ふわモコな「苔」でお部屋を装飾。こんな北欧スタイルもいい感じ

地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔の楽しみ方はひと味違います。

苔をインテリアとして取り入れる。こう聞いてジメッとした印象を抱くのも無理はありません。でも、実際はふわふわモコモコなんだとか。

フィンランドでは、
天然苔を壁に飾ります

9a41e0bc948226041c70fd362c48ff7f25c6f60c53faa54ce2dd24f2b59d7d920db1ea60817789ac

フィンランド北部、ラップランドに近い森の中に生息する苔の一種レインディアモスは、コットンや綿毛のようにふわふわモコモコした感触が特徴。写真の中の白く見えるのがそれです。

この自然のふわモコを手作業で拾い集め、独自の製法でカラーリングを施し販売しているのが「Polarmoss」。インテリアを飾るマテリアルとして、この苔が人気なのだそう。

カラーリングされた
ポロポロの苔

0aedee8560389bf815457370b0474b251781774a

全16色にカラーリングされた苔「カラーモス」。森の中から採ってきた1つひとつの状態でも購入ができます。こちらは、自分でアレンジして楽しむDIY向きのもの。

壁紙タイプも

A7cda26b2bb39b185aac019dbdd43c5351811dbb

それにしても、盆栽や苔玉、流行りのテラリウムに取り入れたり、と日本人の感覚からすれば園芸、鑑賞の要素が強い苔。ですが、彼らはこれをプリザーブドフラワーのように水分を抜いて加工したものを、壁紙シートに用いたり、丸るめて天井から吊り下げたり、ダイニングテーブルのセンターピースとして楽しんだり。性質や種類の違いもあるでしょうが、こうも扱い方に差があるとは。

99b71f996c1115fb47c88d6884811c266d995a92

ユニークなそのテクスチャーが室内アクセントにいい感じ。とここ数年で人気に火が着いたそうです。乾燥しているので、当然メンテナンスの必要も要りません。空気のきれいな森の中からやって来た、というのも心地よさを増幅させるのに一役買っているんでしょうね。

五色の苔が空間を彩る

0119f32e2c6fb0e40bccfd0622f5bc0d94d15e8a

では、実際にカフェやブティック、オフィスの壁を苔が飾るシーンをチェック。本物の植物を飾ったウォールグリーンさながら、気持ちよさそう。

4420bce609a960fd32b8029f93773fb13e8f28842c9b6e7ff871efb61f3880aa391cde7b2a36b5a3

こちらは掛け時計のフレームベースに苔を貼り付けたアイランドタイプ。飛び石のような感覚で壁にアクセントが生まれます。

8ed356a99874e3c94c911ac1f9a7b0fe6db64f9c2801fadf19477e71809e624aef20d4ae2cbf90f7

北欧でいうところの苔玉はきっとこんな感じ。

B99135510bcea61db2d51ba0a6f707ac0e84bfc26c0b98ad9464f28f6e0cceb34b6112424ad71e5930ec08cd44d855a97a880a5aeb8c9d0ae92388b3

2016年4月にはミラノにショールームがオープン。目の肥えたイタリアの人々からも高い評価を得ているとかで、店は連日多くの人で賑わっていると公式Facebookでも伝えています。

すでに世界20カ国以上に輸出されてているというから、ナチュラルカラーの北欧の苔で自室の壁をDIY。そんな日が来るものそう遠くない気がしてしまいます。

Licensed material used with permission by Polarmoss
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
北欧の降ってくるような星空を見事に切りとったのは、フィンランドを拠点とするフォトグラファーMikko Lagerstedt。水面に反射した光によって、なん...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
宮崎の日南市にある「猪八重渓谷(いのはえけいこく)」は、森林セラピーの基地としても有名。森林セラピーは、森の中を歩いたり、レクリエーションしたり、ヨガや呼...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙いなん...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
学校ではみんな国語・算数・理科・社会など、各科目ごとに授業を受けたものですよね。でも、教育水準の高さで知られている北欧では、そんな科目ごとの授業には重きを...
フィンランドの作家・トーベ・ヤンソンが描いた漫画、小説などのキャラクター、「ムーミン」。主人公のムーミン・トロールを中心に、ちびのミイやスナフキン、ニョロ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
明らかに雪景色に馴染めていない。だからこそ、妙に気になる黄金の卵。自然を楽しんでいる時にこれと出会ったら、まじまじと観察してしまいそう。誰もが気になるこの...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...