あのフォルクスワーゲンがなぜストリートアート?

「TABI LABOは、いっつも海外の楽しいトピックばっかり紹介するなあ」と思った方へ。

今回は、日本で開催されたイベントの紹介です。

スプレーを使ったグラフィティをはじめ、ストリートアートって街中ではよく見かけますが、実際に描いている様子ってあまり見ることないですよね。そういえば、豊洲に突如現れたネズミと都知事の2ショットも話題になってました。

とはいえ、公共の場にボムすることはもちろんNG。

だから、こんなふうにグラフィティを楽しめる場所ってほんとに貴重です。

© VolkswagenGroupJapan/YouTube

「自宅で楽しめるアート」がいろいろローンチされていますが、この動画はちょっとユニーク。ストリートアートが目まぐるしく描かれるサマがまとまっているんです。

しかも都会の真ん中、虎ノ門で!

アンダーグラウンドな印象の
グラフィティだけど……

この動画は、自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が主催したイベント「新虎ヴィレッジ」での様子。

“Play On!”というコンセプトのもと、ヒトが集まり新しいコトが生まれる、ユニークでオープンな遊び場として、クローズとなるまで多くの人が集いました。

そして、新虎ヴィレッジのハイライトと言うべきが、この巨大なフリーウォール。

世界的に有名なグラフィティアーティストが参加して、ひとつの壁に描いていくというユニークな手法も注目を集めた理由でしょう。

せっかくの作品に上書きしていくのは驚きです。でも、実際のストリートアートは、バフ(塗りつぶす)されたり、別の誰かが書き足したりしていくもの。自由に参加することで化学反応が起き、新たな発見やカルチャーが生まれていくのもグラフィティの奥深い部分です。

しかしながら、日本ではネガティブな印象もあるグラフィティ。

それさえも受け入れる懐の深さは驚きだし、企業として批判される可能性だってあるのに……。そんなフォルクスワーゲンの「本気の遊び心」にビガップ!

「オープンになれば、切磋琢磨できる」
参加アーティストTABOO1氏の想い

 
——グラフィティアートはいつから?
 
高校生の頃。映画『ワイルド・スタイル』や『スタイル・ウォーズ』を観て、大きな絵を描きたくなって。
 
——「新虎ヴィレッジ」のフリーウォールに参加してみて、いかがでしたか?
 
普段、虎ノ門で描くことは滅多にないので新鮮でした。作品は、自分がいつも描いてるレタリングにキャラクターを入れてみたもの。いつも通りです。
 
——自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが開催したということも話題でした。
 
フォルクスワーゲンの本社があるドイツはグラフィティが盛んなんです。ドイツに行ったとき、街中に描かれているグラフィティをみて、街と解け合ってる感じが文化を象徴しているなあと思いました。今後もこういったイベントの後押しができたら嬉しいですね。
 
——日本では、残念ながら“グラフィティ=迷惑行為”というイメージもありますよね。
 
みんなが自由に描ける壁が増えていくと、印象もよくなるかなあと。もっとオープンになれば、アーティスト同士、切磋琢磨できるしクオリティーも上がると思います。
 
——TABOO1さんにとってのグラフィティアートとは?
 
落書きの可能性の追求。グラフィティを世間に浸透させて、アートをもっと身近な存在にできたらいいですね。
 
——最後に、日本のグラフィティシーンへ一言。
 
表現は自由。不安なことも多い時勢ですが、アートを通じて繋がっていけたらと思います。
TABOO1

グラフィティアーティストとして活動する他、企業などのデザイン、キャラクターのフィギュア造形物の制作まで行う。ヒップホップユニット「イルブロス」でも活動中。

アートを自由に持ち歩こう!

ステレオタイプなこだわりや、楽しみ方に縛られないだけで、くらしはぐっと豊かになるし、気持ちは自由になりますよね。

今回は、TABOO1氏をはじめ、フリーウォールに参加したアーティストのグラフィティが施されたトートバッグを、抽選でプレゼントしちゃいます。

いずれも、ここでしか手に入らない一点物です

上から: TABOO1、FIVUST、MOTAS

自動車メーカーでありながら、「クルマは主役ではない、楽しむあなたこそが主役」と言い切るフォルクスワーゲン。

次はどんな仕掛けが登場するのか……。いまからワクワクが止まらない!

【新虎FREEWALL参加アーティスト特製トートバッグプレゼント!】

キャンペーン期間: 〜2020年6月19日(金)
URL: 
volkswagen.co.jp/content/vw_pkw/magazine/jp/ja/shintora_freewall

世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
これは模様ではない。傷だ。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
「フォルクスワーゲン」が来週21日まで開催する「The No Show Room」と題したキャンペーンは、とある森の中に設置されたショールームを見つけると...
Polo。かつて世界の大衆車として君臨していたフォルクスワーゲンのGolfに代わり、その地位を着々と固めているのがこのクルマ。一般大衆にこそ静寂なクルマが...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
「フォルクスワーゲン」がEVを充電する自律走行ロボットのコンセプトデザインを発表。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!