今年「ひと夏の思い出」を2倍にする計画

毎年思うんです。夏休み気分を味わえる期間って本当に短いなって。できればもう少し延長したい。もう1回分くらい。

というわけで、オーストラリアに行きたーい!

日本で夏が終わるということは、南半球では夏に近づいていくということ。たまには四季を繰り返す当たり前のルーティンから思いっきり外れてもいいじゃありませんか。心地いい季節を2回連続で満喫するんです。ゲームをリセットするみたいに、カラッとした初夏からもう一度、なんていうのはどうでしょう? 非日常を求めるなら、思い切り開放的な気分になれるあの場所。

アイコン的存在「ウルル」へ!

©

別名エアーズロック。2019年に登山が禁止されることが決定して話題になりましたが、魅力がたくさんたくさんあります。

目の前に広がる衝撃的なまでに広大な自然。刺激的な青い空と赤土の大地のコントラスト。刻一刻と変化していく夕焼けの色は一度見たら忘れられません。地球のおへその周りを散策すれば、壁画などを通じて知る文化の違いやその歴史に衝撃を受けることも。

それに、なんといっても、あたりに視界を遮るものがなーんにもないあの開放感です。砂漠地帯で太陽を浴びる一方で、オアシスのようなリゾート施設で快適に過ごしながら、夜は涼しい風を感じながら抜群の星空を眺めることもできる。つまり、羽を伸ばすなら、浮世離れするなら、ピッタリの場所!

しかも、10月は、その玄関口であるアリススプリングスまで、9時間で行ける直行便が全4本出ます! これで行けば遠いエアーズロックも楽々! 今年、夏休み気分を2倍楽しみたい欲張りなあなたにもってこいの条件や環境が整っているのです。ちなみに、10月頃に行けば時期的に暑くなりすぎず、初夏気分を味わうにはGOODなタイミング。

©

「桁違いに開放的な場所」で 
ビールやワインを思いきり楽しめる!

©

オーストラリアは、お酒がおいしいことでも有名です。

たとえばビール。クイーンズランド州なら「XXXX(フォーエックス)」、ニューサウスウェールズ州なら「Tooheys New(トゥーイーズニュー)」、ビクトリア州なら「VB(ブイビー)」……コレ、各地域ごとに有名なビールの名前です。

日本では見慣れないメーカーのものも、街のパブや酒屋で気軽に飲み比べを楽しめます。旅行先で地ビールを楽しむビールラバーにはとってもオススメ。とりわけパブには気さくなオージーがたくさんいるので、ビールの知識が豊富な人に出会ったら快く説明してくれるかも!?

さらに、ワインも有名。オーストラリア国内には60カ所以上もの認定ワイン産地があると言われており、ニューワールドワインなんて呼び名で、世界中のワインマニアの注目を集めています。“大自然”にこだわらなくても、いいところだらけなのです。

シドニーから日帰りで行けるハンター・バレーや西オーストラリア州のマーガレット・リバーなどなど。都市部から少し足を伸ばしてワイナリー巡り、なんていうのもオーストラリアの楽しみかたですよ。

エリアやテーマを決めて深掘り!
まだ知らないオーストラリアを発見

©

広大なオーストラリアにはエリア毎に違った魅力がたくさんあるし、主要都市でもまわり方によって違う景色が見れるのがよいところ。初めてでも、何度目かの訪問でも、飽きることなく楽しめます。

例えば、シドニー。

言わずと知れた港町は、昼間の開放感も捨てがたいところですが、ライトアップされた夜も大人のムードが漂って素敵!

©

とくにハーバーブリッジやミルソンズポイント、そしてオペラハウスといったスポットは、夜景の美しさが見逃せません。他の観光客に差をつけたいのなら、「オープントップバス」に乗るのがオススメ。世界三大美港の1つと言われているポート・ジャクソン湾一帯の美しい景色を360°あますことなく目に焼き付けることができますよ

同じく人気のある都市ではケアンズが挙げられます。

ケアンズは世界遺産の山と海に囲まれたリゾートタウン。特に世界最古の熱帯雨林があるキュランダ高原を窓から眺める「スカイレール」乗車体験がオススメ!

さらに、大人気のゴールドコーストだって、海だけが魅力じゃありません。

市街地から車でおよそ1時間のところにある、スプリングブルック国立公園では、神秘的な青い光を放つ土ボタルを見ることができます。夜、滝のふもとにある真っ暗な洞窟の中へ入れば、たくさんのホタルが頭上に! まるで、手を伸ばせば届きそうな星空のような景色が見られるはずです。

旅行を考えているなら……

そんなわけで、一度に語り尽くせないほど見どころが多いわけです。安心して効率よく楽しみたいなら、ルックJTBの『わくわく!豪GO!オーストラリア』キャンペーンに注目です。

キャンペーン商品のツアーに参加すると、ルックJTBならではのサービスが盛り沢山! 初めてのオーストラリア旅行という人から何度も訪れている人まで、満足できる内容です。

ここで紹介した、シドニーの「オープントップバス観光」やケアンズ「世界遺産キュランダ観光」、ゴールドコースト「土ボタル観光と夜星空観光」にも無料で参加できますよ。

詳しくは下の動画をチェックしてみて!

わくわくしちゃう!
オーストラリア紹介ムービー(30秒)

ルックJTBで行く!
ケアンズ、ゴールドコースト、シドニーの魅力がよくわかる動画はコチラ

国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
新たな観光スポットとして要チェックです。
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「私たちは、皆、仲間たちと素晴らしい夏を過ごしたいと願っています。もう、あなたのカレンダーにも、公園でのピクニック、ビーチパーティー、BBQ、お酒たっぷり...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
小麦色の肌が良い!けれどシミや皺ができてしまうのは嫌。そんなワガママを叶えてくれるアイテムがオーストラリアから登場。アイデアが生まれたキッカケは、現地のビ...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...