11億円の投資を受けた「歯に装着する通話デバイス」

カリフォルニアのテック企業Sonitusが開発した「Molar Mic」は、歯に装着するタイプのコミュニケーションツール。なんと、アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。

情報漏洩を防ぐためなのか現物はイメージ画像のみの公開ですが、奥歯に取り付けられるほど小さいみたい。骨伝導でメッセージの送受信をします。ヒューストンに直撃したハリケーン・ハービーの救済活動の際に試験的に導入され、多くの評価を得たそうです。

軍事産業で生み出されたテクノロジーやデバイスが一般市場に出回るのはよくある話ですが、「Molar Mic」はどうなるんでしょう。

口の中に入れる電話、使ってみたい気持ちもあります。

Top image: © iStock.com/mihailomilovanovic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...
日々の時間を“見える化”することで自己管理に役立てる、ボタン型のIoTデバイス「kotobo」。
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
2020年に出港を始めるクルーズ船「Mardi Gras」には、ジェットコースターが設置されるとのこと。その名にふさわしくクレイジーですね。
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
「ニューバランス」から、環境に優しいサステイナブルな女性向けのコレクション「UN-DYED PACK」が登場。8月14日より販売が開始される。
アメリカで流行中の「缶ワイン」が、1月1日から「ジェットブルー」の機内で提供されるようになった。
「Butterfly iQ」は、iPhoneを超音波検査機に変えてくれるデバイス。だから、自宅でもガンなどの検査を行うことができるようになるそうです。
キーアクセサリーデザイン会社が製作した「CLEANKEY」。持ち手とフックがついたこのガジェットは、外出先での“触る必要があるもの”を代わりに触ってくれる...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
6月29日、米「カリフォルニア大学」のロサンゼルス校の研究チームが、アメリカ手話(ASL)を読み取り、リアルタイムで音声変換するデバイスを開発したと発表。...
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...