1994年生まれのわたしが、映画『リバーズ・エッジ』をみて考えたこと。

 

こんなもんなんだよ、青春なんて。

「なんて」って言うとすこしネガティブな感じがしますが、わたしが言いたいのは、「青春って、べつにキラキラしてないんだよな」ってことです。

この作品の舞台である90年代について、94年生まれのわたしはほとんど知りません。でも、満たされているようで満たされない毎日を、平気なふりして過ごそうとする登場人物たちの、複雑さの中でつぶれしまいそうな心境には、ちゃんと共感できてしまったんです。

つぶれそうな自分に気づけなくて

 

『リバーズ・エッジ』に登場する高校生たちは、それぞれ満たされない毎日から目をそらすために、援助交際、摂食障害、ドラッグ、暴力などに依存しています。

その満たされない毎日の原因が一体何なのかわからず、もがいて、もがいて、だけど出口は見えなくて、いまいる場所から身動きがとれなくなって。しかも、未熟であるがゆえに、そういう淵に立ってつぶれそうな自分に気づけない──。

だけど、これ、90年代の高校生に限った姿じゃなくて、現代の若者と何ら変わらないんじゃないかなと思うんです。
わたし自身、上に書いたような問題を抱えていた時期がありました。「助けて」と叫びたいけど、叫び方がわからない。こころはすごく苦しいのに、泣くことができない。振り返れば、そんな不安定な気持ちを必死に隠そうとしながら、毎日を過ごしていたように思います。

傷つきながら、忘れながら、感じながら

 

印象的なセリフがありました。あるシーンでの「これからの未来をどんな風に生きていきますか?」という質問に対する、二階堂ふみ演じる主人公、若草ハルナの回答です。

 

傷つきながら、忘れながら。たまに、泣いたり、怒ったり、笑ったりしながら、感じて生きていきたい。

 

10代は「多感な時期」とよく言われます。でも、人はいくつになっても多感な生き物なんじゃないかなと思うんです。傷つき方も、忘れ方もわからないから、起こる出来事すべてを真に受けることしかできず、何か大きな波に飲まれている気がしていた。そんな時代を経て、ちょっとずつ平気なふりが上手になっていくだけだなって。

よみがえる、10代の頃の閉塞感

 

わたし、もともと原作のファンで、これまで何度も読み返してきたのですが、読後感をうまく言葉にあらわせずにいました。だけど、映画をみて、記事を書き進める中で、ようやく答えを見つけることができたんです。

 

10代の頃に抱えていた閉塞感。

きっと、これだったんです。

見つかるまでに時間がかかったのは、いまのわたしが、10代の頃の心境を思い出せないくらい、平気なふりが上手になっているからなのかもしれません。

もちろん、作品をみて何を思うかは人それぞれです。だけど、はからずも、登場人物の中の誰かに過去の自分の姿を重ねてしまうんじゃないかなと思うんです。それは同時に、いまの自分の立ち位置を再確認して、ちゃんと前進していることを実感するきっかけになるんだろうな、なってほしいなって。

 

 

『リバーズ・エッジ』

2018年2月16日(金)より全国ロードショー。公式サイトはこちら

 

©️ 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会 /岡崎京子・宝島社

本作品『わたしは、幸福(フェリシテ)』のテーマは、本当の幸せとは何なのか?それは、理不尽と不条理に満ちた人生を生きる僕たちにとっての問いかけでもある。
永遠に続くかのように見えるエクセルの行。じつは、最終行があるって知っていましたか?その行数は、なんと1,048,576行!普通に使う分にはこの最終行に到達...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。
『四月の永い夢』、2018年5月12日(土)より全国ロードショーです。
『アップリンク渋谷』は、2017年公開の話題作(全47作品だって!)を、12月23日(土)〜2018年1月26日(金)の約1か月間、特別に再上映してくれま...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
去る1月7日、イーロン・マスクはテスラのスーパーチャージャーについてのツイートをしました。それは、古き良きアメリカを蘇らせる、ドライブインシアターを復活さ...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
昨年まで〇〇会社に勤めていたわたし、リツ(偽名)。わたしが以前、働いていた会社には“変なヤツ”が多くいました。そのため、いつもゴタゴタと次から次へと問題が...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...