厳選した素材を上品に堪能。 2種類の特製ソースで舌鼓を打つ「オリーブオイルフォンデュ」

野菜、肉、魚介類…。食材をオイルで素揚げにして、ソースをディップにしていただくオイルフォンデュ。今回は、特別にオリーブオイルで味わい深く。できれば、味の違いをつけた二種類のソースを用意するといいのです。そうすれば、一つの食材でも、二倍楽しめてしまうからです。食材の規定は、特にありません。フリースタイルで、お好みの食材をトライしてみてください。

材料(4人分)
【カレーソース】マヨネーズ:大5/生クリーム:大3/カレー粉:小1/パセリのみじん切り:大1
【和風バーニャカウダソース】生クリーム:100ml/マヨネーズ:大2/白みそ:大1/オリーブオイル:大1/かつお節:1袋(揉んでおく)/にんにく:ひとかけ
【具材】☆ブロッコリー/☆ロマネスコ/☆カリフラワー/☆ベビーコーン/☆レンコン/プチトマト/オクラ/人参/ラディッシュ/マッシュルーム/アスパラ/かぼちゃ/ベビーチーズ/ベーコン/ソーセージ/◯ホタテの貝柱◯エビ◯砂肝◯牛肉など、お好みの食材(※☆は、予め下茹でをしておく。◯は、塩・コショウをしておく。
【オイル】オリーブオイル:適量

作り方
①カレーソースは材料を混ぜて完成
②バーニャカウダソースはにんにくをすりおろし、全ての材料を鍋に入れ弱火で約5分煮詰める
③具材を食べやすい大きさにカットする
④180度のオリーブオイルで食材に火を入れて、ソースをつけて食べる

この「大人のレシピ」の様子は、ラグジュアリーで遊び心溢れる「LEXUS GLAMPING」の動画で見ることができる。是非、こちらも併せてチェックしてみよう。

Sponsored by LEXUS
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルのワークショップを開催します。
アンチエイジングや生活習慣病予防など、健康効果も注目され日本に定着したオリーブオイル。ですが、生産量となるとどうでしょう?日本のオリーブオイル消費量は年間...
オリーブオイルソムリエの阪田友也さんをお招きして、オリーブオイルワークショップを開催しました。今回はトムさんセレクトの3つのタイプの違うオイル(ライト、ミ...
日本ではオリーブ=小豆島といったイメージがが強いですが、今九州産オリーブもジワジワと話題になっています。ジワジワといっても、その人気は相当なもの。なんせ発...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。おいしい生麩を使って、大胆にプチトマトとアボカドを添...
ふんわりトロトロの食感とじゅわ〜っと広がる甘みーー。でも、たまにはちょっぴり違うアレンジで!ミルク:3分の1カップたまご:2個刻んだタイム:ティースプーン...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
これは、いわゆるブルスケッタの簡単版。片手でつまめる気軽さはもちろん、食欲をそそるものからスウィートなものまで自由自在なのがミソ。「バゲット・バイツ」と呼...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
トマト、オリーブ、鶏肉などを炒めた上にチーズをのせてオーブンで焼き上げる…こうつくり方だけ聞くと、南欧料理を想像してしまう。けれどこれはベネズエラ沖合のカ...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
スペインには、固くなったパンの利用法として「ミガス」という料理があります。これは細かくちぎったパンをオリーブオイルや野菜と一緒に炒めてつくるのですが、これ...
夏に向けてダイエットを始めている人も多いはず。高カロリーなイメージにあるチーズですが、ダイエット中にもたくさん食べたい! そんなチーズ好きな人にオススメの...
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...