ずっと心に秘めていた。「男で遊びたい」って気持ちを。

“簡単な女”になっちゃダメ。

一度でいいから、“悪い女”と呼ばれたい。

これは、私の密かな願望。男を虜にして惑わす悪い女性への憧れ。ゲームのように恋愛を楽しむような「余裕」を感じる人。どんな男でも簡単に心を奪えない、恋愛スキルが高い女性になれたなら。ずるいくらい思いのままに進む恋。

な〜んて、思ってはいるものの、やっぱり普通に恋したいし、駆け引きなんて私には無理。なれないってわかってるのに、なぜこんなにも惹かれてしまうのかな。

もしかしたら、自分のことを安く見ていない堂々とした姿に魅力を感じているからかもね。そう、Cris Valenciaの描いた彼女たちのような……。

こんな感じの女になりたい。

アイスのようにペロリ。どんな男も可愛いものね。

今日はこの人。ちゃんと愛してるわ。

どんなことがあっても、“割れないハート”。

女同士でも。この通り。

さて、彼から奪ったこのハート。どうしようかな?

Licensed material used with permission by Cris Valencia
映画やテレビドラマではかなり誇張されていますが、現実社会にも「魔性の女」はいます。ちょっとした言動から、男性を虜にしてしまう…そんな女性に出会ったことがあ...
描いたのは、絵本をこよなく愛するロシアのクリエイター「Landysh」。かわいいイラストと一緒に書かれているのは、世界中の女の子が頭のなかでモヤモヤと考え...
浮気をする人は、言葉巧みです。時に魅力的に見えてしまうこともあります。でも彼らの言葉は、絶対に信じてはいけないのです。「I Heart Intellige...
「なんであんな男と付き合ってるの?」と、周りからヒドい言われようをする。そんなつもりも自覚もないのに、なぜかこう「ダメな男」ばかりと付き合ってしまう…。じ...
ドクター・スースは「恋をしていると眠れなくなるのは、現実が夢を超越するから」なんてロマンチックなことを言いましたが、相手に夢中になりすぎて盲目になってしま...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
「女は追われる恋愛の方が幸せになれる」なんて言うけれど、そんなのできたら苦労しない。男の人って追ったら逃げていくし、でも「好き」な気持ちは抑えられない。そ...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
自立心の強い女の子と付き合うべき「15の理由」をご紹介。参考にして運命の彼女を見つけてみては?
「I Heart Intelligence」より、世の男性たちに向けたチェックリストをご紹介。言わずもがなだからこそ、女性たちは待っているのでは?
わるくない見た目と性格なはずなのに、なぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。今は彼女ができない時期なだけだと思って...
付き合っている女性を満足させるためには、あれもやって、これもやって…。あなたは、彼女のわがままが過ぎるように感じてしまったことはありませんか?でも実際は、...
「女友達なんかより、男友達のほうが全然ラク!」。そう語るのは、「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさん。「男女の関係」なんて面...
楽しいはずのデート。でも、まれにその相手が“イタい人”だと気づく瞬間ってありますよね。場合によっては、彼の行動や発言が不快でつい怒ってしまうことも。「Mi...
彼女にこんなふうに言われていませんか?「全っ然、わかってない!」ここでは、女心と男心がすれ違いやすい7つの場面を例に、そのとき女性はどう考えているのか、男...
どうしてかな。女が追いかける恋愛って、だいたいうまくいきませんね。
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
現在、恋愛中のあなたは必読。もちろん、すべての男性に効果があるわけではありませんが、駆け引きの選択肢として頭に入れておいてもイイかも。ただし、いわゆる“草...
今のパートナーとの関係は良好ですか?すぐに「はい」と答えられなかった人。今の状況は良くないと思いながらも、惰性で相手と付き合っていたりして...。「I H...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
