クメール・ルージュによる大虐殺を描いたアンジー監督最新作『最初に父が殺された』

1970年代にカンボジアで起きた大虐殺。ポルポト政権になってから、わずか4年間で人口が3分の1に減少したとも言われている。死傷者数については様々な推計があるが、有力なのはおよそ170万人とのこと。

現在、Netflixで公開中のアンジェリーナ・ジョリー最新作『最初に父が殺された』は、カンボジアの作家であるルオン・ウンによる手記『最初に父が殺された(原題:First They Killed My Father)』をベースにしている。

オリジナルの映像作品と言えども、実話に基づきながら制作された本作は、当時の惨劇を徹底したリアリズムで再現している。

アンジーとカンボジアの接点

4e03b3aac4cb3b77d95bdbfb7bcb3d40af797a31

Netflixオリジナル映画『最初に父が殺された』より

今やハリウッドを代表する女優であるアンジーとカンボジアの接点は、2001年にさかのぼる。

彼女の主演作『トゥームレイダー』の撮影でカンボジアを訪れた際、その歴史を学んだことがきっかけとなったようだ。その後、アンジーはカンボジア出身の長男のマドックスくんを養子に迎えている。さらに、環境基金を設立した彼女は、その功績が認められ国王からカンボジアの市民権を付与されたりしている。

本作品の脚本は、ルオンとアンジーの共同で書き上げられた。原作に感銘を受けて、長い時間をかけて温めていた構想が満を持して映像化にいたったようだ。

生き地獄の中で揺れ動く
少女の運命

64651b9bc36af1c04b9af9800e99458cc3386769

Netflixオリジナル映画『最初に父が殺された』より

物語の主人公は、首都プノンペンで裕福に暮らしている5歳の女の子。ある日、突然、家を追われることになる。間も無く、父親は殺されて、兄弟姉妹はバラバラとなってしまう。その後、幼いながらもサバイバルして、強制労働のキャンプ場で恐怖に怯えながら生活をすることにー。

そんな生き地獄のような状況が、全編に渡って、女の子の視点を通して描かれているのだ。とてつもない緊張感と恐怖の中で、揺れ動く少女の運命に片時も目を離すことができない。

想像を絶する惨劇

Dd0458fb121497c54a5e0fb4b87b5ec476f8dec7

さて、僕がプノンペンを訪れたのは随分と前になるのだが、当時受けた大きな衝撃は、いまも心の中に残ったまま。

大量虐殺が行われた場所として知られるプノンペン郊外にあるキリング・フィールド。慰霊塔の中には、当時、虐殺された人々の頭蓋骨が数え切れないほどに積み上げられていた。

異様な光景を見た後に向かったのが、トゥール・スレン虐殺犯罪博物館。ポル・ポト率いるクメール・ルージュは、学校であったこの場所を収容所にした。そして、反革命分子の疑いをかけられた人々の拷問を続けたのだ。思わず息を飲んだのが、おびただしくも機械的に並べられた人々の顔写真。処刑される前に撮影された表情からは、「諦め」しか感じられなかった。

さらに尋問が行われた部屋には、ベッドに血のりがべったりと残り、重たい空気に支配されていた。拷問の道具は、身近なワンタッチ傘も使われたという話を聞いてゾッとした。なぜなら、この狂った大虐殺は、遠くない過去だと僕に実感させたから。

2ae51c85cf1d3d7c9a726efc428e8fef67e57fe5

怒りの感情を抱いたのは、当時の様子を描いた1枚の絵。生まれたばかりの赤ん坊を放り投げて、それをゲーム感覚で射殺していた絵だった。その絵の前では言葉を失い、しばらく、動けなかったことを昨日のことのように覚えている。

Bbac7e9ec6869e76e5bfd82344a60b19885ab07c

Netflixオリジナル映画『最初に父が殺された』より

アンジーは、本作において次のように語っている。

「この映画は、私のカンボジアへの感謝を表したものです。この国に来ることがなければ、母親になることもなかった。この国のこと、息子であるマドックスの両親が経験したかもしれないことを理解したかった。この映画の目的は、戦争という状況で子どもたちが直面する恐怖を語って、彼らを守る手助けをしようと伝えること」

彼女が渾身の力を込めた最新作から、何かを感じて欲しいと願っている。

Netflixオリジナル映画『最初に父が殺された』独占配信中

Licensed material used with permission by 最初に父が殺された
ここにあるのは、奇跡のような写真たち。だけど同時に、殺された誰もが本当は、持っていた未来だった。
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
殺される夢というのは、どうしても不吉なイメージが付きまといます。しかし、死に関することを無意識が直接的に夢で表現することはなく、殺される夢もまた再生や転機...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
本作品『危険な関係』は、フランス貴族社会を舞台にW不倫をする夫婦の物語。外交官の夫、美貌の若妻。世間的にみれば眩いパリの社交界で注目を集める2人。だが、密...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡を...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
サウジアラビア文化情報省が、12月11日に映画館の営業を35年ぶりに解禁することを発表した。一番最初に公開されるのが『少女は自転車にのって』ということを知...
『黒帯KURO-OBI』『ハイキック・ガール!』など、凄いアクション映画を日本から世界に送り出すことを可能にした映画監督西冬彦。海外の映画を買い付けるバイ...
映画『ノクターナル・アニマルズ』は、グッチやイヴ・サンローランのクリエイティブディレクターを経て、自身のブランドを立ち上げたファッション界のアイコン、トム...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
思春期の少年には、子どもから大人へと成長する過程で、避けては通れない“通過儀礼”がある。母親との衝突だ。母からの無条件な愛は感じるのだけれど、一方、母とい...
人気、実力共にフランスを代表する監督になったフランソワ・オゾン。最新作『婚約者の友人』は「嘘」について描かれた映画だ。第一次世界大戦後のフランスとドイツを...
決して、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが極上のミステリーを繰り広げるわけではない。それでも、Oliver Astrologo氏が撮影した映像は...