「どこの香水?」と聞かれるハンドソープ

はっきり言って、他とはまったく違う。

〈モルトンブラウン〉のハンドソープには、手を清潔にするという以上の効果がある。

一般的なイメージとしては、“英国王室御用達のフレグランスブランド”、“名だたる高級ホテルのアメニティとして採用されている”といったところか。そういえば、友人から“バッキンガム宮殿に観光に行った時、バスルームに〈モルトンブラウン〉が置いてあった”なんてエピソードを聞いたこともあったっけ。

だけど、僕がこのハンドソープを愛用しているのは、決してステータスからじゃない。

ズバリ、香りが圧倒的に素晴らしい! というのが理由だ。

最初に出会ったのは、以前勤めていた会社。同僚がイギリス出張へ行くたびにお土産として買ってきてくれたのが、〈モルトンブラウン〉のハンドソープだった。贅沢なことに、オフィスの給湯室にロイヤルワラントのソープがあったわけだ。結果的にスタッフ全員がいい香りを漂わせていた(笑)。

打ち合わせに来た社外の方に“いい香りの香水を使ってますね”と言われたことが何度かあるぐらい。もちろん、香水じゃないから、周囲にアピールするための香りじゃない。対峙している相手が、ほのかに感じられる程度なんだけど、そこがまたさり気なくて。

なによりも、自分自身の気分がいい。手を洗うたび、そして洗った後も、ふとした瞬間に自分の手から香りがする。それだけでちょっとしたリフレッシュになる。冒頭の手を清潔にする以上の効果っていうのは、そういうことだ。

以来、僕はずっと〈モルトンブラウン〉のハンドソープを使ってる。下の写真を見てもらえばわかるように、ボトルのデザインも高級感があるので、相手の年齢や性別に関係なく、贈り物としてセレクトすることも多い。

とにかく一度このハンドソープで手を洗ってみて欲しい。香りの心地よさに感動するはずだから。

ちなみに、イチオシは男性なら「オレンジ&ベルガモット」。柑橘系でありながら、爽やかさ一辺倒じゃない。香りに品があるのがポイントだ。

もちろん、他のラインナップも素晴らしいので、気になる人は写真の下にあるボタンからチェックを。

イギリス製にこだわる僕にとってグローブといえば〈DENTS(デンツ)〉。200年以上の歴史があり、今でも手縫いで製作、英国王室御用達としてもよく知られる、...
バターと小麦の風味が強く、カリカリした食感で止まらなくなるバタークリスプ。気軽なプレゼントにピッタリだけど、しっかりと歴史がある、ベルギー王室御用達のお菓子。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
世の中に存在するシューホーンの中でも、間違いなく最高ランク。英国王室御用達を掲げる老舗「ETTINGER(エッティンガー)」のものです。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
まあ、ビーチへ行くとか、ビアガーデンで一杯やるとか、人によって夏の楽しみ方はいろいろあると思う。で、僕からオススメは……。
薬剤師と医師の兄弟によって1790年に創業された「D.R.HARRIS(ディー・アール・ハリス)」は、数少ない英国王室御用達ブランド。そんな同ブランドの歯...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
堅牢なスチールに似つかわしくない曲線美といい、ミディアムグリーンの穏やかな色合いといい。無骨な工業製品なのに愛嬌ある佇まいにやられそうな英国製のジョウロです。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
英ロイヤルファミリーのちょっと奇妙なルールをご紹介。王室での生活を覗き見れるようなトピックだ。
1826年創業と歴史が古く、ヨーロッパ各地の王室や貴族御用達と認められた、イタリア・トリノで最初のチョコレート会社カファレル。こだわりのある素材、製法、ホ...
まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
「かぼちゃ」じゃなくて「メロン」でできたジャック・オー・ランタンがおいしそう!ケーキ専門通販サイト「Cake.jp(ケーキジェーピー)」から、マスクメロン...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
多くの課題を抱えながらも、英国の経済状況はここ20年間は右肩上がりです。人口や資源において優位とは言えないはずのこの国が、なぜ国際社会においてこれほど高い...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
チャリティーに力を入れているユージェニ王女がイギリス王室初のPodcastで番組を始める。
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...