自宅からオンラインセッション!「遠隔合奏サービス」のベータ版が無償公開中

離れていても自宅などから複数人で合奏が楽しめる。一瞬「?」と思うようなサービスが今年6月頃に正式公開される予定だ。

これは、「ヤマハ」が提供するオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」のことで、先行して、ほぼ同等の機能を持つベータ版「NETDUETTO β2 」が現在公開中だ。

同サービスは、インターネット回線を介して遠隔地にいる複数のユーザー同士(最大5拠点)でのオンラインセッションを実現。自宅などのPCにアプリケーションをインストールし、ユーザー登録をおこなえば無料で利用できる。

一般的な遠隔会議システムは通話や会議を想定していることから、一定の音声の遅れが生じるが、この「SYNCROOM」では、オーディオデータの双方向送受信を極力小さな遅れで実現する独自の技術で、安定した回線環境下であれば違和感をほとんど感じることなくオンラインセッションを楽しめる。

昨年12月に、東京・品川と静岡県浜松市の子どもたちが、バンドセッションした様子なども以下より観てもらいたい。このサービスが明るい笑顔を人々にもたらすのに貢献できることがわかるはず。

© Sony Network Communications / Youtube
©ヤマハ

『SYNCROOM』
【公式サイト】
https://syncroom.yamaha.com/
※現在ベータ版を無償公開中、今年6月頃より正式公開予定

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事