オーロラを撮り続けて20年。田中雅美が切り取った、3つの「特別なオーロラ」

「一度は見たい!」のフレーズが、よく使われる絶景のひとつ、オーロラ。いつかは……死ぬまでには……と思いながらも、まだ見に行ったことがない人も多いのではないでしょうか?今年のベストシーズンまで、準備する時間がたっぷりある今だからこそ、オーロラの魅力を詰め込んでお届けしたいと思います。

この記事で紹介する様々なオーロラの写真はすべて、田中雅美さんが撮影したもの。田中さんは、20年以上オーロラを撮影し続けてきた世界的カメラマンです。数々の場所でオーロラの表情を切り取ってきたけれど、特にカナダ・ノースウェスト準州の『イエローナイフ』が観測にはオススメだそう。

この地で撮影されたオーロラを見たら、きっと「いつか」を「この冬」にしたくなるはず。

5371521618935808

イエローナイフは、
鑑賞率トップの『オーロラ銀座』

6441940547534848

オーロラが最もよく見えるのは、『オーロラオーバル』という、地球を上から見るとドーナツ型になっている北緯60度近辺の領域。イエローナイフは北緯62度で、この直下に位置しているのです。

それだけでなく、この街は冬の晴天がとても多く、雲も出にくい。安定した天気で、遮るものがほとんどないという最高の条件が揃っています。鑑賞率は、「3泊で97%」と言われているほど!絶景を見るために、せっかく遠い国まで時間とお金をかけて行くのだから、少しでも肉眼で見れる確率が高い街を選びたいですよね。

季節や天気によって、遭遇できるオーロラもこんなふうに様々なんです。

レベル5のオーロラ
『ブレイクアップ』

まずはこの動画を見てみてください。

© Masami Tanaka

カナダでは、肉眼で「うっすら見えたかも?」というレベル1から、空一面に広がり、上の動画のように活発に動くレベル5まで、オーロラの見え方をランク付けしています。

イエローナイフでは、レベル5のオーロラが見える確率が「3日間で50%」という高さ。なかでも、『ブレイクアップ』と呼ばれているのは、空に突然光が差し込んで、ぶわっと勢いよくオーロラが広がる現象のこと。日本では、その名の通り『オーロラ爆発』とも呼ばれています。

爆発、と呼ばれるくらいなのだから、きっと写真や映像でも閉じ込めきれないエネルギーを肌で感じられるはず。冷たくて静まった空気が流れる地上に、降ってくるような自然がつくりだす迫力。背中を押されるように、「また頑張ろう」ってエネルギーをもらえるように思うんです。

5925620181630976

樹氷 × オーロラ

5722104028725248
©Masami Tanaka

12月から1月のイエローナイフは、マイナス20度前後。氷点以下になると、濃霧が樹枝に貼りつくように凍りついて、白く覆います。

こうして出来たいくつもの樹氷の上に、オーロラが広がる光景。実は、オーロラ自体は1年中鑑賞できると言われていますが、やっぱり真っ白な銀世界とのコントラストが格別です。

日本では体験しないような寒さに触れながら、時間をかけてこの場所にたどり着いたからこそ、写真のようにオーロラと氷の幻想的な世界を見れたら、「来てよかった」と心底思えるはず。喜びもひとしおですよね。

満月 × オーロラ

田中さんが「この景色を見れたら最高!」と語るのは、満月とオーロラが一緒に空に浮かんでいるこの姿。

© Masami Tanaka

月の光が強い日は、弱いオーロラだと鑑賞が難しくなってしまうので、オーロラレベルが高くて安定していると、上の動画のような瞬間を目に焼き付けることが出来るのだそう。

「新月の日が鑑賞には適している」と言われることが多いですが、このショットをおさめるために、満月の日には世界中からカメラマンが集まってくるみたいです。どんなに予報をチェックしていても、当日になるまで満月が綺麗に浮かぶかわからない。どっちも見れる保証がないからこそ、この光景は本当にずっと忘れられないものになるでしょう。

2つの光で、夜が明るく照らされる不思議な世界。せっかく見に行くのであれば、満月に合わせて計画してみては?

宿泊は必須、だからこそ。

確実にオーロラを見るためには、イエローナイフで3泊は必須。寒さも厳しいし、昼間の過ごし方も大切だからこそ、カフェや博物館があり、ビジターセンターで色々な情報をキャッチできる、ダウンタウンがあるのは嬉しいポイントです。

今年のベストシーズンまで充分時間がある夏のうちに、オーロラを見に行く計画を立ててみませんか?

6250418359238656

せっかく休みをとってイエローナイフまで訪れるのなら、多くの人が経由地として訪れるカルガリー国際空港で降りてみるのもオススメ。カルガリーのあるアルバータ州では、イエローナイフとはまた違う冬の絶景に出会うことができます。

前乗りして、効率的に冬のアルバータ州を楽しむ「3日間モデルプラン」を考えたので、ぜひ参考にしてみてください。

【冬のアルバータ満喫3日間モデルプラン】を読む

Top photo: ©︎Masami Tanaka

2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
約5,000円から支援可能です。
「Duolingo」が、10月8日に“ハワイ語コース”をリリースしました。
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
アイスランドに行ったら、昼間はブルーラグーン、夜はオーロラ観測へ出かけましょう!……なんて優等生すぎる観光情報は、もうお腹いっぱい。そう感じている人は、決...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
スペイン人のアクロバティックパラグライダー、オラシオ・ジョレンスは、その光景を目の当たりにして、こう思ったそうです。「今まで世界中の空を飛んできた。けど、...
今から紹介するホテルを誰よりも一番オススメしたいのは、現実逃避したい人。現実からの逃亡先にぴったりなんです。それは、ノルウェーの北極圏の島Fleinvae...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
1月6日午前1時半。Timmy Joe Elzingaさんは、2歳の息子さんを寝かしつけてバスルームへ入ったとき、窓からこの様子を目撃してたいへん驚いたそ...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。