つくるのに半年かかる「18万円」のサンドイッチ(動画あり)

一見何の変哲もないように見える、こちらのサンドイッチ。ですが、なんと一つ1,500米ドル(約18万円)もするんです。

th_スクリーンショット 2015-10-07 14.12.37

すべて自家製
18万円のサンドイッチ!?

なぜ18万円もするの?と疑問の方。実は、サンドイッチの材料をすべてゼロから作ったために高くなってしまったのです。トマトの種を植えることにはじまり、養蜂場ではちみつを採取したり海水から塩を作ったりと、かかった期間は6ヶ月。
ここからは、サンドイッチが完成するまでの無謀な企画を紹介します。味の感想は、記事の最後に。

01.
野菜を育てる!
まずは種を植えることからth_スクリーンショット 2015-10-07 11.34.08

ゼロからのサンドイッチ作りを提案したのは、Andy Georgeさん。この企画は、トマトや玉ねぎなど、材料となる野菜の種を植えることからはじまります。

02.
海水から
塩を取り出す

th_スクリーンショット 2015-10-07 16.40.16

海から海水を汲み上げ、その水を沸騰させて塩を取ります。塩を飛行機で運ぶ時は、ちょっと怪しまれそうですが…。

03.
自家製ピクルスをつくる

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.38.50メイソンジャーにきゅうりと塩水をいれて沸騰させ、少し寝かせてピクルスを作ります。

04.
手しぼりで牛乳を採取

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.38.59牧場にいって乳しぼりを体験。新鮮な牛乳をしぼります。

05.
新鮮な牛乳から
チーズとバターをつくる

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.39.39チーズは、牛乳を沸騰させてその中にお酢をいれてかき混ぜます。沸騰した牛乳をざるで濾して、水気をとったらチーズの完成。

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.41.31一方で、バターの作り方は少し特殊。ビンに牛乳と生クリームと塩をいれて、中身が出ないよう蓋をして勢いよく振ります。その後に、ざるで濾して完成。

06.
パンの材料となる
小麦を収穫

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.39.53th_スクリーンショット 2015-10-07 12.21.06収穫した小麦を脱穀して、玄麦にします。玄麦を集めてミキサーにいれ、粉になるまでまわし続けます。Georgeさん曰く、家でやると散らかってしまうので注意が必要だとか。

07.
養蜂場で
天然のはちみつを採取

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.40.53はちに刺されないように防護服をきて、巣箱から巣板を取り出して採蜜。なかなか手間がかかりますね。

08.
パンも手作り

th_スクリーンショット 2015-10-07 13.00.16採ってきたはちみつや、粉にした小麦、イースト、砂糖や塩などを混ぜて発酵させます。th_スクリーンショット 2015-10-07 14.07.16その後、オーブンで焼き上げて完成。

09.
養鶏場で
鶏をしめる

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.42.26ここまでしなくても…と思ってしまいますが、実際に生きた鶏を購入し、その場でしめます。

10.
最後に
育てた野菜を収穫

th_スクリーンショット 2015-10-07 11.48.27トマトや玉ねぎなど、種から植えて育ててきた野菜を収穫。これで材料はすべて揃いました。あとは、サンドイッチを完成させるだけ。

6ヶ月かかったサンドイッチ
気になるその味は…
「まあまあ」

th_スクリーンショット 2015-10-07 16.41.57

うーん、そうだね。どっちかというと、そんなに悪くないよ。悪くはない。6ヶ月かけたけど、まぁこんなもんだね。決して悪くはないんだけどね

6ヶ月、18万円かけてつくったサンドイッチの味は、可もなく不可もなくといった様子でした。
実際にやってみたい!という方や、本当に全部やったのか疑いのある方は、動画をチェックしてみては?(2分33秒には、鶏をしめるシーンがあるため閲覧には注意してください)

Licensed material used with permission by How To Make Everything

焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
ピクニックランチの定番がおにぎりではなく、サンドイッチという人も多いはず。思いっきり詰め込んだ「沼サン」は見た目も派手だし、確かにインスタジェニック。けど...
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
インドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台...
世界にはパンが好き過ぎて、偏愛を通り越し、パンへの変わった「愛情表現」を続けている人がいる。その名も「Bread Face」。パンに顔を乗せる動画をIns...
埼玉にある自家製酵母のベーカリー「タロー屋」では、季節折々の自家菜園の素材で酵母を起こし、その酵母でパンを焼いている。だが、この記事で注目したいのはパンで...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
アメリカにおいて、元祖ホットサンドといえば「グリルドチーズサンド」でしょう。映画やドラマのワンシーンでもたびたび登場する、とろ〜りとろけるチーズをこんがり...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「パンプシェード」は本物のパンをくり抜いてコーティングした「パンライト」。間接照明にもぴったりな味のある仕上がり。廃棄をみるのが耐えられないというアイデア...
オーブンも、発酵器も不要。フライパンを使った「チョコパン」レシピのご紹介。発酵時間を除けば、所要時間わずか20分!動画はたったの3分ですが、作り方のポイン...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
朝はパンと決めている。鉄のフライパンをあたためて、厚切りの食パンをのせ、焼き色がついたら裏返す。バターをのせるのか、ジャムはどうするのか。カリカリに焼いた...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...