ここまでできちゃう!予算$500、ハワイ満喫デイプラン

旅先ではどんな場所に行きたいですか?できるなら、定番ばかりではなく、ちょっと写真映えするような最新のスポットにも行ってみたいですよね。

常に新しいスポットが生まれるハワイは、いついっても、いくらお金があっても足りないくらい魅力がたくさんです。そんな中、旅行という限られた時間で、どれだけ遊べるかを考えるのって大変ですよね

もし、そんなハワイで、朝ホテルを出てから帰るまでの一日、$500で定番も最新も、グルメもアクティビティも楽しめると言ったらどうしますか?

嘘でしょ、と思った方は、ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてください。

ピンク・パレスで優雅な朝食
$10

6576833256488960

ワイキキでも一際目立つピンク・パレスこと、ロイヤル・ハワイアン・ホテルが創業90周年を記念して2017年にオープンしたのが「ロイヤル・ハワイアン・ベーカリー」

ココナッツの木々からキラキラと朝日が漏れるラナイは、緑色とピンク色が映えて、いるだけで優雅な気分になれます。7:00のオープンとともに足を運ぶと、バナナブレッド、マフィン、クロワッサン、デニッシュ、クッキーと悩んでしまうほどのペストリーが並びます。

ラナイでワイキキの風を感じながら、優雅に1日をスタート!

【合計$10】

潮が引くと現れる「天国の海」ツアー
$135

6571431798243328

せっかくハワイに来たのなら、人混みの少ないビーチを訪れたいですよね。ワイキキから船で15分のところに「天国の海」と呼ばれる絶景サンドバーがあります。

時期によりますが、潮の引き具合で真っ白なサンドバーが顔を出し、360℃見渡す限り、コバルトブルーの海が広がる様子は、息を飲む美しさ。

ワイキキからツアーを出しているキャプテンブルースでは、ウミガメへの遭遇確率が高いスポットに寄ったり、サンドバーでのシュノーケリングもできるので、ハワイの海そのものを満喫することができます。

【合計$145】

6500235467554816

今大注目のレストランで贅沢コースランチ
$50

6126690350661632
© Ryan Yamamoto

2016年にチャイナタウンにオープンした「セニア」で、贅沢な創作料理のコースランチでハワイの“今”を味わいましょう。

アラモアナ・センターの高級レストラン「ヴィンテージ・ケーブ・ホノルル」の元料理長と、ミシュラン2つ星を獲得したロンドンのレストランで腕をふるっていたシェフが作る料理の数々は、どれも独創的で、見た目も味もワールドクラスレベルです。

ちょっとお値段は張りますが、今ハワイで注目を浴びる新レストランの味をぜひ味わってください。

【合計$195】

オリエントな風を感じる、アートな午後
$20

59875811917824005330365027713024

ゴッホ、モネ、ゴーギャンなどの巨匠の作品から、エジプト、ギリシャ、東南アジア、日本の美術作品までが収蔵された「ホノルル美術館」はアート好きなら、ぜひ訪れてほしいところ。

館内はフラッシュをたかなければ撮影もすることもできますし、見応えもあるので2時間はじっくり過ごすことができます。

美術品だけではなく、館内にはテーマに沿った5つの庭園があり、とくに地中海オリエントスタイルの庭園は撮影スポットとして人気。ターコイズブルーと白の壁は、雰囲気抜群です。

【合計$215】

ホノルル生まれのクラフトビールで乾杯!
$20

散策したあとは、「アロハ ・ビール・カンパニー」のクラフトビールで乾杯!17:00くらいから混み始めるので、少し早めから飲んじゃいましょう。

隣の施設で醸造を行っており、ペールエールやIPAなどフレッシュで爽やかなものから、ポーターなど香ばしいものまで常に約10種類のクラフトビールが用意されています。好きなビールを注文してもよいですが、いろんなビールを試したい方は、4種類のビールを楽しめるテイスティングセットがオススメです。

【合計$235】

夜空を眺めながらの爽快アクティビティ
$135

5273576164818944

サーフィンやダイビングのようなハードなアクティビティはちょっと……という方には、のんびりしながらできる「ナイト・サップ・ヨガ」がオススメです。

海に浮きながらボードの上でヨガをするサップ・ヨガは、自分のペースでゆっくりできるアクティビティです。ちょっとバランスを取るのが難しいかもしれませんが、海に落ちちゃってもハワイの海ならきっと気持ちいはず!夕日の時間から始まって、海に浮きながら星空を楽しめるので、いつもとちょっと違うワイキキを感じることができます。

【合計$370】

ワイキキといえば!手でがっつくシーフード
$50

5329948952756224

体を動かした後は、ワイキキで絶対に行っておきたいレストラン「クラッキン・キッチン」でのディナーで〆ましょう。

ここでオススメなのは、ケイジャン・シーフード。テーブルの上にそのまま載せられたシーフードを手で食べるスタイルで、カニ、エビ、貝などのシーフードに、甘辛いケイジャンソースがからまり、手が止まらない旨さです。

ハワイの絶景、グルメ、アクティビティ、アートと全てを網羅した一日、おつかれさまでした!

【合計$420】

交通費を払っても少しお金は余ります。残ったお金でお土産を買って帰りましょう!

現地でのプランが決まったら
あとはフライトとホテルを決めるだけ!

現地でやりたいことはたくさん思い浮かぶけど、忘れちゃいけないのがフライトとホテル。現地に到着する時間や、拠点が決まらないと、予定も立てられません。

フライトやホテルは、調べたり予約するのに意外と手間がかかります。そんな時こそ、フライトとホテルを一度にまとめて予約できるJALダイナミックパッケージなら、予約の管理もしやすく便利。

思い立ったら吉日。絶景もグルメもアクティビティも揃ったハワイ、いってみませんか。

4717549161807872
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
ハワイ旅行に出かけたとき、せっかくなら「かわいい写真を撮りたい!」と思う女性は多いと思います。しかも、まだ誰も見たことがない写真ならなおさら自慢できちゃう...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
ここでは『ハワイベストレストラン2015』(実業之日本社刊)で紹介されている192店のなかから、とくに評価の高い18店をご紹介!ハワイ好き、ハワイ通、ハワ...
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
「ええっ、ハワイで鍋?」なんて驚いてしまう人たちは、ハワイ通とは言えません。実はここ数年、常夏のハワイで鍋が大ブーム。その火付け役ともなった「Sweet ...