クルマの「サブスク」を使い始めた先輩の話が、納得度100%だった

僕の部署には「クルマ欲しいけど、時間もないし、手続きとか面倒だよな」が口癖の先輩がいる。ランチのときも、クライアント先への移動中も……。

僕は、クルマを買うときは「欲しいクルマ」と「値段」で悩むものだと思っていたけど、他にも悩み事は多いようだ。

「買うときの値段もそうだけど、クルマを維持するのには色々な費用が掛かるんだよ。しかもお金だけじゃなくて、やることも考えることもたくさん出てくるし、時間も手間もかかるからね」

先輩はすごく頼りになるから会社でも毎日忙しそうだし、最近は休日も結婚の準備で手いっぱいらしい。オンオフ多忙な先輩にとっては、クルマのことをなかなか落ち着いて考える時間が取れないみたいだ。

ちなみに先輩はいつも「どうやって時間を作ってるんだろう……」と思うくらい仕事も遊びも全力で楽しむタイプで、だからこそ時間や手間を省くための便利なサービスにも目がない。

そんな先輩が、ついにクルマを持ち始めた。しかもレクサス「UX」! あんなに面倒だと言っていたのにいつの間にと思っていたが、どうやら、クルマを月々定額で利用できるトヨタのサブスク「KINTO」を使い始めたらしい。

ついこの前まで「転勤になる可能性もあるし、結婚の予定もあるからクルマを持つのは諦めるか」って言ってたのに……。

諸経費も保険もコミコミ。
「KINTO」はとにかくストレスフリー!

先輩いわく、KINTOは「今の自分にとって理想的なクルマの持ち方」なんだとか。とにかく、クルマを買うときや所有したときにありがちな “ストレス” から解放されるというのだ。

「まずさ、KINTOの定額には自動車税とか登録にかかる費用、任意保険、メンテナンス費用とかの諸経費までコミコミなんだよね。一括で全部お任せできるのがこんなにラクだとは思わなかった」

「しかもKINTOはクレジットカード払いだから、クレカポイントが貯まったら彼女とのマイル旅行に使いたいんだよね」

なるほど…。KINTOなら、申し込む時の保険選びにも、クルマを維持する中での手続きにも悩まなくて良いらしい。たしかに、個別の手続きが必要なくてずっと月額定額のみを支払えばいいっていう仕組みは、シンプルでわかりやすいのかも。おまけにクレカポイントも貯まる。

また、クルマを所持したら「転勤が決まったときは困る」と言っていたけれど、KINTOならその心配もないようだ。

「中途解約したくなったときもWEB上でサクッと条件を確認できるし、精算額の基準が明瞭なのもいいよね。しかも、海外転勤のときは解約金不要なんだって*¹」

→気になる!

「しかも、スマホから申し込めるんだよ?」

KINTOの特長のなかでも、とくに先輩が気にいっていたのが「WEBで申し込みができる」ということだった。

クルマの手続きって、書類をたくさん用意したり何度もお店に足を運ばなきゃいけないイメージだったけど、どうやらそんなストレスは皆無らしい。

「手続きのために貴重な休日のスケジュールを調整するなんて、つらすぎるでしょ? そのたびにお店に行くのも大変だしね」

KINTOなら、24時間いつでも自分の好きなときに、WEBで簡単に申し込みから契約まで済ませることができる。トヨタ車とレクサス車をWEB上で比較できるから、先輩はハリアーとUXで最後まで迷ったそうだ。そして、実は先輩、式場巡りの合間にスマホで申し込みを済ませたらしい。さすが先輩。やることがスマートだ。

→詳しくはコチラ!

「3年乗り換え」で
売るときの心配をする必要もナシ!

3年ごとに乗り換えができるという点は、KINTOを選んだ大きな理由のひとつだったそうだ。

「結婚すると、一気にライフスタイルが変わりそうじゃん? 引っ越すかもしれないし、兼用の1台にする必要も出てくるかもしれない。とは言えまだ先のことはわからないし、いざ買い替えるとなったら、売却先を探したり査定に出したり乗り換えも面倒だよなって思ってたんだ」

「でもそう考えると、3年ごとに自分の状況に合わせてベストなクルマが選べるKINTOってオレたち世代にはすごく相性がいいんだよね。続けたかったらすぐ次の新車に乗り換えられるし、使ったクルマは返却するだけ。売るときのことを考えて気をつかいながら乗る、なんていうストレスからも解放されたよ」

「しかも、3年後のクルマはさらに安全性能とか自動運転技術が進化しているだろうし、そのたびに新車に乗り換えられるなんて魅力的だと思わない?」

—— なんだか、もっと大変なことだと思っていた「クルマのある暮らし」がグッと身近になった気がする!

→詳しくはコチラ!

*¹ 死亡・免許返納・海外転勤等で運転困難や使用困難となった場合、所定の書類の提出等の必要な手続きを実施のうえ、車両返却(車両状態によっては特約精算金をお支払い)いただくことで中途解約金なしで解約が可能。

大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
「2019年にサブスク解禁した有名アーティスト」を整理してみました。
「コロナ災禍下も日本橋から日本を元気にしよう」と、日本橋を代表する老舗店舗が一堂に会したオンラインストア「江戸東京一」がオープン。
出張先で仕事に励むアナタのレンタカー問題に終止符を打ってくれるマツダ「デミオ」。
20代のうちにこれだけはやっておけ。それこそ耳にタコができるくらい、多くのアドバイスを聞いてきたことでしょう。さて、それが一度でも腑に落ちたことがありますか?
ヒュンダイが発表したのは「歩くクルマ」。道路を走行できる上に、脚がグイーンと伸びて、障害物を乗り越えられるような仕様です。
2020年にサブスク解禁「してほしい」有名アーティストをまとめてみました!
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
クルマのオーナー同士が愛車を一時的に交換できるアプリサービス「CAROSET(カローゼット)」が12月10日からスタートしている。クルマを「所有」すること...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
ドイツのスタートアップ「holoride」が開発したのは、クルマの中でプレイするためのVRゲーム。ただ仮想現実を体感させるだけでなく、曲がったり止まったり...
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
先日提供が開始された「VUniverse」は多数のストリーミングサイトを統合したプラットフォームアプリ。このアプリ使えば、あなたが視聴可能なすべての選択肢...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
英国の心意気をもったクルマ、MINIの未来的クルマ「MINI CROSSOVER PHEV」。クルマについての経験ある40代のエディターが一週間プライベー...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
30代に入る事も一つの大きな転機でもあります。20代で許された事が、30代でも通用するかどうか、一度自分自身を見つめ直し、今後のための教訓を学ぶべき一つの...