「3秒」が教えてくれる、究極のチームワーク

たった数年で、身のまわりは激変しました。

いま、この記事を読んでいるスマホや、はたまたSNS、Googleだって、あっという間に “なくてはならないモノ” になり、今さらながら、シリコンバレー恐るべしという感じです。とはいえ、進化のすべてがシリコンバレーから生まれてるっていうワケでは当然ありません。

たとえば、F1の世界を覗いてみましょう。いわずと知れたモータースポーツの最高峰です。若い世代にはピンと来ない人もいるかもしれませんが、極限の環境下で1/1000秒を争うF1から応用されている技術や研究は、驚くほどたくさん存在します。

しかもマシン開発の技術だけではなく、最新の医学やデータ通信技術などまでその領域は広がっているんです。

© SCOTT BELLCHAMBERS/YouTube

たとえば、わずか「3秒」のタイヤ交換。改めて見ると、鳥肌モノのチームワーク……。よくメディアで取り上げられるのも納得です。

でもこれは、F1の魅力のほんの一部でしかありません。

フェラーリのチームワークが
「医療」の参考に!?

F1のチームワークを分析した事例としては、英オックスフォード大学の研究レポートが有名です。

簡単に言うと「F1などのチームワークを参考にしたら、手術全体のフローがスムーズになり、ミスも少なくなった」というもの。

たとえば心臓手術の場合、15分に2回も患者と機械などの移動があり、同時に容態の伝達などもするそうです。正確さとスムーズさによっては、手術の成否にだって影響しかねません。一瞬を争いF1のピット作業も似た環境だと言えるでしょう。複数のプロフェッショナルがひとつの目的に向かい、同時に複雑なタスクをこなしています。

主にF1から参考にしたのは
・リーダーシップ
・コミュニケーション
・予測
・トレーニング
・レビュー会議

などなど。

結果的にチームの連携が強まり、多くの改善が見られたそうです。F1とチームワークの関係性は、こんな風に医療の最前線でも活かされているんです。

F1のセンサー技術は
「スポーツ」にも活かされる

「走行中には5Gの重力がかかる」「レース中の心拍数は平均180」「1レースで5リットルの水分を消費する」といった、F1ドライバーにまつわる逸話の数々。

トップドライバーは、もちろん運転がうまいだけで勝てるような世界ではなく、トップアスリートとしてのフィジカルやメンタルなど、幅広い領域での「質」が求められます。そんなF1で採用されてる遠隔測定や、ドライバーのパフォーマンスをリアルタイムでモニタリングする技術は、他のトップスポーツにも応用されているんです。

たとえば、英・自動車メーカー「マクラーレン」の開発チームが、競輪のトップチームとコラボして自転車のフレームに合うセンサーを開発したり、ウォータースポーツではオールやユニフォームに搭載できるように改良した、なんていうケースもあります。

そのとき重要なのは、テクノロジーの提供だけではなく、同時にF1という究極のモータースポーツで培った経験やノウハウも共有することなのだとか。

これまで、F1ドライバー「=トップアスリート」というイメージがなかった人も、こういうエピソードを聞くと、その凄まじさが伝わるのでは?

世界最高峰は
“生” で見てこそ震える

1台のマシンを、最高の状態で走らせるためのチームワーク。
ひとりのドライバーを、極限でサポートするテクノロジー。

それぞれのメーカーが威信をかけて——と言うと月並みですが、そこには巨額の投資と、優秀な人材が送りこまれ、紛れもない “世界最高峰” を争っているワケです。

そんなF1のレースは、年に1度だけ日本で見ることができます。会場は、伝統の「鈴鹿サーキット」。テクニカルコースとしても知られ、選ばれし20名のドライバーたちが2時間あまりの激闘を繰り広げます。

2019年の「F1日本グランプリ」は、10月13日(日)に決勝レースが開始。世界中を舞台に年間21戦で繰り広げられるシリーズの、佳境ともいうべき第17戦に組み込まれています。過去には鈴鹿ラウンドでシリーズタイトルが確定したこともあり、海外からも多くの人が詰めかけます。

スタートの瞬間は、ベテランのファンですら何度見ても身震いがするそうです。

 

最先端のテクノロジーを体感するもよし、ただただ最高峰のレースの迫力に感情を揺さぶられるもよし。今まで見えなかった世界が開くかもしれませんよ。

→詳しくはコチラから!

「2019 F1日本グランプリ」

日時:2019年10月11日(金)〜13日(日)(※決勝は13日)
会場:鈴鹿サーキット(三重県)

参照元: KEN R. CATCHPOLE PhD MARC R. DE LEVAL MD ANGUS MCEWAN FRCA NICK PIGOTT Frcpch MARTIN J. ELLIOTT MD, FRCS ANNETTE MCQUILLAN BSc CAROL MACDONALD BSc ALLAN J. GOLDMAN(2007).Patient handover from surgery to intensive care: using Formula 1 pit‐stop and aviation models to improve safety and quality, mclaren.com

 

【関連記事はコチラ】

ピットストップ1.92秒。これは、2016年6月に開催されたF1グランプリ第8戦(ヨーロッパGP)決勝、ウィリアムズのピット作業においてはじき出された、F...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
高級和牛の代表格、三重県の松阪牛(まつさかうし)。ビールを飲ませるという贅沢な育て方でご存知の方も多いはず。ここで紹介している「松阪牛 しぐれ煮」は、甘辛...
世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なん...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
「ヒュー!日向」のキャッチコピーでおなじみの宮崎県日向市のPRムービーが、2018年も出た。TABI LABOはこの圧倒的にポジティブなオーラを放つPR動...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
3月1日から、オーストラリアのクイーンズランド州で自動車のナンバープレートに「絵文字」を使用することができるようになります。使用可能な絵文字は全5種類。す...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。