恋愛には、いくつもの地雷があります。良かれと思ってやったことが裏目に出たり、ほんのジョークのつもりで言った言葉が取り返しのつかない事態を巻き起こしたり。で...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
あなたの彼氏は、モテるタイプではないけれど、密かに会社や学校で「いいよね~あの人」なんて、噂される男性かもしれませんよ。誰からも愛される「愛され男子」がい...
ザバスは、働く女性500名を対象に「トレーニングに関する調査」を実施。その結果、働く女性の36.6%がトレーニングをしているという事実が明らかとなり、さら...
気になる男性はいるけれども、うまくアプローチができない。せっかく出会っても恋愛につながらない。そんな悩める女性の皆さん、男心をくすぐるポイントをちゃんとお...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
「これくらいだったら我慢できる…」と、知らず知らずのうちに恋愛において問題のあることも良しとしていませんか? 相手のことが好きだからといって、あまりにも許...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...
夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
愛を確かめるように、やさしく触れ合うふたり。好きであればあるほど、相手に近づきたくなるものです。男女の濃厚な空気感を描いたイラストは、どこか官能的で目をそ...
イラストレーターのYehuda Devirさん。彼のInstagramでは、彼女との微笑ましい日々を描いた作品がいくつも紹介されています。こういうカップル...
想像するに、付き合って1〜2年。しっかり者だけど実は甘えたがりの女の子と、弟気質だけど根は頼りがいのある男の子。絶妙な距離感のふたりです。タイのイラストレ...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
アメリカ人ブロガーJordan Gray氏は、Amazonのベストセラー作家のひとりににも選出された、いま売れに売れている人気恋愛作家。その彼が自身のブロ...
寂しさや孤独を感じるのは、決してハッピーなことではありません。でもだからといって、好きでもない相手でその寂しさを埋めるのは、フェアと呼べるのでしょうか。あ...
女性と男性では、同じ言葉でも受け取り方がまったく違うもの。彼氏が何気なく発しているそのひとことも、じつは彼女の逆鱗に触れていた…なんてことも。よく「なんで...
とび抜けて美人ではなくても、なぜかモテる小悪魔女子。モテる男性と付き合うのは、すごい美人とは限らず、小悪魔的な魅力にあふれる女性の方が多いかもしれません。...
吸い込まれるように、いつの間にか唇と唇が重なり合うふたり。ああ、あなたはキスしているとき、何を感じる?カップルたちのキスする直前とキスした瞬間を集めた、“...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
有史以来、戦い続ける男たち。浮き上がる筋肉は力の象徴。そこに強烈に惹かれたアーティストは、闘志に燃える強靭な肉体を表現するようになりました。みずからの指で...
「ふぅ〜」っとため息が止まりませんでした。見ているだけで、やさしい愛が伝わってくるカップルのイラスト。どれも、何気ないシーンなんだけど、平凡だからこそ共感...
今の恋人と、9年間もの時間を共にしているMaryさん。彼女のイラストには、2人のささやかで幸せな日常が描かれている。長く一緒にいるからこその景色、ほんわか...
誰かを好きになって夢中になる毎日はとても幸せだけど、現実に心が折れることもたくさんあります。誰かを愛すること、そして誰かと共に人生を歩んでいくことは、本当...
自身もセフレ扱いされた経験があるという「Elite Daily」のライター・Alisan Segelさん。彼女は恋愛アドバイザー・Jacqeline Ni...
タイミングを一度逃してしまうと、もう二度目はないかもしれない。男性ライターのShaun Brownさんが「Elite Daily」で記すのは、タイミングを...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
「Elite Daily」で70以上の恋愛コラムを書いてきた、ライターKimmy Foskettさんは、男遊びが増える時期こそ、気をつけたほうがいいタイプ...
