道路を安全に塗り分ける「ドイツの塗料」

環境にやさしく、健康づくりや交通の混雑緩和にも役立つ——そんなポテンシャルを日本でも活かそうと、2017年に「自転車活躍推進法」が施行されました。それに伴って、シェアサイクル施設や駐輪場、公共交通機関との連携などさまざまな政策が検討、実施されています。

「自転車通行帯」の整備もそのひとつ。日本国内では青色で塗装された、いわゆる、ブルーレーンと呼ばれる自転車専用道路を見かけますよね。歩行者と自転車を分けて安全な通行に役立っている反面、雨天時はスリップの原因にもなっているのはご存じでしたか?

実はコレ、日本に限った話ではありません。この問題に対して、ドイツのタイヤメーカー「Continental」が動きました。

 開発された「GRIP LINE」は、ゴムの微粒子が混ぜられた塗料。自転車レーンの塗装材料として使うと、スリップ防止の効果をもたらします。この企業、イタリアで100年以上の歴史を持つロードレース「ジロ・デ・イタリア2019」のスポンサー。大会のレーサーだけでなく、全てのサイクリストの交通安全を考えた結果、このような塗料のプロデュースにつながりました。

同時に「廃棄タイヤの活用は環境にも配慮しています」というのは、環境や自転車政策の先進国ドイツの企業らしいポリシー。

クルマの横を抜ける自転車などの往来が激しい東京でも導入されたら、うれしいですよね。

Top image: © 2019 Continental
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...
ドイツで生まれた自転車用リフレクター「FLECTR 360 WING」が、サイクリストの安全をしっかりと確保してくれそうだ。
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
先月23日、「JAXA(宇宙航空研究開発機構)」が日本人宇宙飛行士を新たに募集すると、萩生田光一文部科学大臣が発表した。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
ペット先進国として知られるドイツ。そんなドイツで「飼い主は1日2回以上、犬を散歩させること」を義務付ける、驚きの法案が提出された。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ユニークなデザイン、卓越した安全性、革新的な機能性が欧米で高く評価されているドイツのベビー用品ブランド「CYBEX(サイベックス)」の日本初のフラッグシッ...
人々の日常に深く浸透しているプラスチック製品が問題となっているなかで、環境に優しい素材として“コルク”が注目を集めている。そこでフランスのデザイナーPau...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
昆虫の数の減少が止まらない。そんな昆虫の減少は、人間を含む生態系全体に対しての脅威となりうる。そんな危機を回避すべく、ドイツで「昆虫保護法案」が発表された。
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
ドイツの化粧品会社「Beiersdorf」のブランド「NIVEA(ニベア)」が、シャワージェルの「リフィルステーション」の運用実験を開始。実験は8〜10ヵ...