ビーチだけとか思ってない? 世界的リゾート島「プーケット」の魅力

どこで遊ぼうか迷ってしまうほど美しいビーチがたくさんあって、

高級リゾートからファミリーで気軽に泊まれるホテルまで充実していて、

日本人の舌にも合うローカルフードが美味しくって、

エキゾチックな街並みも堪能できて、

しかも、日本からアクセスがいい「南の島」

こうやって並べてみると、プーケットが旅行先として人気が高い理由がわかります。

しかも、最近では世界最大規模のLCC(ローコストキャリア)である「エアアジア」を使うことで、より安価に、乗り継ぎもラクに、訪れることができます。

その魅力をギュッと凝縮して紹介していきましょう!

【飛行機】
プーケット行きは、
乗り継ぎがポイントに!

残念ながら、日本からプーケットへの直行便はありません。ですから、まずバンコクやクアラルンプールまで行って、プーケット行きの飛行機へ乗り継ぐのが一般的です……と聞くと面倒なイメージを持ちますよね? でも、「エアアジア」を利用すれば、乗り継ぎがグッと簡単になります。

その理由は手荷物の受け取りと入国手続き。

まず、手荷物はプーケットで受け取ればOK。バンコク経由でもクアラルンプール経由でも、乗り継ぎの際にいちいち受け取る必要はありません。入国手続きも同様、乗り継ぎの際に入国審査の必要はありません。このように「エアアジア」での乗り継ぎは、とっても簡単なんです。

気になる便数ですが、「エアアジア」のバンコク便は、成田国際空港からは1日2便、関西国際空港からも1日1便と充実しています。

世界最大手のLCCである「エアアジア」。LCCといえばチケットが安いというイメージばかりが先行していますが、こういった部分でもメリットがあるんですね。

 【ホテル】
世界的リゾートだからこそ、
スタイルはさまざま

プーケットは日本人だけでなく、世界中から観光客を集めている一大リゾート地。だからこそ、ホテルも有名高級チェーンから、コスパのいいところまでさまざま。旅のスタイルに合わせて選んでみて!

海を見渡せるスペシャルなホテル
〜プルマン プーケット アルカディア〜

高級ホテルが立ち並ぶナイトンビーチの近くのエリア。そのなかでも、傾斜を利用して建てられた『プルマン プーケット アルカディア』は、景色が素晴らしいことで有名です。

ヨーロッパ資本のホテルらしいゴージャスなパブリックエリア&客室、もちろんインフィニティプールもあります。

設備も素晴らしいですが、このホテルの魅力はただ豪華なだけでなく「スタイリッシュ」であること。2013年にオープンした新しいホテルなので、モダンな雰囲気が際立っています。

最高の贅沢をしたい人には、ぜひオススメしたいホテルですね♪

手頃な価格で、リゾート気分も満喫
〜バンガロー型ホテル〜

カジュアルにプーケットを楽しみたい! そんな人には、バンガロータイプのホテルもオススメ

日本では離れのある宿となると、お値段も跳ね上がりますが、プーケットでは比較的手頃な価格で宿泊可能。立地や設備に関しても、ビーチの近くやプールもしっかり付いているところも多く、カジュアルといっても、十分に贅沢な時間を堪能できます。

ファミリーや気の置けない仲間、あるいはカップルでも。

高級ホテルじゃなくても、リゾートを満喫できるーーこれもプーケットの魅力なんです。

【街歩き】
アジア×ヨーロッパの不思議な街
「プーケットオールドタウン」

プーケットの魅力は海だけじゃなく、街に出ても楽しめるところ。そこが、他のリゾートとは、違う部分です。

とくに「プーケットオールドタウン」と呼ばれるエリアは、“シノポルトギース”という欧州風の建物が立ち並ぶ、ちょっとエキゾチックな街並みが新鮮。ぜひ訪れてみて!

Photo by istock.com/ Purple-Gecko
Photo by iStock.com/ Purple-Gecko
Photo by iStock.com/Alan Lagadu

ヨーロッパの街並み!?

一歩足を踏み入れると、そう勘違いしてしまう「プーケットオールドタウン」。ここは観光客だけでなく、地元の人たちも遊びに来るスポットです。

昼間だけでなく、夜も魅力的!

ローカルフードは食べ歩きにぴったりだし、ちょっとした雑貨の買い物も楽しみのひとつ。

ちなみに、露天でのオススメはエッセンシャルオイルをはじめとするケアグッズ。瓶詰めされた手作りのオイルなどがプチプラで売られています。

地元の人が愛用しているオーガニックなものも多いんですよ。

 【ビーチ】
有名から無名まで…
ビーチホッピングは、どう?

