この春、あえて部屋干ししたくなる柔軟剤。

サクラを見ると気持ちが華やいで、待ち遠しい季節の訪れに心も身体も軽やかな気分に。そんな四季の変化は、香りからも感じられるものです。春なんてまだまだ先のこと...と思っていたら、意外と春の訪れはすぐそばにありました。

フレグランスのような香りから人気に火がついたあのボタニカル柔軟剤に、春季限定品が出たというので期待してフタを開けてみたところ、本当に一足早く春がやってきた気分。この軽やかさ、まさに日本人のための香りでした。香水のようなキツイ香りは苦手という人でも、柔軟剤なら「優しく香る人」になれるはずです。

トップメゾンの香水のように香る

5468851449888768

販売開始からシリーズ累計80万個を突破した、ボタニカル柔軟剤『フレリーボタニカル』。

その繊細で華やかな香りは、「柔軟剤」の枠を越えて、まるで香水のよう。洗い上がりの服を身にまとえば、香水をつけなくても一日中フレッシュな植物の香りが持続します。インスピレーションまで刺激されるその香りには、セレブたちも魅了されているそうですよ。

6365035567775744

そしてこの春、季節限定の香り『ソフナー サクラ&ラズベリー』が発売になるのだそう。

初々しい自然を感じる「サクラ」のみずみずしさと清々しさ。甘酸っぱくて可憐な「ラズベリー」の香り。二つの香りがふんわりと漂ってきて、洗濯を回している時や、洗濯物を干している時にまで、思わず幸せな気分になってきます。洗い上がった服を身につければ、まるでサクラが咲いたように春の訪れを感じさせてくれます。

5390346158604288

日本人が創ったネイティブな春の香り

5575242621648896

香水のように香りたつ『フレリーボタニカル』は、世界で活躍する調香師が創香しています。

今回の春限定の香りは、日本人の熟練調香師がセレクトした、まさに「日本の春」の香り。春になるとついつい浮き足立ってしまうような、華やぐ気持ちに寄り添ってくれます。時間が経つうちに香りが開いていって、トップからラストノートまで変化する香りを楽しめるはずです。

部屋にも、春が、やってくる!

6031801403310080

『フレリーボタニカル』は、オーガニックエキスを10種類配合。毎日使うものだからこそ、柔軟剤はナチュラルで肌に優しいものを使いたいですよね。

そして、春の訪れとともに気になるのが、「花粉」の存在…。こちらの柔軟剤には帯電防止成分が配合されているため、花粉が洋服に吸着するのを防いでくれるというから、花粉症の人にはさらに嬉しいお知らせです。

また、ヤシ由来の抗菌成分が配合されていて、雨の日に部屋干しをしてもイヤな香りがしません。雨が降っていなくても、ついつい春を部屋に呼び込みたくなってしまいますよ。

5528428417646592

周囲に春をもたらすヴィーナスに…

 
6702314517692416

サクラとラズベリーのボタニカルな香りは、自分で楽しむだけでなく、家族、友人、恋人、周りの人たちにも春の訪れを感じてもらえるはず。

そうそう、春といえばルネッサンス期の画家ボッティチェリ の代表作に『春 (プリマヴェーラ)』がありますが、あの中心にいるヴィーナスのように、この春、アナタの周囲が浮き足立つような愛にあふれる…なんてことだってあるかも?

LINEの友だち追加でおトクに試せる

今だけ友だち限定で最大400円OFFクーポン配布中!

Cc2f291fbd54face27d7435858e3cf747c81c395

今すぐ試したい方は以下のショップへ!
2月下旬より順次販売開始

・BOTANIST Tokyo
・全国のバラエティショップ(ドンキホーテ)、ドラッグストア
※一部店舗除く

入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
今年4月にローンチするブランド「IZUMI KAN」は、TPOに応じて服を選ぶように、色や空間、季節などに合わせた香りを「えらんで着る」香水を提案。「見え...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れ...
大きなヒゲをたくわえる女性モデルHarnaam Kaurさん。自らのコンプレックスを乗り越えた結果、育毛剤の宣伝をするようになりました。でも、そこまでの道...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
鉄やガラス、レザーやゴム製品にまで書くことができる〈サクラクレパス〉の「ソリッドマーカー」。固形化されたペンキをペンタイプにしたもので、工業用としても使用...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
がんとの闘病生活を続けるScintillaさん。抗がん剤治療で、髪の毛のほとんどは抜け落ちることに。だけど、ある1人の美容師のおかげで、生きる気力を取り戻...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
2階バルコニーに達するほどに成長したわが家のユーカリ(ポポラス)枝葉を落とした週末枯れるのをただ待ってたはずのその枝が玄関先からなくなっていた。「どうぞご...
「春」と聞いて、どんな色を思い浮かべますか?爽やかな空の色だったり、可愛らしいお花の色だったり。イメージは人それぞれではないでしょうか。メキシコのデザイナ...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
世界初の液体プラスチック「BONDIC」は、「UV(紫外線)」を当てると固まる接着剤です。歯の治療法からヒントを得ているのだとか。まるで、工芸に使う「グル...
木曾ヒノキ、秋田スギと並んで日本三大美林の一つとされている青森ヒバ。「Cul de Sac-JAPON」は、社殿や仏閣などの建築用素材として有名なこの樹木...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...