あのフォルクスワーゲンがなぜストリートアート?

「TABI LABOは、いっつも海外の楽しいトピックばっかり紹介するなあ」と思った方へ。

今回は、日本で開催されたイベントの紹介です。

スプレーを使ったグラフィティをはじめ、ストリートアートって街中ではよく見かけますが、実際に描いている様子ってあまり見ることないですよね。そういえば、豊洲に突如現れたネズミと都知事の2ショットも話題になってました。

とはいえ、公共の場にボムすることはもちろんNG。

だから、こんなふうにグラフィティを楽しめる場所ってほんとに貴重です。

© VolkswagenGroupJapan/YouTube

「自宅で楽しめるアート」がいろいろローンチされていますが、この動画はちょっとユニーク。ストリートアートが目まぐるしく描かれるサマがまとまっているんです。

しかも都会の真ん中、虎ノ門で!

アンダーグラウンドな印象の
グラフィティだけど……

この動画は、自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が主催したイベント「新虎ヴィレッジ」での様子。

“Play On!”というコンセプトのもと、ヒトが集まり新しいコトが生まれる、ユニークでオープンな遊び場として、クローズとなるまで多くの人が集いました。

そして、新虎ヴィレッジのハイライトと言うべきが、この巨大なフリーウォール。

世界的に有名なグラフィティアーティストが参加して、ひとつの壁に描いていくというユニークな手法も注目を集めた理由でしょう。

せっかくの作品に上書きしていくのは驚きです。でも、実際のストリートアートは、バフ(塗りつぶす)されたり、別の誰かが書き足したりしていくもの。自由に参加することで化学反応が起き、新たな発見やカルチャーが生まれていくのもグラフィティの奥深い部分です。

しかしながら、日本ではネガティブな印象もあるグラフィティ。

それさえも受け入れる懐の深さは驚きだし、企業として批判される可能性だってあるのに……。そんなフォルクスワーゲンの「本気の遊び心」にビガップ!

「オープンになれば、切磋琢磨できる」
参加アーティストTABOO1氏の想い

 
——グラフィティアートはいつから?
 
高校生の頃。映画『ワイルド・スタイル』や『スタイル・ウォーズ』を観て、大きな絵を描きたくなって。
 
——「新虎ヴィレッジ」のフリーウォールに参加してみて、いかがでしたか?
 
普段、虎ノ門で描くことは滅多にないので新鮮でした。作品は、自分がいつも描いてるレタリングにキャラクターを入れてみたもの。いつも通りです。
 
——自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが開催したということも話題でした。
 
フォルクスワーゲンの本社があるドイツはグラフィティが盛んなんです。ドイツに行ったとき、街中に描かれているグラフィティをみて、街と解け合ってる感じが文化を象徴しているなあと思いました。今後もこういったイベントの後押しができたら嬉しいですね。
 
——日本では、残念ながら“グラフィティ=迷惑行為”というイメージもありますよね。
 
みんなが自由に描ける壁が増えていくと、印象もよくなるかなあと。もっとオープンになれば、アーティスト同士、切磋琢磨できるしクオリティーも上がると思います。
 
——TABOO1さんにとってのグラフィティアートとは?
 
落書きの可能性の追求。グラフィティを世間に浸透させて、アートをもっと身近な存在にできたらいいですね。
 
——最後に、日本のグラフィティシーンへ一言。
 
表現は自由。不安なことも多い時勢ですが、アートを通じて繋がっていけたらと思います。
TABOO1

グラフィティアーティストとして活動する他、企業などのデザイン、キャラクターのフィギュア造形物の制作まで行う。ヒップホップユニット「イルブロス」でも活動中。

アートを自由に持ち歩こう!

ステレオタイプなこだわりや、楽しみ方に縛られないだけで、くらしはぐっと豊かになるし、気持ちは自由になりますよね。

今回は、TABOO1氏をはじめ、フリーウォールに参加したアーティストのグラフィティが施されたトートバッグを、抽選でプレゼントしちゃいます。

いずれも、ここでしか手に入らない一点物です

上から: TABOO1、FIVUST、MOTAS

自動車メーカーでありながら、「クルマは主役ではない、楽しむあなたこそが主役」と言い切るフォルクスワーゲン。

次はどんな仕掛けが登場するのか……。いまからワクワクが止まらない!

【新虎FREEWALL参加アーティスト特製トートバッグプレゼント!】

キャンペーン期間: 〜2020年6月19日(金)
URL: 
volkswagen.co.jp/content/vw_pkw/magazine/jp/ja/shintora_freewall

関連する記事

世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...