや交通の混雑緩和にも役立つ——そんなポテンシャルを日本でも活かそうと、2017年に「自転車活躍推進法」が施行されました。それに伴って、シェアサイクル施設や駐輪場、公共交通機関との連携などさまざまな政策が検討、実施されています。

「自転車通行帯」の整備もそのひとつ。日本国内では青色で塗装された、いわゆる、ブルーレーンと呼ばれる自転車専用道路を見かけますよね。歩行者と自転車を分けて安全な通行に役立っている反面、雨天時はスリップの原因にもなっているのはご存じでしたか?

実はコレ、日本に限った話ではありません。この問題に対して、ドイツのタイヤメーカー「Continental」が動きました。

 開発された「GRIP LINE」は、ゴムの微粒子が混ぜられた塗料。自転車レーンの塗装材料として使うと、スリップ防止の効果をもたらします。この企業、イタリアで100年以上の歴史を持つロードレース「ジロ・デ・イタリア2019」のスポンサー。大会のレーサーだけでなく、全てのサイクリストの交通安全を考えた結果、このような塗料のプロデュースにつながりました。

同時に「廃棄タイヤの活用は環境にも配慮しています」というのは、環境や自転車政策の先進国ドイツの企業らしいポリシー。

クルマの横を抜ける自転車などの往来が激しい東京でも導入されたら、うれしいですよね。

Top image: © 2019 Continental
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
ペット先進国として知られるドイツ。そんなドイツで「飼い主は1日2回以上、犬を散歩させること」を義務付ける、驚きの法案が提出された。
ドイツで生まれた自転車用リフレクター「FLECTR 360 WING」が、サイクリストの安全をしっかりと確保してくれそうだ。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...