X-TRAILが提案する、こんな時代のドライブ旅。

自然の美しさ、豊かさ、美味しさに溢れた極上のフードツーリズムを——。

日産「X-TRAIL(エクストレイル)」が提案する、全長100kmのレストラン「NISSAN X-TRAIL PRESENTS THE FULL COURSE」は、ドライブコースをX-TRAILで移動しながら、フルコースを堪能するというもの

山、川、草原など自然の中に用意された料理を、ドライブしながら一品ずつ味わっていきます。

料理の腕を奮うのは、3年先まで予約が取れない人気店「長谷川 稔」のオーナーシェフ・長谷川稔氏。その指揮のもと、旬な食材を集めた “この日だけ” の特別なフルコースがつくり上げられます。

100kmのドライブコースで
心ゆくまで味わい尽くす非日常

舞台は、さまざまな食材に恵まれる福島県。

「NISSAN X-TRAIL PRESENTS THE FULL COURSE」は、全長100kmのドライブコースを巡りながら絶品フルコースを堪能するという、新しいフードツーリズム提案です。

温泉も有名な女沼や、落差21mの滝と広葉樹の原生林が広がる行司ヶ沢などを、X-TRAILで冒険しながら次のひと皿へ向かいます。料理に用いられる食材は、もちろん福島県産。

たとえば、湖畔で前菜を。あるいは、山頂の大パノラマを眺めながらメインディッシュがいただけるかもしれない。想像しただけで垂涎です。

めくるめく大自然の絶景をロケーションに、フルコースを堪能するなんて……。

予約3年待ちの名店「長谷川 稔」による
1日限りのフルコース

料理を監修するのは、ミシュラン1つ星レストラン「長谷川 稔」のオーナーシェフ長谷川氏。3年先まで予約が取れないと言われるほど人気の名店です。

使われるのは、福島県産のブランド野菜、和牛、軍鶏、新鮮な魚介など、いずれも地元で取れた一級品の食材たち。食材を生かした料理を得意とする長谷川稔が自ら腕を奮うフルコースと聞けば、期待せずにはいられません。

農家さん、酪農家さん、福島のみなさんの「自慢の食材」を大自然の中でいただく。ああ、なんて贅沢……。

タフで上質な旅は
X-TRAILとともに

100kmのコースを一緒に冒険するのは、日産X-TRAIL。

X-TRAILは山道も余裕のインテリジェント4×4。快適なドライブをアシストしてくれるProPILOT機能をはじめ、先進技術によるタフな走りが安心感を与えてくれること間違いなし。

ラフな道もどんと来いな頼れるスペックながら、シックでどこか都会的な佇まい。全長100kmのドライブを洗練された上質な旅にしてくれるのは、X-TRAILだからこそ。福島の大自然を駆け抜けるには最高の相棒でしょう。

本格SUVならではの高い走行性能や先進技術はもちろん、ダークカラーをあしらったエクステリア、質感の高いインテリアも心憎いです。

広々とした車内は、長時間のドライブでも圧迫感なく居心地は抜群。休憩がてら、レザーシートに深く座ってゆったりとコーヒーを味わうのもよいかなと。

じつはこのイベント、実際に参加者を募って体験していただくはずだったのですが、残念ながら春に向けた募集は延期とのこと。さらに熟成した仕掛けに期待しましょう!

ドライブと料理のフルコースを融合させた「NISSAN X-TRAIL PRESENTS THE FULL COURSE」。

X-TRAILからの続報を楽しみに待ちつつ、いましかできない自分だけの贅沢を探してみてください。

→詳しくはコチラ

関連する記事

アーモンドなどのナッツ類とココナッツオイルをベースとしたポートランド発のエナジーフード「Trail Butter(トレイルバター)」の紹介です。
「オビツ製作所」と「X-girl」が初めてコラボ。17日より「X-girl × OBITSU KEWPIE(R)」を発売した。
1月15〜16日、「東京タワー」の特設会場にて、新感覚のいちご狩りが楽しめるイベント「いちごさんドライブスルー」が開催される。
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
画期的なリユーザブルボトル「Origami Bottle」が登場した。ボトル形状では高さ21cmの大容量ながら折りたたむと5.5cmの超コンパクトサイズに!
今もっともオモシロいストリップクラブは「Lucky Devil Lounge」だ。少し前はダンサーが料理を届ける「Lucky Devil Eats」で話題...
千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
「パイオニア」が応援購入サービス「Makuake」で、プロジェクト公開後10時間で目標金額に到達した緊急通報機能をもった通信ドライブレコーダーを先行販売中。
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
備蓄のために保管され、賞味期限が過ぎてしまった廃棄予定のお米を活用した新たな紙素材「kome-kami(コメカミ)」。そんな素材を使用したノートと名刺が「...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
テスラ。静かなクルマ選びでいったら当然、静かです。だってエンジン積んでないんだもの……。聞こえる音は、タイヤが転がる音と風を切る音がメイン。
産直の新鮮野菜をお得に、しかも非接触で買えると人気の「ドライブスルー八百屋」が再開!
通常は幅78cmに長さ160cmという1人乗り用自動車ですが、この「iEV X」は車体が伸びる仕様になっているんです。
福島県の鉄道林の間伐材から抽出された成分を原材料にした、天然由来100%の生分解性を備えたバイオプラスチックタンブラーが今月中旬から限定販売。
今年1月〜2月、横浜市内の「イトーヨーカドー」全店舗で「フードドライブ」を実施。家庭で余っている食べ物を持ち寄って地域の福祉団体やフードバンクなどに寄付す...
バーチャルドライブが楽しめるウェブサイト「Drive&Listen」。世界中の都市を走る車窓からの眺めと、ローカルのラジオが流れ続けるだけ。ニューヨークや...
『The Climate Trail』は気候変動によって人が住めないほど荒れ果てた世界を体験できるゲームアプリ。利用料は完全無料で、広告やアプリ内課金は一...
長時間のドライブによる気づかない脱水=「かくれ脱水」に警笛を鳴らすため、 「HONDA」より、移動時間に応じて必要な量が入っている「Honda DRIVE...
うなずきながら話を聞く人のことを就活生界隈で「赤べこ」といっていたり、新宿駅にバッグから赤べこのストラップをぶら下げた“オシャレ女子”がいたり、なんだか最...
2050年──。およそ30年後の世界は、どうなっているのだろうか。その問いかけに「日産」は「"脳波"で運転するクルマが走っている」と答えるだろう。それを証...
福島県会津若松市の老舗和菓子店・本家長門屋の「Fly Me to The Moon 羊羹ファンタジア」は、絵も味も切る場所で変化します。東日本大震災の風評...
車社会アメリカならではのサービスとして1930年代より全土に広まったドライブスルー。その存在が「地球温暖化」によって消えるかもしれない。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
〈ROOT CO.〉のカーマウント。エアコンの吹き出し口に差し込み、スマホケースに付属のメタルプレートを入れれば準備完了。ドライブ時にベストポジションで、...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...
先月行われた「Apple」の開発者向けイベントにて、「BMW」がiPhoneを自動車用デジタルキーとして使用できる最初のメーカーになると発表した。
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...