アメリカで「お肉を休む日」が、拡大中!プロジェクトに隠された3つのメリットとは?

いま、アメリカでは、毎週月曜日は肉食を控える「MEATLESS MONDAY」という取り組みに注目が集まっています。この活動を広める「THE HUMANE OF THE UNITED STATES」は、アメリカ人の肉食が与えている影響を示唆しています。

スクリーンショット 2015-07-04 15.54.43

THE HUMANE OF THE UNITED STATES」の調査によれば、アメリカ人は、1年間で一人当たり約90.7kgの肉を食している計算だそう。鶏肉や七面鳥、豚、そして牛肉…。世界中のどの国の人々よりも肉食を好んでいると言えそう。ちなみに、農林水産省の統計(平成25年度)によると日本人は約45kgを消費、ざっと倍近くの消費量です。

スクリーンショット 2015-07-04 15.55.14

肉食の影響は、当然、健康面にも影を落としています。研究によれば、ほかのどの国よりもアメリカ人の肉好きが、心臓病や糖尿病、肥満、さらにはあらゆる癌の原因となり、命を落としていることを伝えています。もちろん、健康への意識が高い人も多いアメリカ。それでも、やはり主食となるのは肉類がメイン。

スクリーンショット 2015-07-04 15.58.48

鶏肉は遺伝子的に素早く成長し、太らせるよう操作されていて、哀れにも数歩しか毎日歩けないような密集した状態で飼育されていることも。こんな悲しい状況が今日の生産現場では、ごく当たり前のことになってしまっているのです。

スクリーンショット 2015-07-04 15.57.20

アメリカの農場では、多くの豚が小さな檻の中に閉じ込められ、出荷までの短い生涯を終えることも。

多くの大型飼育現場では、オートメーション化された飼育システムの中で、動物たちが機械的に育てられ、出荷されていきます。ホルモンや抗生剤を投与して、安定供給を計る養鶏場や養豚場も少なくありません。

スクリーンショット 2015-07-04 15.55.32

大量生産が求められ大型化する飼育現場では、糞尿の処理が追いつかず、人工の池を急造して対応。しかしながら、水も空気も汚染され、地元住民の健康に深刻な影響を及ぼしていることなども問題視されています。

スクリーンショット 2015-07-04 16.00.12

わずか1日だけでも「MEATLESS MONDAY」を設けることで、どれほど良い結果につながるのか?この活動に参加するハリウッド女優ケイト・マーラが3つのYES(利点)を挙げています。「健康にYES」「環境にYES」、そして「動物たちの境遇にとってもYES」。

ロサンゼルス、ヒューストン、デトロイトなどでは、学校給食やレストラン、食料品店などが「MEATLESS MONDAY」のキャンペーンに参加を表明。数百万人近くが、“肉の休暇日”を始めているそう。すでに特設サイトでは、お肉に変わるレシピの紹介や、レストランの代替メニュー情報などが検索できるようです。

また、ロングビーチ協議会は、子どもたちの肥満防止と食育、資源の保全に向けて制度導入のための投票を決定。さらには、今年12月パリで開催される気候変動会議を前に、NYで行われたレセプションの場で、ポール・マッカートニーが「MEATLESS MONDAY」への支持を表明しました。
アメリカ人の肉食離れ、果たしてどこまで広がりを見せる?

Licensed material used with permission by THE HUMANE SOCIETY OF THE UNITED STATES 

色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
ヒジャブとは、イスラム教徒(ムスリム)女性が「髪の毛を覆い隠す」ためのスカーフ。なぜ着ける必要があるのか? どのような想いで着けているのか? ムスリムのラ...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
アウトドアブランド「パタゴニア」の食品事業を担う「パタゴニア プロビジョンズ」から3月26日にスペインの伝統的な漁法で捕獲されたサバを使用した缶詰「サント...
2019年4月にスイスの食品会社ネスレが、植物性の人工肉を販売すると発表しました。
タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。
フェイクミートが市民権を得たアメリカで、次なる動物性不使用製品としてフェイクエッグが注目されている。この記事で紹介するのはその代表格である「JUST Eg...
9月中旬、ニューヨーク市議会は、市内の公立学校の昼食での「加工肉」の提供禁止を採択。教育省からの「加工肉メニューをなくす」という提案に賛同を示した。
植物由来の代替肉を販売する「The Vegitarian Butcher」(本社・オランダ)の日本支社は、9月2日、ファストフード専門のゴーストレストラン...
農作物の新たな価値を届ける企業「Link to Farmland」は、先月10日より、北海道・美瑛町で生産された規格外の野菜を再利用するプロジェクトをクラ...
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
全国の「IKEA」にて3月29日(日)まで開催中の「ベジ&ミートバーガーフェア」で「プラントベースフード」を使用したハンバーガーが販売されている。