「息子には申し訳なく思っている」今まで言えなかった、父の本音とは?

親元を離れて、初めて分かることがある。

という言葉をよく耳にしますが、「巣立ち」のタイミングでこれまでのことを振り返るのは、なにも子どもだけではありません。むしろ親の方が子どもの成長を強く感じ、無意識にいろんなことを振り返っていたりするのです。

この動画は、ちょうどそのタイミングを迎えた父親と息子にインタビューをしたもの。


「自主自律、自分のことは自分で考えて自分で行動しろ」
教員でもある父親は、子どもたちにずっとそういう姿勢で向き合ってきました。

スクリーンショット 2015-09-12 13.37.04

そんな父親にとって子供の巣立ちはとても喜ばしいことであるはず。と思いきや、口から出てくるのは意外にも「反省」の言葉でした。

スクリーンショット 2015-09-17 22.11.55

「今思えば、もっと遊んでやればよかった」

「息子には申し訳なく思っている」

息子が小さい頃、仕事が忙しく、土日もろくに遊んであげられなかったのだといいます。

スクリーンショット 2015-09-12 13.47.21

一方の息子はそんな父への「感謝」の気持ちを語ります。

「ノーとか、ダメとか、やるなとかそういうマイナスなことは言わなかったので、感謝している」

父の自主自律の教えは、きちんと息子にも伝わっていたようです。

そんな息子が実家を出て、最初の帰省。

スクリーンショット 2015-09-17 12.31.07

親子ではじめて一緒にお酒を酌み交わしました。
最初はなんだかぎこちない表情の2人ですが…

スクリーンショット 2015-09-17 13.46.43

時間が経つにつれ、父の表情はやわらいでいきます。

スクリーンショット 2015-09-17 12.35.20

満面の笑みを浮かべ、「早く、彼女を連れてこいよ」「信頼されるような人になってほしい」

なんて、上機嫌になって、ついつい今まで言わなかった本音が飛び出す一幕も。

スクリーンショット 2015-09-17 13.43.40

そして、最後にこう呟きます。

「仕事でうまくいかないことがあった時は、いつでも帰ってくればいい、そしてなにも言わずに帰ればいい」。

子の巣立ちはどの親子も通過するもの。でもそのエピソードはひとつとして同じものはありません。「最初は猛反対をされていた」「応援の手紙をくれた」など、人それぞれ異なることでしょう。

共通しているのは、一人暮らしを始めたての頃が、一番強く親の有り難みを感じるということ。それは、時間が経つにつれ、学校や仕事が忙しくなり、親のいない生活に慣れてきてしまうから。

スクリーンショット 2015-09-17 12.36.34

それはもちろん自立できてきた、という証であり、喜ぶべきことですが、親にとっては寂しい気も。
この動画を見終えたら、実家に電話でもしてみるといいかもしれませんね。
それだけでも、親は喜ぶと思いますよ。

Sponsored by ミサワホーム

一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
大好きだったり、ちょっと複雑だったり、一緒に住んでいたり、今は離れて暮らしていたり、お父さんへの想いはきっと人それぞれでしょう。「The School o...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
8〜11歳の娘をもつ22人の父親が、娘と一緒に參加した「Dear Daughters」というプロジェクトがある。フェミニズムを主題にした会話をしていくとい...