クリスマスツリーに光を灯す電気ウナギ、フォロワー数4万超えの人気!

米テネシー州で、電気ウナギによるクリスマスツリーの点灯が話題を集めている。

ツリーが設置されているのは電気ウナギのいる水槽のすぐ横。水槽内でセンサーが電気を感知すると光を灯す......と、同時に、付属のスピーカーから鳴き声まで聞こえるという仕組み。

餌を見つけようとするときに微弱な電気が継続的に放出され、興奮したときには高電圧を放出して、大きな光が灯るのだとか。

「電気の供給役」を務めるのは同州チャタヌーガの水族館で飼育されている電気ウナギの「ミゲル・ワトソン」。ツイッターの専用アカウントも話題を呼び、12月10日現在で4万を超えるフォロワー数を集めている。

Top image: © tristan tan/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事