『君主論』のマキャヴェッリからアドバイス。「今日から悪人になろう」

ニッコロ・マキャヴェッリの名前を聞いたことがありますか?

16世紀、まだバラバラだった激動のイタリアに登場した政治思想家です。『君主論』で有名な彼の主張は「良いリーダーとは獅子のようにどう猛で、狐のように狡猾でなくてはならないというもの。一見、「ずるい政治家」や「暴君」を良しとしているように見えるこの考え方ですが、実は彼が伝えたかった大事な点は他にもあったよう。

「The School of Life」が分析した、彼からの5段階のメッセージを受け取ってみてください。

01.
「いい人至上主義」って
おかしくない?

「悪人」よりは「いい人」の方が良いに決まってる。小さな頃からずっとそう習ってきた人も多いでしょう。人に親切にされたいなら、他人にも親切に。でも本当にそれって機能しているのでしょうか?「いい人」であればみんなハッピーエンドを迎えられるのでしょうか? 

マキャヴェッリはイタリアをはじめとしたヨーロッパの歴史をさらってみて、こう思ったのです。「結局大成する人はただの『いい人』じゃない。時にはためらわず暴力を振るい、嘘をつくのも上手い人のほうがずっと成功しやすい。なぜだ?どこか『いい人』が『悪人』に負けている決定的な面があるはず…。どうしたら勝てるんだ?」

こうして「いい人至上主義」に疑問を投げかけて生まれたのが彼の『君主論』でした。

02.
いい人は「いい行動」に
囚われすぎなんじゃない?

マキャヴェッリは気づきました。「悪人」は「いい人」よりはるかに様々な上手いやり方を心得ているということに。一方、いい人は悪人のやり方を悪いものとして即排除して、見ていないことが多いのです。

「ただの『いい人』よりも『悪人』の方が多くを知っていて、賢いじゃないか!」

いい人は「いい人であること」に身を捧げすぎるから崩れると、彼は言います。「キリストだって、生きている間はずっと『いい人』だったけど、最後は弟子に裏切られ、嘲笑われ、十字架に磔にされ見世物にされて、苦しみながらなすすべもなく殺された。彼は、磔刑にされるまでだけを見れば、歴史上でも稀に見る負け組だ」

03.
敵を知らなきゃ、敵に勝てない

こうした状況を打破するには、「いい人」も悪知恵を身につけておかないといけません。堂々たるリーダーは最も根性の捻じ曲がった人々から、もっとも稼いでいるやり手の経営者は、上手い口先で勝負する詐欺師から「いい人」の知り得ないことを学ぶべきだと彼は考えました。

「思いもよらないもの、嫌ってるものからレッスンを受けなきゃいけない。自分にないものを吸収しないといけない」

「いい人」すぎるべからず!敵は知っていることを我々が知らないのは危険なのです。

04.
ペンも剣も両方使えたほうが
いいに決まってる

邪悪な発想や悪知恵をためらわない人のほうが強い。それは彼らが思い切ったことをできてしまうからでもあります。しかし、だからと言って、マキャヴェッリは「根っからの悪人になれ」とは言いません。

「ペンは剣よりも強し」というけれど、誰が片方しか使ってはいけないと言ったのでしょう?剣を持ったからと言って、ペンを捨てる必要はありません。悪知恵を蓄え、時にはズルになれというのは、世界や自分をより良くするためであって、常識や良心、温かい心を捨てろということではないのです。

「正義の女神」の像も、片手に天秤、片手に剣を持っています。いざという時を逃さないために、あらゆる手を使えるようにしなければならないのです。

05.
思うだけじゃ、何も始まらない

このように、『君主論』には「いい人」であるだけでなく、効果的であるためのすすめが書かれています。

私たちは究極的には、やり遂げたことのまとめなのであって、意図したもののまとめじゃない。つまり、理念が崇高であればそれでいいわけじゃなくて、ある程度は効果を出さないといけない。考えているだけでは、何も変わりません。知恵や親切さ、誠実さ、美徳などを重んじるにしても、それしかないんじゃ意味がない。

本当の物差しは「何を思うかではなく、何をするか」なのだとこれらを踏まえてもう一度、冒頭の「良いリーダー」の条件を読むと、さっきとはちょっと違ってみえてきませんか?

Licensed material used with permission by The School of Life
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
「ぎふコーラ」というクラフトコーラが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で話題になっている。
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
著者はインターンシップの事業を立ち上げ、メディアでは日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている秋元祥治さん。50もあるメッセージの中から、「たしか...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
今月11日の「カミングアウトデー」にクッキーブランド「オレオ」が1本のショートフィルムを公開した。
旅には、人生が凝縮されています。
自由と個性と愛とユーモア。明るい人生のヒントがこの映画のなかにあります。
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
「The School of life」の動画は、幸福を追求する行為には“ある問題”が潜んでいると注意します。また、それを解決するアドバイスも提示。頭の片...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
僕たちは「人の価値がお金で決められる社会」を生きている、とThe School of Lifeの動画は説明します。年収と社会貢献度の関わりが、人の価値にど...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
アインシュタインは物理学者としてだけではなく、哲学者としてもその才能を十分に発揮していて、彼が残した数々の言葉は、今なお語り継がれています。ここでは「I ...