徹底した美意識と鋭い審美眼、だからプリンスって “セクシー” だったんだ!

昨年4月に、突然この世を去ってしまったプリンス。あまりにも急なニュースに、言葉を失ったのもまだ記憶に新しいです。ディアンジェロ、アウトキャスト、日本では岡村靖幸、スガシカオなど、彼に影響を受けたと公言するミュージシャンは、国内外問わず多数。

中性的であり妖艶であり...彼にしかないスマートさ=“色気” を放つプリンスですが、亡くなった今もなお、多大なリスペクトを集めつづけるその理由は何でしょう?そのひとつの解となる、『ロック豪快伝説』(立東舎刊)に掲載されている、彼の“美意識”が存分に漂うエピソードをご紹介。プリンスのヒット曲「When Doves Cry」を聴きながらご一読ください。

※以下は立東舎文庫『ロック豪快伝説』の「the 豪華絢爛 怒濤の男性アーティスト編」からの抜粋です。

建設費は16億円!
豪華絢爛な“プリンス王国”

 プリンスの成功の象徴に、1987年9月11日、ミネソタ州ミネアポリスに作り上げたペイズリー・パークがある。建設費に1000万ドル(約16億8000万円)を費やした、“プリンス王国”だろう。レコーディング・スタジオにビデオ撮影もできるリハーサル・ルーム、中庭にはギャラリーもある。

そのギャラリーには“殿下”の全米ナンバーワン・ヒット曲「When Doves Cry」(※Dove=鳩 邦題は「ビートに抱かれて」)にちなんでなのか、シフォンの織物とパールで飾られた鳥かごがあり、中につがいの白い鳩が飼われている。鳩の名前は、キリスト教の神を意味するディヴィニティとつけられていた。

ペイズリー・パークのスタジオでは、すべてのアンプが殿下の使いたいときに使えるようにと、24時間いつでもスタンバイ状態。空調も最適な温度に保たれているという。スタジオを取材したイギリスの雑誌『Q』によると、年間の電気代はなんと6万5000ドル(約850万円)もかかるそうだ。 

見えない部分こそ
めぐらせていた美意識

趣味はビリヤードにバスケットボール、バイクに乗ること。映画『パープル・レイン』で殿下がお乗りになられた、ホンダのいかにも高そうな特注バイクを見ても、バイク好きなのがわかる。ただし、特にこだわってお金をかけているものがある。ペイズリー・パークのワードローブ担当、スティシア・ラングはこう言っている。

「ジーンズにTシャツといった格好はしないわね。快適で着心地が良くないといけないの。シルクやクレープが多いのよ。」

見据えていたのは
音楽界の未来だけじゃなく...?

プリンスは90年代から音楽界にデジタル革命が、インターネットの時代が来ることを予測していた。音楽がインターネット上で売買されることに、いち早く注目していたアーティストだった。

90年代後半には、アルバムを自らのホームページで販売。97年の全米ツアーは自力で行い、3000万ドル(約36億円)の利益をあげたと言われている。プロモーターを使わず、ツアー・マネージャーも起用しなかった。また、チケットにアルバムをつけて売ることもあった。いち早く音楽業界にライヴの時代が来ることを予見していたのだ。

プリンスは、音楽業界の預言者だった。誰よりも未来を見ていたのは間違いない。が、自分の未来を見ることはできなかったのか。それともこの世に自分の未来はないと思ったのだろうか?

Top illustration by 鈴木順幸

Reference:Prince
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話をきいています!4回目とな...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
忙しない一週間を終えて、ホッとひと息つきたい週末。一旦アタマをからっぽにして、イギリスのラジオ局「Radio X」が選んだ“おバカ”なミュージックビデオで...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
「プリンス、死す」、そのニュースは世界に衝撃を走らせました。あれから、まもなく2ヶ月。今なお多くのメディアで、彼の遺したメッセージは発信され、その影響力の...
一般的にロックスターは、若くして亡くなってしまう。しかし、彼らは音楽と共にいつまでもファンの胸の中で生き続ける。曲を聞けばステージでノリまくっている姿が目...
官能的で、エロティックで、そして何よりロマンチック――。そんなキスシーンが印象的なミュージックビデオをセレクトしてみました。夏は終わってしまったけれど、こ...
音楽、映画、文学など、誰にだって心のよりどころとしている作品があるはず。そんな“オール・タイム・フェイバリット”を探る週替り連載企画。今週はロック・バー「...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...
プリンのくせにドロドロなんです。
BGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそら...
ところ変われば、プリンの食し方もまたそれぞれ。
運動に対するモチベーションって、少しの工夫で、アップするから不思議なんだよな。と考えていたら、「Elite Daily」のライター Georgina Be...
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...