クリスマスツリーに光を灯す電気ウナギ、フォロワー数4万超えの人気!

米テネシー州で、電気ウナギによるクリスマスツリーの点灯が話題を集めている。

ツリーが設置されているのは電気ウナギのいる水槽のすぐ横。水槽内でセンサーが電気を感知すると光を灯す......と、同時に、付属のスピーカーから鳴き声まで聞こえるという仕組み。

餌を見つけようとするときに微弱な電気が継続的に放出され、興奮したときには高電圧を放出して、大きな光が灯るのだとか。

「電気の供給役」を務めるのは同州チャタヌーガの水族館で飼育されている電気ウナギの「ミゲル・ワトソン」。ツイッターの専用アカウントも話題を呼び、12月10日現在で4万を超えるフォロワー数を集めている。

Top image: © tristan tan/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
リトアニアにあるヴィリニュス空港が今年のクリスマスを祝うために、さまざまな危険物のオーナメントが並ぶ、全長1.5mのクリスマスツリーを制作した。
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
「SKY」と名づけられたこのライト、パネルを組み合わせたりアプリを利用したりすることで(SiriやAlexa、Google アシスタントでもOK!)、図柄...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...