アメリカで「お肉を休む日」が、拡大中!プロジェクトに隠された3つのメリットとは?

いま、アメリカでは、毎週月曜日は肉食を控える「MEATLESS MONDAY」という取り組みに注目が集まっています。この活動を広める「THE HUMANE OF THE UNITED STATES」は、アメリカ人の肉食が与えている影響を示唆しています。

スクリーンショット 2015-07-04 15.54.43

THE HUMANE OF THE UNITED STATES」の調査によれば、アメリカ人は、1年間で一人当たり約90.7kgの肉を食している計算だそう。鶏肉や七面鳥、豚、そして牛肉…。世界中のどの国の人々よりも肉食を好んでいると言えそう。ちなみに、農林水産省の統計(平成25年度)によると日本人は約45kgを消費、ざっと倍近くの消費量です。

スクリーンショット 2015-07-04 15.55.14

肉食の影響は、当然、健康面にも影を落としています。研究によれば、ほかのどの国よりもアメリカ人の肉好きが、心臓病や糖尿病、肥満、さらにはあらゆる癌の原因となり、命を落としていることを伝えています。もちろん、健康への意識が高い人も多いアメリカ。それでも、やはり主食となるのは肉類がメイン。

スクリーンショット 2015-07-04 15.58.48

鶏肉は遺伝子的に素早く成長し、太らせるよう操作されていて、哀れにも数歩しか毎日歩けないような密集した状態で飼育されていることも。こんな悲しい状況が今日の生産現場では、ごく当たり前のことになってしまっているのです。

スクリーンショット 2015-07-04 15.57.20

アメリカの農場では、多くの豚が小さな檻の中に閉じ込められ、出荷までの短い生涯を終えることも。

多くの大型飼育現場では、オートメーション化された飼育システムの中で、動物たちが機械的に育てられ、出荷されていきます。ホルモンや抗生剤を投与して、安定供給を計る養鶏場や養豚場も少なくありません。

スクリーンショット 2015-07-04 15.55.32

大量生産が求められ大型化する飼育現場では、糞尿の処理が追いつかず、人工の池を急造して対応。しかしながら、水も空気も汚染され、地元住民の健康に深刻な影響を及ぼしていることなども問題視されています。

スクリーンショット 2015-07-04 16.00.12

わずか1日だけでも「MEATLESS MONDAY」を設けることで、どれほど良い結果につながるのか?この活動に参加するハリウッド女優ケイト・マーラが3つのYES(利点)を挙げています。「健康にYES」「環境にYES」、そして「動物たちの境遇にとってもYES」。

ロサンゼルス、ヒューストン、デトロイトなどでは、学校給食やレストラン、食料品店などが「MEATLESS MONDAY」のキャンペーンに参加を表明。数百万人近くが、“肉の休暇日”を始めているそう。すでに特設サイトでは、お肉に変わるレシピの紹介や、レストランの代替メニュー情報などが検索できるようです。

また、ロングビーチ協議会は、子どもたちの肥満防止と食育、資源の保全に向けて制度導入のための投票を決定。さらには、今年12月パリで開催される気候変動会議を前に、NYで行われたレセプションの場で、ポール・マッカートニーが「MEATLESS MONDAY」への支持を表明しました。
アメリカ人の肉食離れ、果たしてどこまで広がりを見せる?

Licensed material used with permission by THE HUMANE SOCIETY OF THE UNITED STATES 

他の記事を見る
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
UAE(アラブ首長国連邦)の生産者が、ジープで砂漠まで行き、集めた砂を使って作られたコーヒーカップ。フォルムは変わりゆく砂丘をイメージ。大切な人にこそプレ...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
男性が、世界で初めて妊娠・出産したとニュースになったのは、2008年のこと。もともと女性として生まれてきたけれど、大人になってから自分は女性に惹かれている...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
全米規模で行われる伝統的なミスコンの「ミス・アメリカ」が現地時間9月10日に開催されました。そこで候補者のテキサス代表のMargana Woodさんがイン...
それが第3週の日曜日「National Ice Cream Day」、つまりは「アイスの日」。知ってた?単なるアイス好きの国民だから、なんて結論付けるのは...
みんながアメリカ人のような暮らしをしたらどうなるのかを、統計を使って調べてくれたのが「AsapSCIENCE」の動画。結果は想像できそうだけど、その数値は...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
1960年代、NASAで活躍し「人間コンピューター」とも呼ばれた女性たちの活躍を描いた映画『ドリーム』(原題「Hidden Figures」)。その映画を...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...