心が疲れて涙がでるとき、あなたに伝えたい「とっておきの国」がある

ここ最近、終電ギリギリで家に帰る生活が続いている。仕事はやりがいもあるし楽しい。……楽しいはずなのに、飲みに行く元気もない自分にすこし、涙が出た。

こういう時はきっと、“誰かに必要とされる自分”を優先しすぎて、バランスが崩れてしまっている。

大切なのは、とことん自分の好きなように過ごす時間をつくってあげること。

週末が来たらぐっすり寝て、『自分で自分を甘やかすためだけの計画』を立てよう。

“心のチャージ”に
最適な場所は、カナダ🇨🇦

6147951646736384
©Travel Alberta / Mike Seehagel

旅行先や、移住先として人気が高いこの国は、日本人にはかなり馴染みやすい場所。物価もあまり変わらないし、清潔さや気遣いの感度も似ているから、はじめてでも緊張はすぐにほぐれるはず。

観光地としてよく知られているのは、バンクーバーやトロントの大都市。けれど今回フォーカスしたのは、アルバータ州とイエローナイフ。

この2つの場所は、視界いっぱいに広がる自然と、今まで体験したことのない感動で、くたびれた心を癒してくれる。例えば、こんなふうに。

「考えること」を手放して、
広大な自然に身をゆだねる

6574864349528064
©Scott Kranz @scott_kranz

ユネスコの世界遺産に登録されている、『カナディアン・ロッキー山脈自然公園群』は、写真でもうっとりしてしまう。

忙しない話し声、電車の音、触れ続けていたノイズから切り離されて、のびのびと空を飛び交う鳥の鳴き声や、髪を揺らす風の音だけに支配される。

共存している生き物や、自然の音だけが流れる空間に身を置くことは、思っている以上に難しいもの。目の前に広がる景色を、ただただ胸がいっぱいになるほど「美しい」と感じることで、心はやわらかく、開放的になっていく。

5111054468120576
©Masami Tanaka

「一度はこの目で見たい」と、バケットリスト入りされることも多いオーロラ。カナダのイエローナイフは、「オーロラオーバル」という地球を上から見るとドーナツ状になっている北緯60度付近に位置していること、冬の天気が安定していることが合わさって、遭遇できる確率は世界トップクラス。

イエローナイフは、『オーロラこたつ』を世界で唯一体験できる場所でもある。日本の冬よりはるかに寒さが厳しいけれど、顔だけ外に出して、体はポカポカの状態で眺められるみたい(笑)。

ここでしか体験し得ない非日常は、心に新しい風を吹かせてくれるに違いない。「世界って広いんだなぁ」なんて聞き慣れた言葉だけれど、実感したときに得られるものはきっと、多いよね。

「美味しい × 嬉しい」のかけ算で、
お腹も心も満腹に

6076577678884864
©Victoria Wakefield @picobac

カナダで最も有名な牛肉のひとつ、『アルバータ牛』は、アルバータ州で古くから愛され続けてきた名産品。土壌に恵まれたこの土地の草と水で育てられているから、とってもやわらかくて、焼いてもジューシーなのが特徴。

豪快に、分厚いステーキとして食べるのが定番。オーブンでじっくり火を通して、肉汁を閉じ込めたローストビーフもいいけれど、ここは地元の人たちと同じように、思い切り味わえるビーフステーキを。「自分、毎日仕事お疲れさま!」と心の中で褒めたたえながら、ビールと一緒に味わおう。

「なんて素晴らしい街なんだ」って、心も一緒に満たされるはず。

6068041028730880

イエローナイフを訪れたら、欠かせないのが『極北料理』。バッファロー、カリブー(トナカイ)、マスコックス(ジャコウ牛)、極北イワナを使った料理が有名で、寒さに耐える体力をつけるため、古くから伝わる大切な“地元メシ”。

オーロラを見に行く前に極北料理をがっつり食べて、心と体を整えよう。「クラムチャウダーも絶品!」という声も多いから、テイクアウトしてオーロラの観測地に持って行ってみてほしい。

オーロラの下で食べる、クラムチャウダー。……想像するだけで、格別。

「またおいで」の優しい言葉は、
心の余白をつくるお土産

5320300241616896
©️Canadian Tourism Commission

アルバータ州の二大都市である、カルガリーやエドモントンは、街を通る電車の数も多く、街並みも都会的。アクティビティや買い物できる場所も多くて、元気が湧いてくる活気のある雰囲気。

一方、バンフは徒歩で周れるくらいに小さな街で、流れる時間もゆったりしているからこそ、一息ついて休憩したい時にはぴったりだ。おみやげ屋さんやパン屋さんが、ちょこちょこ連なる街の様子が可愛らしいし、すぐ近くにエメラルドグリーンの湖。見晴らしのいい高台から、街を一望することもできるから、カメラ片手に散歩するのが楽しい。

遊ぶところは都会のように多くないけれど、だからこそ、この地で暮らしている人たちや、同じように旅しに来た人たちとの、心の距離が近くなるはず。「さようなら」より「また来るね」って、言える場所ができたら、こんなに嬉しいご褒美はないよね。

5912140879757312

冒頭でさらっと紹介してしまいましたが、カナディアンロッキーには見所がたくさん!大自然の絶景やアクティビティ、癒しまで、全てを網羅した「3日間モデルプラン」を考えてみました。

【冬のアルバータ満喫3日間モデルプラン】を読む

さらに、オーロラを撮り続けて約20年の写真家・田中雅美さんが納めた「3つの特別なオーロラ」も下記の記事で紹介しています。

【写真家が納めた特別な3つのオーロラ】を読む

Top photo: ©︎Travel Alberta

アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
ブッダは悟りを開く前に、数年にわたり生死の境を行き来するような苦行を続け、その後、苦行のみでは悟りを得ることができないということを理解したそう。苦行の一つ...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
茹でてクタクタになった素麺が激変!
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
独断と偏見でピックアップしました。
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
寒くなると、多くの人が身につけるこの手袋は、2010年のバンクーバー冬季五輪にあわせて、大手デパート「Hudson's Bay」が発売したのがはじまり。1...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
ハワイ生まれの大学生であるAllison。22歳という年齢で50カ国以上を旅した彼女は、法律事務所で働きながら、SNSのコンテンツ制作の仕事をこなして旅費...