芝生ソファを育てよう!材料は土とダンボール

緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気持ちがいいものですが、こんな楽しみ方もあり。

ダンボールの骨組みに
土と芝を

31c6b0c43b0db60de58c6b69ea0e2b9c62e358c8

このソファ「TERRA」は、イタリアのデザイナーが提案しているもの。仕組みとしては、まずレーザーカッターで切り出したダンボールで骨組みを作り、そこに土をかぶせて形を作ります。さらに芝を植えてしばらくすると、素敵な芝ソファが完成。

21fc64743937ceda2c7f9ef972f0e65af2084317

しかもダンボールで作った骨組みは、最終的には分解されて土に還るそうです。その頃には、盛り上げられた土もしっかり固まっていて、骨組みは必要なくなっているというわけ。徹底してエコなところにこだわりを感じます。

座り心地も抜群な
芝ソファ

A07f39f4cb23d20d00dae69cc9a4432ea2968c63

体重をどのように支えるかが椅子デザインの腕の見せ所ですが、骨組みがダンボールでも土が体重を分散してしっかり支えてくれるため、強度も安心。柔らかな芝で、座り心地も良さそうです。

78966bc15f4602cb4e6a6b584db1cdcae8c06359

小さな子供用から大きな4人掛けソファまで、サイズもさまざま。価格はひとり用の最もスタンダードなもので220ユーロ(約25,000円)。風化しない頑丈なソファを一脚買うと考えれば、それほど高い買い物ではありません。

D7e16946405230a6a4daafb4fec3cc7878df9ed0F1d7ca319d34a6bd364e34d4a716921c8b3a151c

ちなみにダンボールの状態で送られてくるため、大きなソファを海外から取り寄せるより、送料は圧倒的に安くなっています。

KICKSTARTERで
支援を募集中

9697b118a6653eec974ce48217e7dd36669556c8

アメリカの郊外などでは、緑の芝生に包まれた広大な庭が、閑静な住宅街の象徴になっています。日本ではなかなか設置する場所を選びそうではありますが、こんなソファで気持ち良くくつろいでみたいですね。

「TERRA」は現在、KICKSTARTERで支援を募集中。

Licensed material used with permission by nucleo
2枚のマットレスはソファに変身する!?組み立て方はじつにカンタン。①マットレスを2枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。②ジッパーで固定する。③くぼませる。たっ...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
忙しい1日を過ごしたら、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。その時に大事なのが、身...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
意外と高品質かつ、誰とも被らないサンダルをお届け。
ブエノスアイレスのカーペット工場で作られているこちらのウールラグは、敷くだけでその場が芝生みたいに様変わり。公園の芝生に寝転がるのが好きな人は、このデコボ...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
時代の流れにあわせて多くのものが変わっていくなか、まさか、おままごとのアナログ感まで変わることになろうとは。どちらかというと女の子のイメージがあったそれで...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
イギリスの女性デザイナーFreyja Sewell氏が生みだしたのは、“圧倒的にプライベートな”ソファー。そう言われてもピンとこない人がほとんどだと思いま...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
“家庭でダンボールを開ける”。そんなシーンを想定して作れたカッター「オランテ」です。オリジナルの刃は丈夫で長持ち、ガムテープの糊がつきにくいように加工まで...
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
自宅で扱うノートパソコン。どこへでも持ち運べる利点を生かすからこそ、ソファやベッドの上が作業場となる。けれど、意外に効率が良くないと感じた経験があるはずだ...