仲間でワイワイ盛り上がるもよし、カップルで誰もいない砂浜を独占するもよしーープーケット島には、海沿いに無数のビーチがあります。

どこにいこうか迷うこと必至…となれば、ひとつに絞らずに、ビーチホッピングはどうでしょう?

Photo by Visun Khankasem / Shutterstock.com

プーケット島には至るところに、白い砂浜と青い海が! 

有名どころなら、白い砂と青い海が「ベストビーチ」の呼び名も高いナイトンビーチ、仲間や家族でワイワイ盛り上がりたいなら、有名なパトンビーチもあります。

このふたつのビーチから、ちょっとトゥクトゥクで移動すれば、鳴き砂で知られるカロンビーチ、のんびりと過ごすのにぴったりのカタビーチ、さらに南下していくとローカルな穴場ビーチだって。

トゥクトゥクやタクシーを使って安価で移動しながら「ビーチホッピング」を楽しむのもベター。自分だけのお気に入りのビーチが見つかるかも!?

【タイフード】
日本でも人気のタイ料理
プーケットならBBQで!?

世界的リゾートであるプーケットでは、日本食からフレンチ、中華まで、さまざまレストランがありますが、やはりタイ料理を満喫したいところ。

日本でも人気のタイ料理ですが、プーケットでは新鮮な魚介類を使ったローカルメニューが狙い目です。

Photo by Shanti Hesse / Shutterstock.com

マーケットでは、店頭に魚やエビなどを並べているレストランを簡単に見つけることができます。

店頭で好きな食材を選んで焼いてもらうーーいわゆるシーフードBBQスタイルのお店は、まさにプーケットならでは!

お洒落なレストランもたくさんありますが、もっとローカルな雰囲気を!という人には、オススメです。

なによりも、とってもリーズナブルで美味しいんです!!

【景色】
じつはスペシャルな夜景を
楽しめる絶景スポットも!

ホテル、マーケット、ビーチ、食……じつは、プーケットの魅力はまだまだあるんです。

一度は訪れたことがあるという人も、ここにはまだ足を運んでないのでは?

カップルに大人気!
〜ランヒル緑地公園〜

プーケットの街と海を見下ろす丘の上にあるランヒル緑地公園は、隠れた人気スポット。ガイドブックにもあまり掲載されていませんが、地元カップルのデートの定番だとか。

その魅力は、展望テラスからの眺望

ビーチや街の喧騒に飽きたら、こんなところでのんびりするのもアリですね〜。

 

サンセットは海沿いで
〜ルーフトップバー〜

Photo by AleksandrN / Shutterstock.com

ルーフトップバーと言えば、高級シティホテルの高層階のイメージ。でも、プーケットにあるバーは、同じルーフトップでもせいぜい4階ぐらいの高さ。そのかわり、目の前には美しい海が……。

BGMは波の音、サンセットを眺めながら、都会では絶対に味わえないリラックスした気分が味わえます。

高さだけが、ルーフトップバーの魅力じゃありません!

“あの人”が案内!
プーケットの魅力をムービーで 

ここまででプーケット熱が高まったアナタに、最後に見てもらいたいのが、このムービー。エアアジアとブランドアンバサダーのすみれがコラボレーションし、プーケットの興味深い数々のスポットを紹介。

これを見れば、この冬の旅行先は決まるはず!?

【エアアジアについて】

アジア最大級かつLCC(ローコストキャリア)のマーケットをけん引するエアアジアグループは、アジア・オーストラリアを中心に24カ国100以上の都市に就航しています。わずか2機の飛行機でスタートした事業は、就航から15年を迎え、200機以上の機体を保有し、3.3億人を超えるお客様にご利用頂くまでに成長しています。エアアジアはASEAN(東南アジア諸国連合)を代表する航空会社として、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、インド、日本に拠点を置き、ASEAN全加盟国のみならず、アジア全域さらにアジア以外の地域に広がるネットワークを提供しています

airasia.com

Sponsored by エアアジア
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
心温まる動画をご紹介。
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「The BEACH BURGER HOUSE」があるのは、2017年に大きくリニューアルしたばかりの「フェニックス・シーガイア・リゾート」から、車で5分...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、ポルトガル北部にある「コスタ・ノヴァ」。美しい港町が有名なアヴェイロ市からバスで約30分。海沿いの大通...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
バンフから車で約1時間半ほどの距離にある都市カルガリー。同じアルバータ州にあるご近所さんであるにもかかわらず、バンフの影に隠れがち。でも本当は、他の都市に...