「ダンボール×スマホ」で、おままごとが劇的に面白くなった

時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれですが、「ダンボッコ キッチン」なら、男の子もナチュラルに楽しめそう。

おもちゃなのに「妙にリアル」
そのギャップがイイ

「ダンボッコ キッチン」は、ダンボールとスマホを組み合わせて料理体験をする子ども向けアプリ。映像のとおり、私たちがよく知る「おままごと」がこんなにも進化したことに驚かされます。

まな板で魚をさばく

まな板にスマホをセットして、ダンボールでできた包丁でトントン。小気味良い音と共にいろんなお肉や魚、野菜を切ることができます。

フライパンで魚を炒める

フライパンをふって、傾きに合わせてハンバーグをジュージューと動かしたり、魚を炒めたり、さらには焼き途中の餃子に水を入れて湯気を出してみたり。あまり焼き過ぎると焦げちゃうことも。

鍋ですき焼きを煮込む

おでんやすき焼きをグツグツと煮込みます。フタを開けると湯気が出たり、ヘラでそっとかき混ぜると「とぷん」と沈むような感覚を得ることができたり、蓋を閉めると煮込み音が小さくなったり。ダンボールなのに、どこか暖かみを感じる不思議な鍋なんです。

購入希望者は、こちらから製造元の「カヤック」へお問い合わせを。

遊びとして楽しめるのはもちろん、安全に料理を学べる点もイイですね。

Licensed material used with permission by KAYAC Inc.
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
大勢でスマホ内の動画を見たい時や、思い出をシェアしたい時、様々なシチュエーションで大活躍してくれそうなプロジェクターがある。スマホを設置するだけで、壁に映...
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
撮ったその場で現像できるインスタントカメラが、若い世代を中心に人気を集めている。この流れに乗って、モバイルプリンターを使ってスマホ写真を現像しようという動...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ある日はコックさんに、ある日は憧れのヒーローに、そして、ある日は大好きなママに。たとえ雨が降って外で遊べなくても、豊かな想像力を働かせば、室内遊びはとって...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...
「今のスマホって大きくなりすぎて、ごちゃごちゃしてない?」。そんなふうに考えたのは、フランスのデザイナーPierrick Romeufさん。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
自撮りならカメラよりスマホが簡単。でもスマホだと、性能にはどうしても限界がありますよね。そんな欲張りなひとたちに、朗報です。この悩みを見事に解決した新アイ...
デザイナーKlemens Schillingerさんが制作したのは、スマホ中毒リハビリ用アイテム。これを使えば、スマホをいじっているときの動作ができるそうです。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
この望遠鏡を使って実際に月を撮影した映像がコチラ。「スマホ天体望遠鏡PANDA」というカワイイ名前からは想像が付かない性能の高さが話題のようです。組み立て...
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...