いま「特別な中古」が選ばれるワケ

この2〜3年でグッと身近になった、リユースやシェアリングエコノミー。

フリマアプリでサクサク売り買いができたり、オシャレな古民家リノベ物件をAirbnbで借りる、なんてことも一般的になってきて、ごく自然にサステイナブルマインドが広まってきた証拠なのかも。

お金に対する考え方だって、ミレニアル世代を中心に大きくアップデートされていますよね。

たとえば、クルマ。若者のクルマ離れなんて言われることも多いけれど、昔とは “選ぶ基準” が少し変わってきているだけだと思うんです。

「中古なのにプレミアム」っていう
選択がちょうどいい

「中古車」って、なんだか言葉自体にネガティブなイメージがあるから、そろそろ呼び方を変えてもいいんじゃないかなって思うくらい(笑)。だって、市場には充分すぎるくらいハイクオリティな中古車もたくさん眠っている事実があるから。

日産が手がける「プレミアム認定中古車」も、そんなハイクオリティ中古車を揃えているサービスのひとつ。ミレニアル世代がスマートにカーライフを楽しむためにも、注目したい選択肢なんです。

ライフステージが進んでいくなかで、毎回なんでもかんでも新しいもので身の回りを揃えるんじゃなくて、「中古だけどプレミアム」っていうのも、今っぽいスタンスだと思わない?

→気になる!

「中古車」こそ
ライフスタイルにハマる!?

たとえばスノーボードやサーフィン、キャンプなど、趣味を思いっきり満喫するための1台を探しているなら、プレミアム認定中古車の「エクストレイル」を検索してみてほしい。

ガンガン荷物を積めるし、気軽に乗れることこそ「SUV」本来の姿だって言えるかも。ピカピカの新車はつい「傷ついたらどうしよう……汚れたらどうしよう……」と神経質になってしまうものですが、 “中古車” はなんと言っても気がラク。あえてモデルチェンジ前のタイプに乗って “こだわりのカーライフ” を楽しむこともできます。

また、プレミアム認定中古車で「LEAF」を買って、世界的なトレンドの “EVライフ” を先取りするのもあり。エコカーを選ぶこと自体も環境への配慮になりますが、環境に負担をかけながら生み出される新車に乗るよりも、まだまだ乗れるプレミアムな中古車を選ぶほうが、さらにエコな選択肢。さらに、災害時の緊急電力としての活躍も期待されますよね。

とはいえ
キレイで安全なクルマがいい!

一方で「中古車って汚れとか大丈夫なのかな……安全なのかな……」といった漠然とした不安を感じる人の気持ちも分かります。

日産のプレミアム認定中古車(Nissan Intelligent Choice)には、厳しい条件をクリアしたハイクオリティなクルマしか揃ってないので安心して選べるんです。

・使用歴は5年未満
・走行距離は5万km以下
・事故修復歴なし
・プロの審査員による車両評価チェックは4.5以上
・最大104項目の厳しい点検項目をすべてクリア
・さらに、2年の完全無料保証

これらを満たしたNissan Intelligent Choiceが、全国で5,000台ほど登録されているので(2020年2月現在)、なかには自分のライフスタイルやこだわりにぴったりハマる1台が見つかるかも!

→さっそくチェック!

いい中古車を短期間で乗り換えていくのは
エコサイクル

「クルマは3年以内(高年式のうちに)乗り換えたほうがお得」なんて言われるくらい、売値が下がらないうちに次の1台を選ぶのもスマートな選択肢のひとつ。

また、新車を作ることが少なからず地球環境への負担になっていることを考えると、プレミアムな中古車を買うこと自体 “エコサイクル” とも言えます。

「Nissan Intelligent Choice(プレミアム認定中古車)」なら、幅広いラインナップからじっくり程度のいいクルマを探すことができるし、先進技術が搭載されているクルマを選ぶことで、安全性を確保することも大事です。

たとえば「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」「インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)」は、運転が苦手な人ほどありがたい機能ですよね。

きっと、家族の安心感も高まります。

新車もヴィンテージもカスタマイズも中古車も、選択肢が多様になってきている時代だからこそ、自分が本当に「イイ!」と思えるものを選んでみては?

→詳しくはコチラ
NFLの選手と聞けば、華やかなスーパースターを思い浮かべる。しかし「ボルチモア・レイブンズ」のガードとして活躍するジョン・アーシェル選手はどうやらそのイメ...
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
日々不安を抱えながら移動するワーカーたちのために「ガリバー」が1万人にクルマを無償提供するプロジェクトを開始。
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
フォトグラファーの石川望さんに「普段使いできるカメラバッグ」を5つ挙げてもらった。
今月3日(木)に、日本政府が2030年代半ばにはガソリン車の販売を事実上禁止する方向で最終調整に入ったと報じられた。
先日、アメリカの中古車販売店が売り出したバンには、ガルウィングドアやタイムトラベル用の装置が搭載されています。まさに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデ...
ジーンズブランド「リーバイス」が、中古ジーンズのみを販売するオンラインストア「セカンドハンド」を開設。リアル店舗で客から回収したジーンズを販売する仕組みに...
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
1970年に発売されたスズキ株式会社の初代「ジムニー」が、日本自動車殿堂「歴史遺産車」に選定された。
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
アメリカの「Ben & Jerry's」からワンコ用のアイスが登場!
モンゴルの伝統技法で生産された天然ウール100%のあったか「ルームシューズ」が発売中。
2050年──。およそ30年後の世界は、どうなっているのだろうか。その問いかけに「日産」は「"脳波"で運転するクルマが走っている」と答えるだろう。それを証...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
ヴィンテージカメラを見るとワクワクする。所有していた人はレンズを通して何を見ていたんだろうとか、どんな写真を撮ってきたんだろうとか。想像しても決して答えは...
日産自動車が「確実にカップインするゴルフボール」というキャッチコピーのゴルフボール「ProPILOT GOLF BALL」を開発し、8月22日にコンセプト...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
ビジュアルは完全にあの名車。でも、実はこれ、ポルトガルのCircu社が開発したもの。あれ、VWじゃないの?屋内に設置されているところを見ると、どうやら通常...