「彼とはケンカばかり」なんて話す女性をたまに見かけますが、もう言い争いはうんざりなのでは?そんなあなたが必要なのは、駆け引きや争いごとが一切ない「ピュアで...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...
あるアメリカの研究は、テキストメッセージでの会話で、人間がウソをつくときの特徴を調査から割り出しました。その結果は、女性の方が分かりやすいというものでした。
もし、心に秘めるセクシャルな欲望を口に出してしまったら。バカにされるかもしれないし、拒絶されるかもしれない。自分の“秘めた願望”を、さらけ出せる人間がどれ...
2児の母であるManon de Jongさんのやさしいイラストを眺めていたら、たまらなく“愛しい感情”が蘇ってきた。ああ、なんだか懐かしくて、愛しい。自分...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
女性が隠したいと思っている行動や、無意識にやってしまっているしぐさを、じつは男性たちもこっそりチェックしているようです。「Thought Catalog」...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
「色気がある女性になりたい」と思っても、どうすればいいか分からないという人は多いもの。そこで今回は、魅力的な女性をお手本に、彼女たちの特徴を容姿、仕草、内...
好きな人とのエッチって、なんであんなにも気持ちがいいんでしょうか。「好き」の気持ちが強ければ強いほど、気持ち良さも増すような気が。今回は、エロに溺れながら...
女性と男性では、価値観が微妙に違ってきます。どんなに長く付き合った恋人同士であっても、気持ちがすれ違ってしまうことだって珍しくありません。この記事は、男性...
こんなとき、彼女に「この2択」で質問してみてください。
彼の気持ちがわからない、そう悩む女性がたくさんいます。もしかして私のことが嫌いだからそんな態度をとるの?女性としてはそう思ってしまいがちな男性の態度。しか...
女子なら誰しも「クゥ~」と叫んでしまうこと間違いなしのイラストを描くのは、Sundae Kidsさん。乙女心をくすぐってしょうがない作品を厳選してご紹介します。
いまどき「ビールに浸かれる風呂」なんて珍しくない。けど、アウトドアで、10人同時に入れてしまう豪快なスパなんて滅多にないはず。しかも、向こう側に見えるのは...
 今日の夜ごはん、別にわたしは中華って気分じゃないんだけど、ちょっと落ち込み気味の彼が中華を食べたいっていうから中華にしよう!こんな小さな思いやりでも、で...
「Elite Daily」ライターGigi Engleさんの記事によると、どうやら女性は無意識のうちにダメな男性を選んでしまう傾向にあるそうです。その訳を...
アーティストJulia Fullerton-Battenの『The Act』には、著者自身が「娼婦」にインタビューをして撮影をしている。今回は、女性器から...
「ブロンド美女と付き合ってみたい」と思う男性たちには、『外人女性交際マニュアル』(トランス・ワールド・ジャパン)がオススメ。外人女性といかに付き合うのかと...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
一方的に告白して玉砕したならいざ知らず、付き合っていた人にフラれるのはなかなか辛いものでしょう。特に向こうから告白してきて、好きになったところでフラれたよ...
「良い人であること」なんて、最低条件にすぎない。決定要因となるのは、その他にどんな魅力があるか。魅力的かつ、優しい男性を見つける選択をできるってことを忘れ...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
じつは、男性に愛される女の子になるのは、すごく簡単なことなのかもしれません。まずは相手のニーズに合わせて、自分を変えてみる。最初は愛してもらえる存在になれ...
あくまでも私の考えなんだけど、女の方が妄想力がすごいんじゃないかって。たとえば、好きな人との楽しいデートを想像してみると…理想のキスシーンに理想の言葉。め...
デリケートな部分を守るため、隠すため、カタチを整えるため。私がもう一つあげるとしたら、「気持ちを引き締める」ため。服を上から着てしまったら意味ないじゃんっ...
「え、なんでこんな場面切り取ったんだろう?」って、思うような、女性たちの本当にリアルな銭湯でのできごと。
相性も抜群で、一緒にいて心地いい人にようやく出会えた…と一息ついている人こそ、一度立ち止まって「Elite Daily」ライターZoya Gervisさん...