それは、黒よりも黒い世界。20秒後わが目を疑うことになる

絵の具や墨をどれだけ塗り重ねても、決して描くことのできない黒よりもさらに黒い黒。光さえも届かない、そんな世界を人間はすでに科学の力によって、つくり出すことに成功していた。

視覚を完全に無能化する
「Black in Black」の世界

8671d4be75ea07a2cf52f955cb0726e973f935669da58608431cf719a19275549382371fa2c136bf

カメラがゆっくり回転していくと、ブロンズマスクの隣に置かれた真っ黒い物体に、だんだんと凹凸がでてきた。そのまま90°真横に回ったとき、現れたのは、

70ea00feb1b6e30a9f5711f40b1a45e421f5c602

もうひとつの「顔」。

可視光の99.965%を吸収
「世界一黒い物質」とは?

24365bcfd27880bf29391be4ee0fd147b2f3c68c

イギリスの企業が開発したのは、「世界でもっとも黒い物質」の異名をもつVantablack(ベンタブラック)。なんでも、ブラックホールのように光を吸い込み(吸収し)、人間の視覚からは凹凸すら感じさせなくしてしまうらしい。

とにかく、黒よりも濃い黒だということなんだろう。開発元のSurrey NanoSystemsによれば、ベンタブラックはカーボンナノチューブ製(筒状炭素分子)で、直径はわずか2〜3ナノメートルの集合体からできているそう。ちなみにナノは、10億分の1メートルという単位。この物質に覆われてしまうと、もはや凹凸も遠近感も、すべてが無になる。まさにブラックホール!

この性能を利用し、赤外線探知機や望遠鏡など、光を抑えることを目的とした用途への応用を目指しているというが、すでにこうして複雑な形状でも覆ってしまえる段階にあるようだ。

フラッシュをたくと…
ぼんやり輪郭らしきものが

7eb3c52df3f589f5b02506da45de70f507819504

こうして、フラッシュをたいて撮影するとどうだろう。ほんの少しだけど顔のディテールが見えてこないだろうか。

では、黒よりも黒いベンタブラックの世界、その目でとくとご覧あれ。

Licensed material used with permission by Surrey NanoSystems
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。下...
食器といえば白。少し前まで漠然とそんなイメージを抱いていたけれど、最近は少しちがう。Instagramで見かける美しい食卓、ふらっと入ったカフェで出てきた...
目が見えない人の世界を想像しようとしてみても、なかなかうまくイメージできないかもしれません。まったく見えない状態で生活している人は、周りの情報をどうキャッ...
『自分が信じていることを疑う勇気』の著者である長谷川雅彬さんは、証券会社に勤務後、スペインのIE Universityで日本人初のVisual Media...
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
下記のインスタグラム動画を再生すると、5秒少々で何が起きているのかがわかる。その正体を知れば、きっと驚くはずだ。これといって不思議なところはなにもないよう...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
この動画の人物、誰に見えるでしょう? きっと、アルベルト・アインシュタインだと言う人が多いのではないでしょうか。でも、実はある条件によってマリリン・モンロ...
年賀状印刷をそろそろ考える…には、まだ鬼が笑うほどに気の早い話ですが、鬼でなくともちょっと笑えないような話。プリンターが自動告知するインク残量、それがちょ...
ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
赤ちゃんを抱えてピアノの前に座ったデイヴィッド・モトラさんは、耳の痛みが気になって寝れないでいた彼のために、自身が大好きな『ブラームスの子守唄』を演奏して...
着回しが効く分、コーディネートにも幅が出る黒い服。高級感も増します。一方でこんな意見も。「自分に自信がない人ほど黒い服を選ぶ」。じつはコレ、単なるあるある...
鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。インドのムンバイを拠点にプロダク...
日本、スペイン、イスラエル、ロシアなど、さまざまな国で働いてきた長谷川雅彬さん。そんな彼は、格闘家、投資ストラテジスト、アーティスト、作家など、マルチな才...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...